「TRADROCK」への挑戦(後編)/文:char

カバーアルバムDVD+CD「「TRADROCK」の制作話の続きを少し。

6人のアーティストの曲をアレンジする作業は、
ある種、「ぶっ壊す作業」に近かったかもしれない。
というのは、ロックはオリジナルには勝てない。
ノリ一発で合わせていく勢いのある音楽。
完璧にそのメンバーじゃないと奏でられない音楽。
いろいろあるんだけど、やっぱりオリジナルがかっこいいんだよ。
だから、俺たちは今回、そっくりに真似ることじゃなくて
今まで、聴きまくって影響されまくった上で、
俺たちらしく、おもいきり「遊ぶ」ことにしたんだ。

気の合う(音感の合う?)仲間を集ってセッションする。
その感触は、まるで高校時代にはじめてバンドを組んだ時のように
とても新鮮で本当に楽しかったよ。
何が楽しかったって、楽器での会話=アドリブ。
みんなそれぞれにボキャブラリーを持っているから、
ちゃんと楽器での会話が成り立つし、
お互いに「アイツ、次はこうくるか?」って予測しあうのもおもしろい。
それで、たまに予測がばっちりあたっちゃったりして。
そういうタイミングは、DVDで俺「ニヤリ」としちゃってるから、
ちょっとその辺も見てみてよ(笑)

今回、俺の息子にも参加してもらってるんだけど、
リアルタイムで触れていない若い世代が入ると
音楽の解釈の仕方も俺と違っていることもあって、
一緒にやることで世界が広がっていったんだ。
それも、今回のおもしろい体験だったな。

あらためて振り返ると、この企画を本当にやってよかったと思う。
ロックも50年以上が経ち、流行のものではなくて
クラシックなもの、トラッドなものになってきた。
俺もそうだけど、人はいろいろな人に影響を受けて成長していく。
クラプトンもきっとそう。
誰かに影響を受けて、曲調にも変化が生まれる。
だから、そのアーティストごとのルーツを辿りながら、
音楽の世界がぐっと広がることもある。
そういう意味で「TRADROCK」が、ひとつの「入口」になればいいと思う。
ギター好きな人にも若い人たちにも、ぜひ聴いてほしいし、感じてほしい。

今は、「TRADROCK」をひっさげたライブツアーのまっただなか。
来てくれる人は、ぜひ会場で会いましょう。
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-04-18 14:12 | char | Comments(40)
Commented by みさ at 2011-04-18 20:51 x
40代の母です。
名古屋のライブに始めて参加しました。(東京から一人で)all standingはきついかなと思っていましたが、全く問題なく最後まで楽しめました!
日比谷野音にも参加します!
青春を取り戻した気分です!
Commented at 2011-04-18 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-18 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-20 00:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzan at 2011-04-20 15:01 x
charさん

お疲れさまです

座間も 行かれませんでした 野音も 家庭の事情で ライブ中継とかしか みれません

でも いっつも 応援させていただいてます

がんばってください!
Commented at 2011-04-20 17:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-21 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by メープル at 2011-04-21 11:40 x
先日、ハーモニーホール座間に
参加させて頂きました48歳 幸せ者です!

「TRADROCK」では知らない曲もあったのですが
かなり楽しかったです!
アコースティックな曲でも体が動いて
意外な発見でした。

握手とサインまで頂いてしまって
超~感激!!!本当にありがとうございました!

お声も大好きですし、やっぱりギターの音
本当によかった!

いつまでも応援しています
Commented at 2011-04-22 00:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タカ at 2011-04-24 00:57 x
野音行きました♪

土砂降りの雨の野音、最高でした♪



派遣の竹中より 笑
Commented by ゆか at 2011-04-24 10:47 x
TRADROCK

発売されて、そう、もう何度聞かせていただいたことでしょう。

DVDで、ニヤリと居心地よさそうなCharさんの立ち姿をみながら、私も相当居心地よく。
アコースティックバージョンなんともかっこいい。

DVDをみながら、コーヒーを飲む。幸せなな時間というのはこんなことだろうとつくづく感じています。

また、毎日がんばろうっと、いう気にさせてくれるCharの音楽

熊本BATTLE-STAGE もかっこよすぎで
おかげで、またまた、毎晩DVDみることになりました。

清志朗の分まで、永遠に相変わりませずのその立ち姿で。
Commented by みっちゃん at 2011-04-25 00:14 x
雨の中半袖姿でありがとう!前座のプレゼントありがとう!手をふってくれてありがとう!わらってくれてありがとう!みんながひとつになれました・・・・・私が力をもらい涙した九州新幹線のCMの真似です。ユーチューブでみて久しぶりに感激し何度もみました。震災前に製作し放送が延期されてるようですが、早く全国にながれるといいなとおもわせる作品です。昨夜の野音は今の私には夢の中のよう・・・アンコール曲で涙があふれました。これから東北は新緑のうつくしい時期を迎えます。
私も家周りに花をうえたり、がんばっぺ!!!Char、 力をくれてありがとう!!!
Commented at 2011-04-27 19:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-03 09:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-05-12 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅱ)。 at 2011-07-30 22:03 x
申し訳ありません。文字数の制限を意識せず途中で切れてしまいました。 以下、続きです。

・ずうとるび山田氏のアクリル透明もの(ペチャパイブギ)
・ダウンタウンブギウギバンド、和田静夫氏の白いストラト(身も心も)
・竹田和夫氏の箱もの(ドラマ「ムー一族」の生放送でのオープニングテーマ、暗闇のレオ)
・Char氏のムスタング[コンペティション・ブルー?](8時だヨ!全員集合における闘牛士)
・Char氏のレスポール・ゴールドトップP-90(東京12チャンネルのゴダイゴとの共演番組におけるワンダリング・アゲイン)

更に(Ⅲ)へ続きます。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅲ)。 at 2011-07-30 22:20 x
かなり自己満足の世界になってしまいましたが、もう少しお付き合い下さい。 続きです

・ベイシティローラーズ、エリックの白いストラト(ユー・メイド・ミー・ビリーブ・イン・マジック)
・Kiss、エースフレーリーの煙が出るレスポールスタンダード(コールド・ジン又はショック・ミー)
・カルロス・サンタナの仏教的インレイ入りヤマハSG(シーズ・ノット・ゼア)
・高中正義氏のメイプル指板サンバーストのストラト(pioneerのCMでのブルー・ラグーン)
・スペクトラム西慎司氏のベルト固定式回せるB.C.Rich(イン・ザ・スペース)

最終(Ⅳ)へ続く。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅳ)。 at 2011-07-30 22:26 x
続きです。とにかくひとつひとつあげていくとギターへの思いはキリが無いのですが、結論として、CharさんTradRockのスピリットに感謝しています。自分なりに自分のTradRockを追求してみたいと思います。 今後のご活躍を期待しております。とりとめがなくてすいません。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅰ)。 at 2011-08-03 22:43 x
コメントをブログに載せていただき感謝至極です。肝心の1通目が欠けておりまして。改めまして・・・
当方1964年板橋区生まれの46歳です。Charさんとの出会いは申し訳ありませんが当時の月刊平凡・明星のグラビアです(笑)でも気絶するほど悩ましいには気絶しました。以下、私のギター遍歴をギターへの憧憬としてお伝えしたい次第です。・ブルーコメッツ三原綱木氏の箱もの(ブルーシヤトーでのフルートとのユニゾン)
・エレキの若大将加山雄三氏のビザールもの(夜空の星のソロ)
この後でコメント(Ⅱ)に続く予定でした。差し支えなければ私のTradRockGuitarを更にお伝え致したく。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅴ)。 at 2011-08-05 07:27 x
また書き込みさせていただきます。 何故私にとって今TradRockなのか!ギターへの思いが溢れてしまうのは、やはりCharさんの演奏と数々の言動に触発されてのことです。昨年春からのTradRockシリーズリリースにおいてはネット販売のみということで買い控えておりまして雑誌の記事を読みスクラップしておきました。この春に店頭販売となり全6部をまとめ買い、最新のライブ編を含め熟聴する日々となりました。Charさんの奏でる音色とその背景にある音楽に対する思いに、改めて刺激を受け自らのささやかなギター遍歴を辿ってみようという考えに至った次第です。更に続きを書かせていただきたく。(Ⅵへ続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅵ)。 at 2011-08-05 09:05 x
再び書き込み致します。TradRockに触れ、堰を切ったように蘇ってきた映像と音色。それがまだまだ挙げたらキリのないアーティストとギターの数々の組み合わせです。幼少から青年期にかけて出会ったかけがいのないもの。その中にCharさんが間違いなく存在しています。アナログ盤で手にした「Char」「Have a Wine」「Thrill」、私がフュージョン・ジャズを通り抜けた後で再び出会った江戸屋レーベル、20周年の武道館ライブ、近年のAmanoJack野音ライブ、私の中に節目節目でCharさんの音と映像が深く定着しています。(以下Ⅶへ)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅶ)。 at 2011-08-09 20:06 x
8月に入り暑い日が続きますが、秋を楽しみにCharさんの江戸川区公演チケットをGetしました~。TradRockの魂を直に感じるつもりで参加します。まだまだ自分のギターとの関わりをMottainai-Blogで伝えることか許されるのなら・・・
また始めてしまいます~
・渡辺香津美氏のギブソンレスポールSP(LO-DのCMに使われたユニコーン)
・カシオペア野呂一生氏のヤマハSG(サンダーライブに収録されたアイムソーリー)
・クリエイション竹田和夫氏のギブソンレスポール(やはりスピニング・トー・ホールド)
またまた(Ⅷ)へ続く
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅷ)。 at 2011-08-09 20:34 x
今日は秋の江戸川区公演の予習として'Char'by'Char'ライブを見ております。ではまた続きを・・・
・増尾好秋氏のギブソンレスポール(サンシャイン・アベニュー)
・ゴダイゴ浅野孝己氏のアイバニーズWネック(ガンダーラですよね)
・桑名正博氏のB.C.Rich Bich10弦モデル(セクシャルヴァイオレットNo.1)
・Shogun芳野藤丸氏のB.C.Rich イーグル(男達のメロディ)
・世良正則&ツイストの松浦善博のギブソンレスポールゴールドトップ(Soppo)
・清水健太郎氏のギブソンハワードロバーツモデル(失恋レストラン)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅸ)。 at 2011-08-13 17:59 x
夏の暑さに負けてギター人生を辿るパワーを失っておりました。日々の疲れに負けず、湧き上がるギターへの思いを再度、洋楽を中心に。
・JOURNEYアフロヘアー全開時代のニールショーンのギブソンレスポールゴールドトップ(ホイール・イン・ザ・スカイ)
・BOSTONトムシュルツのギブソンレスポールゴールドトップ(モア・ザン・フィーリング)
・ThinLizzy期のゲイリームーアのギブソンレスポールゴールドトップ(ウェイティング・フォー・アン・アリバイ)
更にⅩへ続きます。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(Ⅹ)。 at 2011-08-13 18:04 x
湧き出るギターへの思いを更に。
・リンダロンシュタットのバックでのワディワクテルのストラト[確かサンバースト](イッツ・ソー・イージー)
・POLICEアンディサマーズのテレキャス モディファイド サンバースト(ゼニヤッタ・モンダッタ)
・デイブメイスンのファイアーバード サンバースト(レット・イット・ゴー レット・イット・フロウ [カリフォルニアジャムにて])
・EAGLESドンフェルダーのギブソンWネック ヴィンテージホワイト(ホテル・カルフォルニア)
そしてⅩⅠへ続きます。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅠ)。 at 2011-08-13 18:15 x
では更に続きを。
・ラリーカールトンのギブソンES335 サンバースト ブロックインレイ(ここは敢えてポイント・イット・アップ)
・ジョージベンソンのアイバニーズシグネイチャー(ここは敢えてラブ・バラッド)
・ジョークールにおける ジェフミロノフのストラト[確かサンバースト] (インサイド・インフォメーション)
・デイビッドサンボーンのバックでのハイラムブロックのストラト レリックサンバースト(ラン・フォー・カバー)
・TOTOスティーブルカサーのギブソンレスポールゴールドトップ(アイ・サプライ・ザ・ラブ)
続きます。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅡ)。 at 2011-08-13 18:18 x
今回ギター/アーティスト/曲名を色々書き出してみると、ボンヤリしていた画像と音の繋がりが鮮やかになってくるものだと今更ながら感じます。音源の方は2年程前から「この1曲!」のためだけに中古CDを集め始め、MDに落としてトラックネームを付け、昔のカセット編集のような作業を続けております。この機会に映像や雑誌(ミュージックライフ、プレイヤー、ヤングギターetc.)にも目を向けてみようかと。そして更にギターライフを充実したものにするつもりです。長々と自らの趣味を書きつらねて、本ブログの主旨にそぐわないものであったかもしれませんが・・・。
では、いざ最終章へ!
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅢ)。 at 2011-08-13 18:28 x
CharさんのTradRockスピリットに触れたおかげで、私の中に潜んでいた忘れてしまうにはMottainai記憶を呼び起こすことができました。お付き合いいただき感謝致します。Charさんの更なる飛躍を祈り、筆を置くことにします。秋のライブ楽しみにしています。F社シグネイチャーの新ストラトを生で見られますよう願って(笑)。そして最後に、
・D証券CMにおける竹中尚人氏のギブソンES-295ゴールドトップ(最高!)
ありがとうございました。(終)
Commented by suzan at 2011-09-13 18:28 x
きょうは、川口ですね!

たくさんのconcerts おつかれさまです☆

がんばってください!!
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅣ) at 2011-10-22 18:11 x
ついにこの時を迎えました~。ここは江戸川区総合文化センター。待ちに待ったTradRockツアーの会場にやって来ました~。迫真のライブタップリ満喫したいと思いま~す。CHARIZMAストラトの音が聴けますように~。ではまた。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅤ) at 2011-10-24 22:24 x
江戸川区ライブから2日、しばらく興奮覚めやらずでしたが。改めて久しぶりのCharさんの音を噛み締めています。自分の中で最もTradだったのはMustangに持ち替えた逆光線でした。シビレた~! もちろんYAMAHAのハギレのいい音も、ストラト+Matchlessの太い音も~ (続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅥ) at 2011-10-24 22:28 x
そして待望のCharizmaを使ってのAppleJuiceも、よもやのテレキャス+ComeTogetherも、私にとってはまさに夢心地でした。 4月の野音に行けなかった分も充分燃焼させてもらいました。あの後は新小岩駅前の居酒屋でしっかり飲み明かしましたよ。 (続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅦ) at 2011-10-24 22:36 x
今更ですがライブの良さ、つくづく感じています。アコースティックセットの場面ではピック捌きがアンプを通るまでもなくダイレクトに伝わってきました。ヴェンチャーズのセットでは1人でカヴァーするのがいかに難しいのかがよく分かりました。挑戦したCharさんがすごいのだと。(続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅧ) at 2011-10-24 22:44 x
また、生意気を言うようですがRockArtistであるCharさんがRockEntertainerへと変化しつつあるように感じました。ある意味年齢のなせる技かと。テクニックだけでは語れない何かが舞い降りて来ているのではないかと。(続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(ⅩⅨ) at 2011-10-24 22:54 x
2年以上の長いスパンでTradRockのシリーズを続けてきた中で何を見つけて何を捨てたのか、時間が経ってから活字に残していただけないでしょうか。是非お願いします。今回のライブに触発され、以前から思っていたギターを手に入れる決意(笑)をしました。長いツアー、どうか体調に気を付けて。また度々ブログにも顔を出します。ありがとうございました。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(20) at 2011-11-12 14:53 x
全国津々浦々のライブツアー中のCharさん、充実したギターライフをお過ごしでしょうか?先日の江戸川公演の興奮を反芻しながら、改めてあの時の正調CrossRoadを記憶の中で聴き直しつつ、本家Claptonの音源と照らし合わせています。しかしどう考えても若い頃聴いた本家よりもCharさんの音の印象が私の中で根深く感じるのは何故でしょうか?(続く)
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(21) at 2011-11-12 15:03 x
正直Claptonと言えば私にとってはLaylaです。しかし今はCharさんのバッヂ・コケイン・ホライトルーム・サンシャインオヴヨアラヴなのです。今年もあと2ヶ月を切りましたが他のジェフ・B・V・ジミー・ジミについてもゆっくり検証してみたいと。しかしどう考えてでも私にとってのTradはCharさんの初期アルバム3枚であります。どうかお体に気を付けて年末の恵比寿公演まで 駆け抜けてください。またブログにお邪魔致します。ありがとうございました。
Commented at 2011-11-19 11:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-11-19 11:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 今こそギターへの思いのたけを(年末Ⅰ) at 2011-12-26 15:22 x
久々に書き込み致します。今年も押し迫りついに恵比寿公演の日がやってきました~。勝手ながら私自身のTradRockYearを締め括るべくいざ恵比寿へ!今夜リキッドルームで何が起こるのか!どうか私のギター人生を更に豊かなものにしていただきたく。とにかく楽しみで~す!
  
<< もったいないばあさんから伝えた... 何がほしい?原発?それとも、エ... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile