マータイさんのことば / 文:真珠まりこ

マータイさんがなくなられたこと、

本当に悲しくてショックで、残念です。

来日された際にお目にかかり、対談させていただく機会もありました。

もったいないばあさんの新しい絵本やワールドレポート展の活動や
広がりなどを、いつもよろこんでくださり、
「あなたもMottainai Grandmaもよくがんばっているわね」
とはげましてくださって…
もったいないばあさんの絵本をいろいろなところでご紹介くださいました。

マータイさんに会えるとうれしくて、
いつも前向きになんでもできるような幸せな気持ちになりました。

ご自身が推奨される3R(Reduce,Reuse,Recycle)を
一 言で言い表すことばとしてMOTTAINAIを提唱されていましたが、
3R 以外に、MOTTAINAIには4つ目のR「Respect」が 含まれていて、
だからこそ、MOTTAINAIは世界平和につながる 言葉なのだとも言っておられました。

私も「もったいない」には愛があって&自然や他の人、
他の命に感 謝と思いやリを もつことが大事と思うんですと言うと、
「そ う、それと同じことね」と 笑ってよろこんでくださったマータイさん。
日本人ではないマータイさんが、もったいないの心の部分、
コンセプトまでも深く理解して提唱されていることにも感銘をうけました。

これから、あなたもMottainai Grandmaも、いろいろな国に行って、
それぞれの文化でもったいないをみつけるでしょう。
どの国や地域に行ってもそれぞれのもったいないがあり、
ものを大切にする文化があります。
それこそ、私がもっともすばらしい、大切にすべきだと考えているものです。
だからこそ、もったいないはユニバーサルな言葉なのです

と言われた言葉が心に残っています。

ノーベル平和賞を受賞され、国連平和大使に就任されてから、
ますますお忙しいスケジュールになっても笑顔をたやさず、
精力的 に各地をまわって 多くの人々に感動をあたえてこられたマータイさん。
やさしくてあったかくて、愛情あふれる大きなお母さんのような方でした。

地球を緑にというグリーンベルト運動も、MOTTAINAIの活動も、
その心、コンセプトまでしっかりとつないで、
続けていくことができますように、 願っています。
ご冥福を心からお祈りしています。


2006/2/21対談時にマータイさんが話しておられたことの
一部をここに書きます。皆さんと共有したい言葉でした。

「私がなぜ平和の大使として、
 『もったいない』という考え方を広げる活動をしているのか、
 その理由のひとつは、平和は、私たちが、
 限られた資源をどうやって平等に分配し、仲良く暮らしていけるかに
 かかっていると思うからです。

 もしも、限られた資源が平等に分配されなければ、
 人びとは、他の人々を排除しようとして戦いになるでしょうし、
 人びとが資源を浪費して感謝しなければ、遅かれ早かれ
 結局戦争が起きることになります。
 
 人びとは過去にも戦ってきましたし、
 これからも戦い続けていくでしょう。
 国の境がなくなってきているために、
 遠く離れた隣人とも、もっと簡単に争うようになりました。
 
 皆で平和に暮らしていくために、私たちが同じ星に住むファミリーとして、
 どのように政府を持ち、どのように資源を分配するか、
 対立を抑えるために何をすればいいのか、
 もう一度考え直す必要があります。

 『もったいない』は、そのメッセージを伝える言葉だと思います。
 このことは、環境への人びとの注意を促すために、
 2004年に国連でもお話しました。

 環境問題は、平和を脅かしている最も重大な懸念のひとつです。

 尊敬と感謝の気持ちをもって資源を使いましょう、
 無駄に使うことをやめましょう、再利用し、リサイクルしましょう。
 そして、争いをやめ、対立を抑えるために努力をしましょう……。
 
 私は、世界の人々がこのメッセージを受け取ってくれることを願っています。」


(対談の内容全文はこちらから)

a0083222_20371062.jpg

写真:2010/2/17 国連平和大使になられたこと、旭日大綬章を受賞されたこと&
MOTTAINAIキャンペーン5周年のお祝いのパーティーにて
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-09-30 20:37 | 真珠まりこ | Comments(0)   

ワンガリ・マータイさん / 文:守時タツミ

MOTTAINAIキャンペーンの提唱者、ワンガリ・マータイさんが亡くなられました。
謹んでお悔やみを申し上げます。
ぼくは4年程前から、MOTTAINAI キャンペーンに参加させていただいています。
以前、日本に来られた時お会いしましたが、オシャレな洋服を身にまとい、
明るいオーラを発しておられました。

エネルギーに満ち溢れる人で負の要素を感じさせない人、そんな印象でした。
いままでに大変な苦労をされて、
それを乗り越えてきた人がもっている強さでもあるんでしょうね。
提唱者とはこうあるべきなのかなと感じました。

ぼくにとって、「もったいない」ってことばは、
正直そんなに新鮮なことばではありませんでした。
小さいころから、そのあたりに厳しい家庭だったので、
当たり前の感覚で身についていました。

でも、その普通の感覚が普通でなくなっているのかなとも思います。
いい意味で普通でいたい。言い方変えれば、
ちゃんとバランス感覚の取れた状態でいたいと思う。

最近、車を買うタイミングでした。
1台1台長く大事に乗るタイプなので、
次を買うのがきっと最後のガソリン車かなと思ってました。

そんな時に、以前から一 度乗りたいと思ってた車に出会いました。
物欲はあまりありませんが、久しぶりに悩みました。
でも、買わないことにしましたよ、マータイさん。
いまは必ずしも必要 じゃないかもね。

自転車で移動します。。。:)

a0083222_19141768.jpg

2008年 マータイさんの来日時に。
(撮影:熊切大輔)
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-09-30 19:15 | 守時タツミ | Comments(0)   

マータイさん、ありがとうございました。/ 文:山田悦子

マータイさんの訃報。まさに晴天の霹靂でした。
突然の友人からの知らせは、雷に打たれたような衝撃でした。
あの慈愛に満ちた笑顔のマータイさんが・・・
今も信じられない気持ちでいっぱいです。

MOTTAINAIキャンペーンを通じて、
マータイさんにご縁を頂いたことは、本当に幸せなことでした。
でもこんなに早くにお別れの日がくるとは・・・悲しくてたまりません。

先日、毎日新聞社さんのホールで拝見したドキュメンタリー映画。
そこには私の知らないマータイさんの姿が描かれていました。

想像を絶するような厳しく、苦しい道のりに言葉を失いました。
木を植えるという、誰にでもできる方法で、
たくさんの人たちに幸せをもたらし、環境を再生し、国をも動かし、
人々の価値観まで変えていった・・・
そんな尊い活動を、身体をはって進めてこられたのですね。

マータイさんから放たれる、後光というかオーラは、
多くの人たちの喜びのエネルギーかもしれないと思ったのでした。
ワンガリ・マータイさんに心より感謝をし、ご冥福をお祈りいたします。
どうぞどうぞ、安らかにお眠り下さい。 

マータイさんと思いを同じくできたすべての人が、
これからまた自分たちに出来る事を一つ一つ取組んでいきます。
どうぞ天国から見守っていてくださいね。 
ありがとうございました。 マータイさん。

a0083222_14315033.jpg

(写真:2008年マータイさんの来日時に)
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-09-29 14:35 | 山田悦子 | Comments(0)   

パップンピットの種10 「感動領収書」/ 文・仁科幸子

震災から半年が過ぎようとしている。
 子ども時代を東北で育った私には、どの場所も
大切な思い出に繋がる場所だ。
 今ネット社会に広がる言葉の洪水を眺めながら、一番
怖いのは、恨み、憎しみ、といった、人間の心を
闇の世界に引きずり込んでいってしまう、負から生まれた言葉、
そしてその言葉を吐かせる心じゃないかと思う。
 この心のほうが、放射能よりなにより怖いのではないかと思うほどだ。
 事実を把握することは、本当に大事だ。隠されていることを
暴いて真実を知ることはとても大事だと思う。
 けれど、それ以上に大切なのは、子どもたちの瞳に宿る
光を取り戻すことじゃないか?
 それは、どんな境遇にあっても、心の持ち方次第で
手に入れれるものだと思う。
 その積み重ねが、未来の喜びに繋がるのだ。文句ばかりを
並べていないで、新しい発見やアイデアを駆使し、今の現状を
少しでも良くすることを考えることは出来ないものか!
 鎌田耕輔さんは、現在、郡山に住まれて、東京と福島を行き来
しながら、人々の中に宿る可能性を引きだし、未来に向けての
可能性の実現をアドバイスされている、ビジネスコーディネーターだ。
「創意工夫して、上機嫌に生きよう」と、鎌田さんのブログには
書かれている。「上機嫌に生きよう!だ!」。
 企業の社長さん方をアドバイスされるうちに、人間の心の探求にインドに
しばらく行かれていたこともある。青少年のための「未来塾」
なども開かれてきた。
 その鎌田さんに、初めてお会いした時に渡されたのが、
この「感動領収書」だ。

a0083222_14595195.jpg


 その時に、ご一緒できて話したことの感謝を、手短に書き込んで、
渡されたのだ。
 もし今、一人一人がこの感動領収書を心に持って、どんな
局面でも話し合うのなら、なにかが変わってくると思う。
 人間の心の中には必ず、善の心が存在し、感謝の心は限りない
可能性を産む。そんな感謝の心を見つけないのは、もったいない。
ほんとうにモッタイナイと思う。
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-09-08 14:57 | 仁科幸子 | Comments(10)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile