人気ブログランキング |

もったいなくて捨てられないもの /文:char

●もったいなくて捨てられないもの /文:char

俺の実家には両親がずっと住んでいたんだけど、
今では親父もお袋も他界してしまって誰も住む者がなく、
一年以上も物置代わりのようになっている。

建物は昔のままの古い作りだし、3階建ての1階部分は元々、医院だったところで、
当時の自分たちに都合のいいようにしか設計されてないから、
他人に賃貸しできるような家でもないんだ。
それで、親族みんなで共有して使えるようなスペースにしようと思って、
リフォームをすることにした。

それで家中の荷物を一旦よそへ移さなければならないんだけど、いざ整理を始めたら、
これまた親父もお袋も80年間の人生で溜め込んできたものすごい量のモノがあって、
ちょっと目まいがしたよ。

まず大量の服。もうそれを誰かが着ることはないと分かっているんだけど、
なんだかもったいない気がして、そのまま捨てられないんだよね。
小さな貴金属やアクセサリーは結構あちこちでもらってくれるんだけど、
服はサイズの合う合わないもあるから、なかなか引き取ってもらえない。
どこかへ寄付するにしても、意外と「現在、衣類はお断りしています。」っていうところが多い。それならばと、思い切って片端からゴミ袋に放り込んでいこうとしても、これがなかなか強い決断力のいる作業。
ネクタイひとつにも「これ親父がいつも着けてたなぁ」なんてしんみりと思い出して、
その場でタバコに火をつけて缶ビールをプシュッと開けちゃう。

それから、これも大量の本。
中には当時かなり高価だったであろう学術書のようなものや、
有名な作品の初版本なんかがあったりして、どうしても一冊一冊そういうところに
目がいってしまう。本当にきりがない。

そこで日記なんか出てこようものなら、もう大変。
焼酎のボトルと氷を持ってきて、どっかり座り込んで一晩中読みふけっちゃうね。

親父が趣味でカメラをやっていたもんだから、写真も半端なじゃない量がある。
ほとんどはお袋とあちこち飛び歩いた旅行の写真なんだけど、昔の人の習慣なのか、
写真の裏に日付とかちょっとしたコメントが書いてあったりして、
そこからその当時の状況が読み取れて面白い。
やめておけばいいのに、これもひとつひとつ気になって見入っちゃう。

それでも、葬式や結婚式なんかの親戚一同が集まったイベントもの以外は、
一度目を通したら捨ててしまおうと決心して作業を進めていくんだけど、
古い写真が片付いてくると、その下の層から今度は自分が生まれた頃の写真が
発掘されてくる。そうすると女房呼んできて、
「これ、この赤ちゃん、俺。これ昔飼ってた犬。」なんて始まっちゃう。
もう女房はあきれて「私、先帰るね」って言って出て行っちゃうけどね。

そんなことやってると、捨てられないモノがどんどん増えていって、
捨てられるモノの方が少なくなっちゃう。
でも、こういう作業は他人には手が出せないものだし、
身内でも俺にしかできないことだから、しょうがない。やるしかない。

一日も早くリフォーム工事を始められるように、
そんな自分にむち打って作業を遂行しようと思います。
   by mottainai-lab | 2007-09-05 11:43 | char | Comments(11)
Commented by さわだ at 2007-09-05 13:39 x
はじめまして、さわだと申します。

この間、祖母の家に1人で泊まってきました。
もう誰も住んでなくて、荷物もだいぶ片付けられてるんですが、なつかしいものがたくさんありました。

なかでも、祖母が93年に漬けた梅酒の味、無事ハタチになったので、気兼ねせずいただきました(笑)格別でした


祖母が捨てられなかったものは、ぼくらにも捨てられなかったりします。同じものを手にとって、同じ感情を抱いていると思うと、来てよかった、と思います。
Commented by Masaki at 2007-09-05 14:33 x
はじめまして!
僕の祖父の家の整理も今進めているところですが、貴重なものや思い出のものなどは捨てられなく、結局けっこういろいろなものを持って帰ってきてしまいました。

衣服などはフリーマーケットという手もありますから、捨てずに出してみるのもいいかもしれませんね。
Commented by 金太郎 at 2007-09-06 02:10 x
確かに捨てられない思い出の品がいっぱいです。
あっ両親とも健在ですが。
それよりも自分の時はどうなるんだろうと考えさせられます。
画像等のデータにしてとも思いますがわびしくて。
Commented by kikumaru at 2007-09-06 14:45 x
こんにちは。
先日引越しを機にいらないものを処分しようと整理をしたのですが、懐かしいものがでてくるでてくる、写真、手紙、コンサートチケットの半券(チャーさんの多数)、本、オモチャ、衣類、等々、結局半分以上もう一度押し入れに戻しました。
Commented by parin at 2007-09-06 21:25 x
こんにちは。
 チャーさんのようなお家のお片づけ。
 父が他界した後、私にも経験があります。
 なにせ海外にお嫁に行ってしまい、その上一人っ子。
 初めはチャーさんと同じように思い出に浸りながら丁寧に整理をしていましたが、タイムリミットは迫り、最後の方はゴミ袋へ入れる方が多くなってしまいました。
 最近、「捨てちゃったんだよね、あれ・・・」なんて思い出すことも多く、もっと時間をかけて処分するものしないものを選別すべきだったと後悔することがあります。
 お時間の許す限り、じっくりお片づけしてくださいね!
Commented by まこと at 2007-09-07 00:03 x
Charさんのサイトから来ました。
ぼくも捨てられないものたくさんあります。
初めて付き合った恋人からのプレゼントとか、先生からもらった手紙とか。
必要とか不要だとかそういう問題じゃなくて、そういった思いでは自分の心の中では非常に高価なモノなんですよね…

ウチの母は昔から
「捨てるのはいつでもできるから、迷ったらとっておきなさい」
といっています。
捨ててしまっては絶対に後悔してしまうものも中にはあると思います。

だからCharさんも
「今は片づけをして捨てるのはもうしばらく待ってみる」
というのもアリかもしれないです。
Commented by kenken at 2007-09-11 11:38 x
CharさんのHPから来たのですが、Mottainaiは前から興味があり、ますます興味が増えてきました。Charさんに感謝!
先日、東京の実家を処分して、両親は田舎へ、姉妹はそれぞれ一人暮らしを始めて、最後に自分が残って荷物の整理をしました。
マンションだったので、引渡し日もあり、連日連夜、整理と掃除。気が遠くなりつつ、思い切って整理したつもりが、引越し屋さんには荷物が多い方ですよ。と言われ…

捨てるのって本当勇気がいりますね。

Charさんも早くリフォームできるようにリミット決めると良いですよ。リフォーム業者が作業開始する日とか。
でも思い出にふけるのもすごく貴重でもったいない時間ですね。
Commented by れいん at 2007-09-13 22:46 x
う~ん、想い出のお写真とかは取っておいた方がいいんではないかしら。
それこそ、捨てられないなぁ、と思ったものは、茶箱に!
ご両親や、Charさんの想い出は専用茶箱一つ!って決めて、
そこから、はみだしだ物は残念だけど処分する。
私も、亡き父の想い出モノ、写真や、良く読んでいた本は捨てられず、本棚の前を通った時、父が良く読んでいた本の背表紙を目にすると、十七年経った今も、
父が、眼鏡を掛けて読んでいた姿を思い出し、ウチもリフォームして以前のお部屋ではないのに、父がそこにいるようなアッタカイ気持ちになります。
Commented by 整理好き at 2007-09-27 21:07 x
わが家にもカメラ好きの父が撮影した写真がたくさんあります。元気でいてくれる父に当時の様子を聞いてみたり、写真のコメントをしてもらったりしているうちに、もったいないからスキャナーで古いネガやプリントを取り込んで整理しようということになり、ぽつぽつ始めました。でも、これってなんになるんだろう?と、ときどき思いながらも大正生まれの父が残した昭和20年前後の写真に妙に惹かれるものがあったりして。
Commented by kay at 2007-10-30 00:23 x
こんばんは。古い記事にさかのぼって、コメントしてます。
確かに自分も写真なんか整理してると、同じ様な事あります。幸いにも今は元気な両親ですが、いつかは皆、経験する事。
今は自分も必要な物だけ購入するように心がけてます。
俺が去った後、サクッと整理できるように、要らなくなった物はなるべくリサイクルしてます。
Commented by suzan at 2011-07-23 10:35 x
また、昔の記事を読ませていただいてます こころあたたまる内容ばかりで、嬉しくなります。

Char さんの、こういう親思いで、ひとつひとつを大切にされる人柄が益々、尊敬します。
  
<< 故郷レシピ(6)五平餅 /文:... 最近感じたMOTTAINAI! >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile