ロックと親子関係/文:char

俺が高校生くらいの頃は、ロックに熱を上げている奴は不良だとか非行だとか言われた時代だった。
髪を伸ばして派手な服を着てエレキ弾くなんてけしからんって、大人からはいつも白い目で見られてたよ。

世の中もイデオロギーだナントカ主義だって騒いでいたときだから、自分の好きなことを好きなようにやっていた我々みたいな世代は、常に社会から否定されながら生きてきた気がするね。


今やロックも、音楽やファッションのひとつのスタイルとして市民権を得ているわけだけれども、本当に変わったなと思うのは、若い子達と大人が一緒になってロックを楽しんでいることだね。
 
例えばうちの息子の仲間達とか、バンドをやっている子達なんかの話を聞くと、その親もやっぱりロックが大好きだったり、今でもバンドをやっていたり、っていうことがよくある。

まあ我々の世代が子どもや孫を持つようになったわけだから、自然な現象ではあるんだけども、そうやって二世代目、三世代目が現れてきたってことはロックにとって画期的だと思うんだ。

「親父、このバンドかっこいいよな」、「いや昔はこんなバンドがいてさ」なんて、ロックが親子で共通の話題になるし、例えばうちの息子に対しても自分がプロのミュージシャンとしてアドバイスできる。息子の方も演奏の中でちゃっかり俺のコードを弾いてたりするからね。

俺の父親は堅物で厳しかったから、ロックなんかやめろって何度も怒られたし喧嘩もした。でも母親の方がしょうがなくっていう感じで認めてくれていから勘当はされずに済んだ。

自分がそういう境遇を生きてきたからかもしれないけど、親子でロックを楽しめる今の世の中っていうのは本当に素晴らしいと思うよ。


ただ、それが高じて子どもがギターやりたいって言えばすぐ買ってあげたり学校に通わせてやったりって、やり過ぎちゃうのはよくないね。

それが全部悪いとは言わないしひとつの方法ではあるけれど、学校を卒業したからって本人に本気の情熱がなければ一人前のミュージシャンにはなれないよ。音楽を演奏するのに免許も資格も関係ないからね。

俺達の頃は周りと対立してでもロックをやり続けてきたし、絶対うまくなってやるっていう思いで、クラプトンの数小節のソロをレコードの針を何度も手で戻しながら聴いたんだよ。それこそレコードに穴が開くくらいに。そうやって同じように弾けるまで何百回でも練習したんだ。

それにいつも誰かを目標にしていたな。あいつには負けねえぞって思ってね。そしてそれを超えたと思ったら、また別の誰かを目標にした。そうやって常に自分で自分に課題を与えてきたね。

そういう反骨精神みたいなところから、本人も知らなかったようなパワーが生まれてくるんだと思うよ。
だから、あんまり大人が物分かりよくなる必要もない。
俺と張り合うなら返り討ちにしてやるわ、くらいの意気込みでいいんじゃないかな。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-05-11 12:12 | char | Comments(24)
Commented by SHIGE at 2009-05-11 14:01 x
僕は親父がずっとJAZZを聞いていたこともあってか、ロックやブルースをやっています。確かに、無意識のうちに父親の影響は音楽的にも受けていたのかもしれません。JAZZやブルースのアドリブなんかには本当に心が躍らされます。
ですが、中学生のころに一本目のエレキを買ってもらうときには本当に親と何回も交渉しましたね。それまではクラシックをやっていたのですが。CHARさんの時代ほどの逆境はないと思いますが、立ち向かう壁が大きいほどパワーが湧いてくるものですね。
Commented by takagi at 2009-05-11 17:18 x
カッコイ~ィ!

激しい逆風にも負けない強いモノが有ったからコソなんですね。

Jesse クンも反骨精神ではマケテナイと思います!
Commented by noritama at 2009-05-11 21:09 x
Charさんは、今も目標にしている、こいつには負けねえっていう誰かいるのかな?
きっと常に自分に課題を与えてやってきたことはフアンの人たちはみんな知っていると思いますよ。
(だからいつだってカッコいいし、エネルギー沢山もらってます!)

最近自分の周囲の若い人たちは、カッコや聴いている音楽はロックでも反骨精神やパワーを感じさせる人は少ないですね。
抑えられて育っていないっていうこともあるかな? (”ハングリー”って言葉も使わなくなりました。)
それにくらべて社会の中で闘ってきた40代・50代以上の大人の方々、素敵です。生き方そのものロックですもん。
たとえ見た目は年をとって多少疲れていても(ゴメン)誰かが知ってくれていますよ、きっとね。

ところで余計な御世話とは思いますが、いまどきの草食系男子とかってなんだか今後が心配になりますが、どう思います?
Commented by 金太郎 at 2009-05-12 03:14 x
うちの子がギターはじめて、
いきなりTAB譜持ってきた時は驚きました。
まずはチューニングだろって、それも音叉でね。
口にくわえて頭蓋骨を震わせて波を感じろって
教えてやったのはそれだけ。
あとは自分で先生探してこいって。
最近はその先生が身近にいないんだよね。
昔は、ご近所の兄ちゃんが教えてくれてたんだけど
今じゃ、パソコンが勉強相手で便利なのか、
不便なのかすら理解してないのが残念。
それでも文化祭でるぞって意気込みはうれしいんだけど。
自分のオヤジとはそんな会話したこと無いけど
子供とは近い距離で話せる時代。
でも、父親の前に先輩だということを忘れるなよ。
Commented by ちゅん子 at 2009-05-13 17:45 x
はじめまして。木管楽器専門ですが、70年代のロックが大好きな一児の母です。
幼稚園児の娘が音楽や楽器にかなり興味をもっていて、時々、セッションごっこをして遊んでいます。
周りでも小さいうちから子供たちを音楽教室に通わせている人が多くなりましたが、charさんのおっしゃるように、本当に情熱がなければ続かないと思います。
かくいう私もつい欲が出て、どこかの教室に通わせてみようかと考えてしまうことがありますが、今回のお話を読んで、子供のことは子供自身にまかせてみようという気になれました。
これからも親子で音楽を楽しんでいきたいです。
Commented at 2009-05-13 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-14 00:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-14 00:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-14 13:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 真夜(ノコギリヤシ愛好家) at 2009-05-15 11:36 x
初めまして。私も若い頃ギターをやっていたので
この記事を読んでなんだか懐かしく感じました。

ロックといえばいいのかボーイなどのコピーバンドを
していましたね~。

Commented by . nao at 2009-05-17 23:59 x
こんばんは、Char...

「反骨精神みたいな・・・」確かにそうですね・・・
私はそれが無いと、頑張れない仕組みになってしまっているかもです。
火事場の馬鹿力みたいな・・・本来の自分の能力を自ら制御して
ラクチンに済ませようとするプログラムに、何かしらスイッチを入れる。
今の時代、そのスイッチをうまく見つける必要がありますよね。

苦労して得たものは、よく身に尽くし、モノは大切にするし・・・
大切なペットが亡くなっちゃったら、悲しくて仕方なくなる・・・

自分を含め、多くの人は時代に押し流されて、感受性が
鈍感になってるような、そんな気がするのですが、本来の人間らしく、
ピュアに感じることのできるヒトでいたです・・・。

親子で音楽♪ 何気ないことかもしれないけれど、
それって本当に素晴らしいことですよね・・・
この幸せを独り占め?はモッタイナイ。
Char & Jesse Live とか無いのでしょうか・・・♪
んん・・・
親子でなくても、一緒に音楽を共有する仲間がいる・・・
それだけで、素晴らしいことですよね !

では、また...
Commented at 2009-05-22 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-25 15:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-25 16:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 244mustang at 2009-05-26 00:34 x
char3こんばんは

親と子の関係って面白い物ですね

俺は19で親父が48なんですが本当にchar3の言うとおり

いい意味で過保護じゃなくて親子で音楽を楽しめる時代なんだなと

親父はベースをずっとやっててフュージョンとかを聴いて育ったみたいで

勿論char3しかりpink cloudしかりで

でやっぱり胎教音楽がpink cloudだったりマーカスミラーだったりして

今自分がやってて気持ちよかったり聴いてて気持ちいい音楽って親父の聴いてきた物だったりするし

親父より詳しくなって一人でJLCのライブ行ったり笑

与えられる物じゃなくて親父を超えたいとか単純に勝ちたいとかそういう意識で自分も音楽をやるようになったり

RIZEも全く親父たちに似ないで新しいプレイスタイルがあるし

自分達二世代ミュージシャンは良いものに影響をうけつつ自分達の世代の新しいものを作っていかなくちゃなと思いました

じゃあ今度は野音で会いましょう 
横浜のcharでした

Commented at 2009-05-28 03:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-05-29 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by れいん at 2009-06-16 02:45 x
Charさん、お誕生日おめでとうございます

この場をかりて、お祝い申し上げさせて頂きます
Jesseさんとの
親子共演も何度か、拝見させて頂きましたが、
お二人とも、大変パワフルで、刺激しあい、また、愛を感じるライブを楽しませて頂きました

Charさんがいつまでも、若々しくいられるのは、
ロックという、親子共通の仕事があるからでしょうね

好きなことを仕事に出来、人に感動を与えられる人間は
限られています

Charさんは、血のにじむような努力もしてきたと思いますが、
やはり、神に選ばれた人と思います

いつまでも、発奮し合えるロックな親子で、私たちファンに夢を与えてください。



Commented by マジェ at 2009-06-18 02:58 x
今年で40になりますが、若かりし頃のCharみたいに、現在オッサンである私が、あなたのコピーをするために何度もCDをリピート再生しています^^;
中学時代からバンド少年で、バンド青年を経てバンドおやじとなってしまいましたが、今にして「若い頃にもっとギターの練習をしておくんだった」と後悔しております。あの頃の方が、今より遙かに時間的余裕はあったはず(ーー; まさに「もったいない」ことをしました。
Commented by たぁ~さん at 2009-07-09 01:20 x

僕は父親を知らず、お爺ちゃんが父親代わりだったので
それはチャーさんのお父さん並み?それ以上でしたよ~(笑)
満州事変の憲兵で軍曹でしたから‥(笑)

ロックなんて西洋の退廃したわけの分からんゴミにしか思えなかった
でしょうね?
「だからアメ公の音楽じゃなくて、かつて日本と同盟国だったドイツの音楽だよ~」とか、わけの分からん事を言ってましたよ~(爆笑)

そうこうしながら世代も‥あれよと代わっていき、僕らのような大人
達ばかりで、この国は大丈夫なんでしょうかね?
反抗ばかりしてたのが、うるさい大人達が去ってすこし寂しいですね~(笑)




Commented by 竹中美月 at 2009-09-23 14:57 x
チャーさんは、優雅で貴公子のような雰囲気から、理解溢れるご両親のもと何一つ不自由なく育ったイメージがありますが・・・。雑誌などで時々拝見すると、意外や意外、かなり厳格なお父様にミュージシャンで生きることをずっと反対されていたことを知り、驚いていました。
そういった「苦労」や「汗」「泥臭さ」を感じさせないで涼しい顔をなさっているところが、チャーさんの最高にかっこいいところだと思いますね(^^)

あ、昨日は広島県の杜フェスに来てくださってありがとうございました。広島の山奥でコンサートがあると知った時、チャーさん・石田さんのみんなへの“愛”を感じて号泣してしまいました。
みんなで同じ空の下、夜の森に溶け込むBAHOに会えて、最高でした・・・。
Commented by .nao at 2010-01-10 22:14 x
こんにちは、 Char

あけましておめでとうございます
今年も、今年なりの幸せな1年でありますように・・・
そして、今年こそ、Charに会えます様に・・・
Commented by すろー at 2010-01-29 22:42 x
その通りです。Charさん

でも、ギターもってバク転はあぶないっす。
Commented by JET at 2011-01-23 18:54 x
はじめまして。
僕も、学校に通っても無駄とは言わないけれど、そこで全てというか内側にあるものが身につくとは思えません。
グルーヴ感は染み込ませないといけないと思うんですね。
レコードが擦り切れるまで聴かないと。
と言っても、僕は、CD世代ですけど。(汗)
「肝心なものは、目には見えないんだよ」
星の小さな大公は偉大だ。
P.S.
僕は、みんなが呆れるような、表現をする馬鹿です。
でも、何も表現できない間抜け(作る間が抜けているから)よりは
はるかにマシだと思うんですよね。
  
<< ギラギラ照明はノーグッド!/文... おいしい春野菜の食べ方/文:島... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile