人の輪の広がりに可能性を感じる/文・野口健

暑かった8月ももうすぐ終わり。今年の夏もさまざまな人たちが富士山の清掃登山に参加してくれました。

毎年、全国から多くの人が参加してくれる富士山の清掃登山ですが、NPO法人の富士山クラブとともに始めた当初は100人も集まらなかった。

そもそも富士山の清掃登山を始めたのは、欧米の登山家が「マウント・フジは世界で最も汚い山。日本人はヒマラヤまでマウント・フジにするのか」というひと言から。

彼が言うように富士山のゴミはひどかった。青木ヶ原の樹海に行くと車のタイヤや医療廃棄物、建築廃材など、さまざまなゴミが不法に廃棄されている。富士山の容姿は世界に誇れる美しさだが、近づいてみるととても汚れた場所だった。

コツコツと清掃活動を続けているにつれ参加者が増え、今では参加者は全国から参加してくれるようになった。

うれしいことに登山者の意識も変わりつつあり、今では5合目から上はほとんどゴミがなくなった。最近の富士山のゴミで目立つのは10年以上前に捨てられたもの。

大切なのは新しいゴミを出さないことだ。ゴミを拾いながらゴミを出さない社会をつくっていけばいい。富士山のゴミ拾いがきっかけとなり、全国に広がっていくとうれしい。

今年の夏も多くの参加者がゴミを拾うのを見て、人の輪の広がりに多くの可能性を感じました。

a0083222_1435446.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2010-08-30 14:35 | 野口健 | Comments(0)
  
<< レンジャーの合同パトロールと、... レンジャーたちのパトロール/文... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile