アフリカゾウのいない地球を想像できますか?/滝田明日香

ELEFACT: Did you know? 〜1980年代の危機〜

1980年代には象牙やトロフィーハンティングの影響で、アフリカゾウ達にとって史上最悪の密猟の時代でした。日本では1970年以前は印鑑の先だけが象牙で作られていましたが、70年以降は印鑑すべてが象牙で作られたものが好まれ始め、我が国の象牙需要の発端となりました。

そして80年代の日本は、全世界の象牙消費の40%を占める「象牙大国」として全世界に知れ渡ることになりました。1979年に130万頭いたアフリカゾウは、たったの10年後である1989年までに60万頭まで激減しました。この危機的な状況のもと、1989年にワシントン条約で象牙取引が禁止されました。その後ゾウの平和もつかの間。一部合法取引が許された結果、状況は悪化し、今や80年代の危機よりもひどくなって来ているのが、アフリカゾウ達が置かれている現状です。今のままではあと10年で地球からゾウがいなくなってしまいます。


アフリカゾウのいない地球を想像できますか?
そしてその原因が私たち日本人にあったら?
アフリカゾウが消えてしまう日が来ないように日本の象牙需要をなくしましょう!
今のままではあと10年でゾウが消えてしまいます。


アフリカゾウの牙は自然に落ちたり生え変わったりしません。象牙はゾウを殺さないと捕れません。それは書類上の合法も違法も関係ないです。日本を含むアジアの需要が密猟の¬勢いに火をつけました。日本のハンコやピアノのけん盤がサバンナのゾウ達を殺しています。このままの勢いでいけば、地球からアフリカゾウが消えます。15年以内という専門¬家もいます。その前にみんなで象牙の需要をなくしましょう。大人は子供に伝えてください。

-SAY NO TO IVORY- アフリカゾウの涙より 




『アフリカゾウの涙』(Facebookコミュニティ)は、アフリカ育ちの日本人達の手により始められました。大好きなアフリカで祖国日本を含むアジアの国々の象牙需要により苦しめられているアフリカゾウたち。彼らが この地球からいなくなってしまわないよう、末永くサバンナで 平和に過ごせる日々が続くよう。アフリカゾウの涙は、そんな思いからスタートしました。

1989年に全世界が「象牙を欲しがらない世界」を作り上げてアフリカゾウを危機から救ったように、私たちがアフリカゾウを救う為に出来る一番大切なことは、「象牙を持つのはいけないこと」を常識とする日本社会を作ることです。

a0083222_11253316.jpg

アフリカ大陸の最後のゾウが、象牙に変わってしまう前に・・・。
a0083222_11254366.jpg
© Nick Brandt
[PR]
   by mottainai-lab | 2013-01-30 11:21 | 滝田明日香 | Comments(1)   

アフリカゾウの危機/文:瀧田明日香

アフリカで家畜獣医として活躍している瀧田明日香さんから、アフリカゾウの現状についてのメールが届きましたので掲載させていただきます。みなさま、ぜひご一読ください。

**********************************************

みなさま

マサイマラの瀧田です!

今日は遠いアフリカから日本のみなさまにご相談のメールです。


実は現在アフリカ大陸全土では、アフリカゾウが象牙密猟の為に後10−15年ほどで絶滅してしまうだろうと予測されるほどの急速な勢いで殺され続けています。
マサイマラでも2012年のみで95頭のゾウが象牙目的で殺されています。そして、アフリカ大陸では去年3万5千頭のゾウが殺されている状況です。人口の約1割が密猟により殺され、種がこの先、生き延びていけないと予測されるところまで密猟が悪化してしまいました。アフリカゾウがいなくなってしまう日も、そう遠い日ではなくなって来ています。

レンジャーでも警察でもない私にはフィールドの前線でゾウ達を守ることは出来ません。しかし、自分の国がアフリカゾウの絶滅のきっかけを作ってしまったのに何もしないでいることは出来ず、現在のアフリカゾウの象牙問題を取り上げた映画を友達が作っているので、その日本語訳と吹き替えをボランティアで受けています。

WHITE GOLD



WHITE GOLDは3月のCITES 会議の1ヶ月後の4月からアメリカ、イギリス、ドイツ、中国でプレミアを開始します。象牙大国の一つでもある日本の方に見て欲しいそうですが、コネクションがなくてプレミアの予定が立たないとのことです。日本でのWHITE GOLD のプレミアやメディアカバレージを通して、より多くの日本人にアフリカゾウがいなくなってしまう日がそう遠くないこと、象牙需要をなくすのは私たち日本人の大きな責任であること。1989年に全世界が「象牙を欲しがらない世界」を作り上げてアフリカゾウを危機から救ったように、私たちがアフリカゾウを救う為に出来る一番大切なことは、「象牙を持つのはいけないこと」を常識とする日本社会を作ることだと思っています。


アフリカゾウ達の悲劇を一人でも多くの日本人に知ってもらい、日本が今後象牙などの取引に関わっていかないように消費者の需要がなくなるような訴えをしていきたいと思っています。もし可能でしたら、アフリカゾウの現状をより多くの人に知っていただけるよう、みなさまのお力をお借りすることは出来ないでしょうか?


私個人もFacebookのページ「アフリカゾウの涙」を通して、アフリカゾウたちの危機を伝えています。
a0083222_1039678.jpg


私たちの世代でアフリカゾウがいなくなってしまうことがないよう、アフリカから出来る限り問いかけていきたいです。毛皮運動を通して誰も毛皮を着たがらなくなったように象牙を持つことを好まない社会をどうやって築いていっていいのか。もし良いアドバイスが頂けたら嬉しいです。プロの動物カメラマンさんなど何枚かアフリカゾウの素晴らしい写真を使う許可を得ることが出来ています。もし、アフリカゾウの美しさとその姿が消えて行ってしまうかもしれないことをビジュアルでもっと身近に多くの人に感じてもらえれば象牙を「物」として見るのではなく「生きたゾウから奪い取られたもの」という現実が伝わるのではないかと・・・。
a0083222_1039187.jpg
 http://www.aljazeera.com/news/africa/2013/01/2013181422525172.html

メディアの方、アーティストの方、議員さんなどのdecision maker をご存知の方、そして一般の方、出来るだけ多くの方にこの現実を知って欲しいので、より多くの方にこのメールを転送していただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!


瀧田明日香
[PR]
   by mottainai-lab | 2013-01-15 10:42 | 滝田明日香 | Comments(0)   

2013年スタート!/文・ルー大柴

早いもので2013年を迎えて早7日、今日から仕事初めの方も多いと思います。

お正月気分もまだ抜けませんが、今年も張り切ってゆきたいと思います。

昨年は多くの方と出会い、トゥギャザーで「ゴミ拾い」や「МOTTAINAIイベント」に参加し、充実したワンイヤー(一年)となりました。

思えばこうしたアクション(活動)は、2007年NHKみんなのうたで「MOTTAINAI」を歌ったことがキッカケ。

「皆さんに呼び掛けるにはバイマイセルフ(自分自身)でも何かをしなければ」と出来る事から始めるように。

マイ箸・マイバックを使い、樹海のゴミ拾いに参加、他にもウォーキング途中に歩道に落ちているゴミを拾ったり、と無理なく取り組んでいます。

また歳の暮れには、定期的に行っている公園のトイレを友人と清掃、一年の締めくくりをしました。
a0083222_1538131.jpg

2013年も初心を忘れず、皆さんとMOTTAINAIを合言葉にトゥギャザーしたいです。
皆さん、ディスイヤーもどうぞよろしくお願い致します。
a0083222_15382784.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2013-01-07 15:38 | ルー大柴 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile