渋滞する社会はもったいない/文・小山薫堂


1万2000件※。

この数字は、1年間で発生する首都高速での交通事故の件数です。

その事故が原因で起こる渋滞の距離は2万5000キロ以上。事故による時間や経済的な損失はとても「もったいない」ことです。それ以上に、人命も失われてしまうこともある。

しかし事故が1件減るごとに、2キロの渋滞が解消され、3トンものCO2の排出を減らすことができるんです。

僕がいま手がけている仕事のひとつに「東京スマートドライバー」というキャンペーンがあります。これまでの交通安全キャンペーンとは異なり、コミュニケーションの力でドライバーの安全意識を高め、首都高での交通事故を減らすことを目的とした社会貢献キャンペーンです。

最近のキャンペーンの展開を紹介すると、スマートドライバーの「スマドラファン」が増えました。交通安全のキャンペーンにファンがつくのは珍しいと思いますが、いまは「スマドラミーティング」が毎月行われている。

これは、スマドラファンが集まって「首都高はこうしたらいいんじゃないか」「交通事故がどうやったら減るのか」「渋滞しない首都高にするには」といったことをそれぞれ熱く語り合うんです。

皆さんすごく積極的に参加してくれて、われわれも気がつかなかったようなさまざまなアイデアを出してくれる。さらに、参加者が自主的にピンバッチのグッズを作ってくれた。

ほかにも、スマドラのメインビジュアルをあしらったラベルのシャンパンを作って「ダンナが安全に帰ってきたら乾杯するんです」と言ってくれた参加者もいました。

いちばん大きいのは、東京のいちキャンペーンが全国にじわじわと広がりを見せていることです。

「千葉スマートドライバー」「茨城スマートドライバー」「神奈川スマートドライバー」「軽井沢スマートドライバー」「京都スマートドライバー」などのご当地版が生まれました。

「徳島スマートドライバー」にいたっては、知事自らが記者発表もしてくれた。そういえば、徳島県のパトカーには、スマドラのステッカーが貼ってあるらしいです。

このキャンペーンを始めて、前年比で1600件の事故が減りました。もちろん、不景気などの理由で全体的に交通量が減ったという要因もありますが、単純にすごくうれしかったです。そのうち何件かはスマドラのキャンペーンが貢献したんじゃないかと思います。

あなたの町にもスマドラの輪が広がると嬉しいです。

※平成18年度首都高調べ

a0083222_1143228.jpg

東京スマートドライバー
http://www.smartdriver.jp/


<告知>
小山さんの新刊
「もったいない主義」(幻冬舎新書)が発売中!


小山さん原作の映画が12月12日に公開!
「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」
http://www.snowprince.jp/
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-10-22 11:08 | 小山薫堂 | Comments(1)
Commented at 2009-10-24 02:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
  
<< 冷蔵庫/絵&文:真珠まりこ 「もったいないの約束」をイント... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile