挨拶とゴミ/文:野口健

挨拶とゴミには、一見無関係に見えて面白い共通要素がある。

例えば、北アルプスに登るとしよう。
ある程度、登山のキャリアがあり山好きが行くこともあって、
山頂近くになると、ゴミが少ない。
モラルがしっかりしている。
すれ違うときには、見知らぬ人同士でも挨拶を交わす。
「こんにちは」「おはようございます」「お疲れさまです」——。
挨拶をすることは、どこか気持ちがいい。

それが、上から降りてきて上高地付近まで来ると、
急に挨拶が少なくなってくるのだ。

さらに下ると一般の観光客が集まっている。
いろんな人たちが混じっている。
そこで見知らぬ人同士が挨拶をすることはまずない。
そして挨拶がなくなってきたところから、
一気にゴミの量が増えてくる。
挨拶の切れ目が、ゴミの始まりなのだ。

挨拶のあるところはゴミも少なく、挨拶のないところは汚れる。
ゴミというのは人や社会の姿をはっきり映し出す鏡ともいえる。

富士山の清掃を始めてから、
以前よりも富士山が愛おしく感じられるようになった。
ゴミを拾いながらいろんな視点で富士山を見ることで、
富士山に対する想いがどんどん強くなってきた。
もっと富士山のことを知りたくなる。

山も町も同じことではないだろうか。
自分の住む町を一度ゴミを拾いながら歩いてみよう。
毎日通っている道を。

ゴミを拾いながら歩くと普段の倍以上の時間がかかる。
すると、いろんな角度からいつもと違った視点で町を見るので、
これまで気がつかなかったことが見えてくる。
自分の町の新たな風景が現れてくる。

また、表にゴミが散らかっている店は、
店内もどこか汚れている感じがしてくる。
当然のことながら、いい印象は残らないだろうし、
お客として行きたくないだろう。

店の周囲がきれいに片付いていると、当然店内もキレイだ。
「こんど、この店にきてみようかな」と思ったりする。

自分の町で新たな発見があると、
自分の町をもっと知りたいと思うようになる。
自分の町に対する見方が変わってくる。
すると、そこにゴミなんか捨てられれはずがない。
そして見知った顔の人に出会えば、自然と挨拶したくなる。

自分の町の意識と自分たちの山の意識はつながるものだ。
私の町、私の山、私の地球——とみんなが思えるようになれば、
必ずやきれいになっていくはずだ。

a0083222_15212920.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-01-14 15:22 | 野口健 | Comments(1)
Commented by しぃ at 2009-01-19 23:13 x
挨拶とゴミの繋がり。

知らない人でも声を掛け合う事でその場所が自分の居場所になったり、知らない人でも見られてる気がしますもんね。

だからといって挨拶のない場所にゴミが多いなんて淋しいです。
  
<< 山田悦子の風呂敷講座~とっても... 親父の愛「車」精神/文:char >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile