МOTTAINAI in ハノイ / 文:ルー大柴

先日、私の所属するオフィス(カリーノ)にベトナムの青年海外協力隊で
環境活動をなさっている永沼美佳さんより、メールを頂きました。

ベトナムのハノイで行われた3R(リデュース・リユース・リサイクル)
市民に広める為のイベントで、学生達が「МOTTAINAI~もったいない~」を
歌い踊り盛り上がっています。チャンスがあればハノイへ来て下さい。
是非トゥギャザーしましょう!!

との内容で、

「第7回МOTTAINAIフェア」&
「にっぽん元気祭ベトナム2011(東日本大震災のチャリティイベント)」


の写真も頂きました。

a0083222_1838285.jpg



「みんなのうた」で歌った「МOTTAINAI」が、
海を渡りベトナムでも愛されていると聞き、
ベリーエモーション(とても感動)しました。


a0083222_18385572.jpg


永沼さん、ナイスな情報ありがとうございました。
お体に気を付けて今後もご活躍ください。

a0083222_1839075.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2011-05-27 18:45 | ルー大柴 | Comments(0)   

アナログとデジタル/文:char

みんなは、音楽をどうやって買ってるんだろうか。
俺が音楽に夢中になったころっていうのは、
もちろんレコードが主流だったんだけど、
どんどんアナログからデジタルに移行して
このごろはCDも買わず、iTunesでデータで買うっていうのが
普通になっているんじゃないかな。

決して、デジタルになっていくのがよくないとは思わないんだけど、
少しだけ寂しいなぁと思うこともある。
紙の匂いとかインクの匂いとか、ジャケットのデザインとかね。
写真を撮る時も、昔は現像してプリントが当たり前で
自分でアルバムを作ったりしていたんだけど、
最近では、デジカメになってプリントもしなくなってる。
写真の手触り感は、もしかしたら過去のものなのかもしれない。
なんだか、その寂しさに似てるんだ。

音楽を作るという観点からみると、デジタルへの移行は
ものすごく大きな変化だったかもしれない。
今までは20帖くらいないと入らない高額な機材が必要だったのが、
今では、8帖のスタジオでも十分の手軽さ。すごく便利。
だから、このZICCAでアルバム制作ができるようになったんだ。
俺は、デジタルのプロと一緒に音楽制作をやっていくことで、
「アナログ」が薄れていく寂しさを超えて、
「デジタル」の良さや上手く共存していくことを知ったのかもしれない。

ここ数年で、デジタルの技術もどんどん発達していて、質も上がっている。
そこで思うのは、きっとデジタルはアナログになりたいんだってこと。
あの独特の音、あの手触り感、あの空気感は、アナログならでは。
やっぱり、人の心を打つのは、アナログなものなんだ。
そのアナログな良さを、デジタルでも残せるようになってきた。
すごい時代だ。

データでダウンロードすることが主流だからこそ、
ライブに足を運ぶ人も多くなっているのかもしれない。
不特定多数の人と同じ空気を共有するっていうのは、最高だろ?
今も昔も変わることなく、そういうことに人は感動するだよな。

いろいろなことが「アナログ」から「デジタル」になって
音楽業界の流行廃りのスピードとか、音楽の楽しみ方とか、
いろいろなものが変化してきた。
俺も、その変化に多かれ少なかれ、疑問を覚えたり
寂しさを感じていた一人なんだけど、
「TRADROCK」の制作をしていて、考え方が変わってきたんだ。
デジタルになってきている今は、「外よりも中を見つめていく時代」なんだって。
つくる側も聴く側も、本質と真っ向から勝負する時代。
だから、最終的には残るべき物が残っていくんだと、俺は思う。

TRADROCKの“Jimmy”では、息子のJesseとセッションしてるんだけど、
リアルタイムでJimmy Pageを知らない息子との共演は、
なかなかおもしろかったんだ。
どちらかというとデジタル世代の息子と、完全アナログ世代の俺の共演。
世代や通ってきたカルチャーが全く違う二人が、
一緒につくり出す音楽や空気感を、ぜひ感じて欲しい。

まー、アナログとかデジタルとか言ってても、
俺はオモチャとしてのギターがやめられないっていうところは、
昔からちっとも変わらないな。
親への反発も、音楽をすることへのエネルギーとなって
あっという間にこの歳まできてしまった。
これからも、変わらずにギターを弾き続けるんだろうけど。

さて、久々にアナログに針をおとしてみようか。

a0083222_18484189.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2011-05-16 18:40 | char | Comments(9)   

イタリアンドレッシングでアイデアレシピ/文:島本美由紀

みなさんこんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

冷蔵庫にあるものを徹底的に活用して、
おいしい料理を作ってみませんか?

前回に引き続き、冷蔵庫にあるものを徹底的に活用したレシピをご紹介しますよ。
今回ご紹介するのは、イタリアンドレッシングの活用術。
ドレッシングは、サラダにかけるだけって思っていませんか?
実は、炒めものや煮物など、幅広い料理に活用できるすぐれものなんです。

たとえば、フライパンに鶏手羽中を入れて軽く焼き色を付けたら、
イタリアンドレッシングを注いで蓋をします。
7~8分程弱火で煮詰めれば、
簡単鶏のイタリアンドレッシング煮の完成~。
a0083222_14414977.jpg


イタリアンドレッシングに含まれるお酢の効果で
お肉もとっても柔らかくジューシー☆

鶏もも肉や豚ロース肉などを、
イタリアンドレッシングで1~2時間ほど漬け込み、
オーブンやフライパンで焼いてもおいしいですよ。

また、いつものポテトサラダをアレンジ。
マヨネーズの代わりにイタリアンドレッシングを加えても!
さっぱりとしたポテトサラダになります。
さらに、ぺペロンチーノやキャベツや魚介などで作ったパスタに加えても美味。
炊き込みご飯を作るときに加えると、洋風炊き込みご飯の出来上がりです。

本当に、幅広く使えるんですよ!
ぜひ活用してみてくださいね~。

次回も冷蔵庫にあるドレッシングを使った活用レシピを紹介しま~す。
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-05-09 14:42 | 島本美由紀 | Comments(1)   

富士山からエールを送ろうキャンペーン/文:ルー大柴

この度、東日本大震災の被災地復興活動に日本文化と世界平和の象徴である富士山からエールを送ろうというキャンペーンに賛同、呼びかけ人に就任させて頂きました。
このキャンペーンは、富士登山・富士山観光など富士山に関心を持つ方に広く呼びかけ、1個300円のピンバッジを購入して頂き、その売り上げを毎日新聞社会事業団を通じて被災者、被災地に寄付します。

海外でも有名な富士山を通して「日本は大丈夫だ!」という世界へのアピールにも繋がると思います。
富士山を愛する皆様、支援の輪を広げて行きたいと思っておりますのでご協力の程、どうぞよろしくお願い致します。

a0083222_1563241.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2011-05-02 15:06 | ルー大柴 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile