「江ノ島でゴミ拾い」/文:ルー大柴

1月21日、江ノ島を中心にビーチ・クリーン活動を行う団体
海さくら」のゴミ拾い大会に参加しました。
a0083222_13562032.jpg


「海さくら」さんは月に一回、江ノ島・湘南でゴミ拾いをしていて、
楽しく&マイペース」をモットーに、
無理しないで自分のペースでゴミ拾いをしましょう!」と
呼びかけています。

この日の天気は生憎小雨。
ベリーコールドでしたが、約100人のボランティアの方と、
江ノ島大橋をスタートし西浦までトゥギャザーで活動を行いました。
参加者は若い方が多く、子供連れのファミリーも参加していて
和気あいあいな雰囲気でした。
a0083222_13563638.jpg


ゴミはマイハウスの近所と同じで煙草の吸殻が多く、
珍しい物ではシャベル、注射器、
定期券
(これは落し物なので届けました)などがありました。
最後はエブリバディで記念撮影をしたのですが、
藪からスティックに私の誕生日を祝って頂き、
ベリーサプライズ!&ハッピーでした。
a0083222_1356334.jpg


ボランティアの皆様お疲れさまでした。
and「海さくら」代表の古澤純一郎さん、俳優の山下徹大さん、
スタッフの皆様お世話になりました。またトゥギャザーしましょう!!
[PR]
   by mottainai-lab | 2012-01-30 13:56 | ルー大柴 | Comments(1)   

【レポート】守時タツミさんのチャリティーイベントに行ってきました

こんにちは。スタッフの井上です。
MOTTAINAI Lab.研究員の守時タツミさんが、
東日本大震災の被災地への支援として、チャリティイベントを開催されました。
とってもステキだったので、レポートさせて頂きます。

a0083222_153379.jpg



1月18日、代官山で開催されたチャリティーイベント。
立ち見が出るほどの盛況でした。
a0083222_158246.jpg



先ずは、守時さんのピアノの演奏からスタートです。
MOTTAINAIサウンド」と、守時さんの「おとえほん
から数曲披露してくださいました。

a0083222_1593189.jpg


初めてライブで聴く、MOTTAINAIサウンドに感動。
WEB上で聴く時もいつも癒されますが、ライブはまた格別です!!
瞳を閉じると、本当に「その場所」に居るような錯覚になります。

a0083222_15211529.jpg


守時さんが、2011年8月福島を訪れた時に作曲したというこの曲
特にじーんと来てしまいました。

a0083222_15364898.jpg


MOTTAINAIサウンドのページで試聴する事ができます。
ぜひお聴きになってみてください。


第2部は、守時さんとスペシャルゲストの鶴田真由さんのコラボレーション。
おとえほんで共演している二人の世界を実際に披露してくださいました。
守時さんがこの日の為に選んだ絵本「どんぐりと山猫」(宮沢賢治作)を鶴田さんが朗読。絵本のストーリーにに合わせて守時さんが作曲し、曲を演奏します。



朗読と音楽のスバラシすぎるコラボレーションで、
物語の中にぐいぐい引き込まれてしまいます。

a0083222_1557766.jpg



物語の中にまだ居るような余韻の中、チャリティイベントは盛況の内に終わりました。守時さん、鶴田さん、素敵な時間をありがとうございました。

守時さんは、これからもこのようなイベントを企画していくそうなので、機会があればぜひ一度行ってみてください♪

--- information ----

■ MOTTAINAIサウンド はこちらら
a0083222_15364898.jpg


■ CD【MOTTAINAIサウンド】発売中
a0083222_16264934.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2012-01-24 16:30 | 守時タツミ | Comments(0)   

インタビュー:黒田監督 /アニメーションの監督と言う仕事

アニメーション監督・黒田昌郎さんにスタッフがインタビューさせて頂き、
アニメにまつわる楽しいお話を色々とお聞きしました。
その内容を数回に分けてご紹介しています。

第2回目の今回は、アニメーションの監督って
具体的に何をするのか?
お聞きしました。

a0083222_13474597.jpg



■ アニメーションの監督って具体的に何をするんですか?

実写映画の場合、撮影現場はスタッフ、キャストの全ての人たちが、集まって、監督の指示のもとに撮影が行われます。その現場では、監督は作品内容も含めて、現場の作業を円滑に進めるための管理者でもあるのです。時には人事管理も行うこともあります。演劇の舞台監督は、当日の舞台の進行の全て、そして本番に至る迄の稽古スケジュール、スタッフ、キャストの人事管理も兼ねる役を果たしています。作品の内容の提示をするのは演出です。監督と演出の違いは、そんなところです。当時日本の映画の最高責任者は監督でした。アニメーションの場合は演出と呼ばれていました。

つまりは、アニメーションの場合、人事やスケジュールの管理はノータッチでした。現場では実写とは異なり、スタッフは分散しているので管理の仕様がありません。最近、アニメーションでも監督と呼ばれるようになっているのは、まずは映画の場合、実写と合わせようと考えたのだと思います。またTVのシリーズの場合、週一本放映のため各話別々の演出が担当するようになり、そのため全話をまとめる人が必要になり、監督という肩書きの監修者が置かれるようになったのです。

監督や演出が何をするかというと、作品を作る流れで言うと、先ずは企画。企画がOKになり、制作開始のGOがかかると、現場ではプロデューサーが動き出します。監督の決定、そしてシナリオライターの人選。時にはこの二人は企画の段階で既に決まっていることもあります。同時に、キャラクターデザイン美術監督を決めていきます。これも場合によっては、企画書の中にキャラクター、美術のサンプルを入れなければならないので、先行して決めれられる場合もあります。

特に、キャラクターは、実写の場合の俳優と同じ役割ですので、作品のカラーにも大きな影響を与えます。シナリオ、キャラクター、舞台画面スタイルの検討が一斉にスタートします。ストーリー、キャラクターの性格、画面の美的要素をどうするか?監督は全てのイメージをまとめることになります。

イメージが固まったところで、仕上がったストーリーをどのような画面に作っていくかの全体の指示プランを作ります。それが「絵コンテ」です。映画はいくつものcut(カット)が積み重なって構成されます。例えば、long shot、full shot、upなど、サイズを変えたり、アングルを変えたり、写すキャラクターを変えたカットをつないで作ります。監督は、絵コンテをカット毎にどんなサイズで画面の中で誰がどんな演技をして、どんなセリフを喋るのかということを決めて、絵にしていきます。長い映画の場合、このカットが1000ぐらいになります。絵コンテ用紙が300枚ぐらいになることもあります。

実写と決定的に違うところです。実写では全員が撮影現場に集まり、用意!スタート!で撮ります。カットの号令で1カット撮り終えたことになります。アニメーションは何百人ものスタッフが別々な場所で作業をします。原画・動画を描いて、線をデジタル化して、着色して背景を描いて、着色したキャラと背景を合わせて撮影してやっと1カットの画面が出来上がります。長い場合は1つのカットが出来上がるのに何ヶ月もかかります。カット毎に、多くのスタッフが、それぞれの作業を同時進行ですすめていきます。そのためには詳細に指示の書かれた絵コンテが必要になるのです。実写の場合は字コンテといって、絵のない、カット割りの指示とカット内の演技プラン、照明などの注文の入ったものを書く監督さんが多いのですが、アニメーションは基本が絵なので絵コンテになる訳です。

構図(angle、size)を決め、その画面の中での動きプランを描く訳ですが、私はあまり、絵が上手ではありません。正直言って、私の下手な絵を作画のスタッフが「こういうふうに描いて欲しいんだよ」とイメージを汲み取ってくれるので、救われました。今更、絵が上手になるように頑張るより、絵は上手な専門家にお願いしよう。僕はその代わりに何が出来るか?を考えました。絵描きさんの絵、動画をより効果的に見せるためにどうしたら役立てるかを考えた時、自分の演出としての立ち位置というか、そんなものが見えてきたといえます。
多くの戯曲、小説、演劇、映画を読み、観まくったおかげでドラマツルギーといえば大げさですが、作品全体の設計図の中でどう見せるか…その演出的な技法を勉強しました。絵の描けない演出にとってはそれが自分の役割だという開き直りです。
[PR]
   by mottainai-lab | 2012-01-19 14:33 | 黒田昌郎 | Comments(0)   

スマートムーブ/文:ルー大柴

少し前になりますが、「スマートムーブをトゥギャザーしよう!」と題して、雑誌「DIME」の取材を受けました。
a0083222_13222633.jpg


スマート・ムーブとは「CO2排出量の3割を占めるのが人間の移動によるものなので、自分の生活を見直して、CO2排出量の少ない移動手段ににチャレンジしましょう♪」というもの。
具体的に言うと、車で移動していたのを電車やバスに、飛行機移動を新幹線に、というようなことです。

国土交通省の発表によると、移動する時のCO2の排出量がモストメニー(一番多い)なのはマイカーで、バス、電車、飛行機とはだいぶ開きがあります。
私も若い頃は車を使っていましたが、今は電車やバス、徒歩を取り入れています。
車は便利ですが、渋滞などで時間が読めないですし、都市での移動は電車の方が早いです。
a0083222_13225336.jpg


But、荷物の運搬などでどうしても車が必要という時もありますよね?
DIMEでも御紹介しましたが、今はレンタルビデオを借りるような感覚で車を借りられる「カーシェアリング」というサービスもあります。
レンタカーと違い10分~15分単位で料金設定がされていて、「送迎や荷物を運ぶだけ」というように目的がはっきりしている場合には、とても便利なようです。

昔と違いいろんなサービスが出てきた昨今、皆さんも自分にあったムーブ手段を今一度考えてみてはいかがでしょうか?
[PR]
   by mottainai-lab | 2012-01-05 13:22 | ルー大柴 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile