環境問題の主役は子どもたち/文・野口 健

僕は、子どもたちが環境について学べる「環境学校」を開校している。僕と子どもたちが一緒になって、富士山や小笠原、屋久島、白神、佐渡など、環境保護が問題になっている場所に行って、遊びやスポーツの要素も盛り込んだ体験学習をしようというものだ。

環境学校を作った大きな理由は、僕が教えるというよりも、子どもたちを現場に連れて行き、そこで現場の人と出会い、実際に見て体験してほしいという思いからだ。

例えば、白神山地に連れて行く。白神山地にはマタギがいるが、マタギは何をする人か、どういう生き方をしているのかということを知るために、マタギと一緒に山に入るのだ。

子どもたちを教室に集めて勉強するよりも、数日間マタギと一緒に山で過ごしたほうがストレートに伝わる。子どもたちが山から戻ってくると、口々に「マタギってカッコいい」と言う。

環境学校に参加する子どもたちというのは、環境に関して少なからずの知識があるから、最初はやや頭でっかちなところがある。とにかく知識だけを詰め込んだ感じだ。

環境学校では、毎日ひとりひとりの発表の時間があり、初日はビックリするほど、どの子どもたちも大人びたリポートを書く。小中学生なのに大学生並みの論文みたいだ。

いまの時代、インターネットが発達しているし、世界中のさまざまな研究機関の発表を引用して温暖化が将来どうなるかといった話を書く子どももいる。そんなことは、たいしたことではないけれど、あまり記憶に残らないし、心に響かない。それは、自分の言葉で話をしていないからだろう。

環境学校で数日間さまざまな体験をすると、最初はぎこちなくても、だんだん彼らの表情が変わってくるのがわかる。今日あった出来事だけではなく、そのとき感じたことや自分の意見も付け加える。すると、だんだん自分の言葉になっていく。

大事なことは、とにかく経験してみることだ。学校で先生がゴミの写真を見せながら環境の話をすれば、今日からゴミを拾うかというと、そんなことはなかなかない。経験を通して初めて感じ、気づくことは必ずあるのだ。

環境問題の主役は、本来は子どもたちなのかもしれない。なぜなら、未来に向けて育っていく子どもたちのためにこそ、環境の保護や整備はある。われわれの海や山がゴミだらけになっていちばん困るのは、実は、いま生まれて将来大人になる子どもたちだ。

環境の保護活動というのは、未来に向かっていま私たちがやっておくべき大事な社会的な行動のことだ。だから、子どもたちが環境問題に対して意見を言って活動するのは、実に自然なことなのだ。

今後も、子どもちにいましかできないさまざまな「もったいない」体験をさせたいと考えている。

a0083222_13501120.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2010-01-26 12:09 | 野口健 | Comments(0)   

パップンピットの種(3)座敷わらし/文:仁科幸子

子どもの頃、雪国に住んでいた私は、冬になると「雪女」「鶴のおんがえし」とか、
雪に関わる昔話を思い出す。

いずれも、人間の姿を借りた精霊が登場するが、
昨年10月に起きた「緑風荘」という宿が全焼したニュースには、正直ドキリとした。

この宿は、「座敷わらし」が出るというので、とても有名な宿だったからだ。
夜にボイラーから出荷し、二階建ての宿が全焼した。
この宿の座敷わらしは、物の怪というよりも、亀磨というご先祖が、
守り神になっているといわれ、中庭のこの「座敷わらし」を奉った祠だけが、火事を免れて残った。

このニュースを知った時に、今の地球の状態を良く表しているなと思った。
「座敷わらし」は、日本人の血に流れる、山川草木に畏敬の念を抱き、
すべてのものに魂が宿ると考えてきた、日本人の文化の中で生きてきた
目に見えないものたちで、いかにも日本の匂いがする。

以前、ご一緒に仕事をした童話作家の先生も、この宿に取材に行き、
物語のヒントにしたという話をお聞きしたことがある。

ここの座敷わらしに出会うと、男は出世、女は玉の輿と言われ、
多くの芸能人も訪れていた。柳田国男、金田一京助、水木しげる、松下幸之助など、
そうそうたる方々が宿泊し、その後に成功を手に入れたというエピソードもある。

「座敷わらし」の祠だけが燃えなかったことに、まだ自然から人間への
希望のようなものが託されている気はする。
早く目覚めて!と、叫び声をあげられている気がする。

たぶん本当は、引っ越して行きたかったのかもしれない。

人間が、目に見えないものたちを見ようと感じようと、しなくなった時、
精霊たちも居場所を失い、人の心も人でなくなるのかもしれない。

今夜は、「座敷わらし」のことを考えよう・・・
日本から「座敷わらし」がいなくなってしまうのは、本当に悲しい、
それこそモッタイナイ!

a0083222_17594422.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2010-01-25 18:00 | 仁科幸子 | Comments(10)   

「もったいない」味/文・野口 健

中学、高校時代、誰でも学校の帰り道に友だちと一緒にハンバーガーショップなどに寄り道するものだろう。

しかし、僕の家ではファーストフードが禁止されていたのだ。
禁止されていたとはいえ、こっそりと友だちと行っていたのだけれど、そのころはとても理不尽な話だと思った。

僕の母というのは、アラブの人間だから基本的に食べ物はアラブ料理が基本。
そして母は、アラブの料理に関しては強いこだわりがあった。

例えば、モロヘイヤを刻み、ほかの野菜や鶏肉と一緒にドロドロになるまで煮込んでスープを作る。アラブの人にとっては、いわゆる日本のみそ汁に相当するものだろうか。グリーンのスープ。日本に住んでいるころ、母がよく作ってくれた。

当時はいまと異なり、アラブ料理で使う食材や調味料は簡単に手に入らなかった。よく母は、青山通りにある紀ノ国屋までわざわざ通って食材を調達していた。

現在は、ファミリーレストランも珍しくはなく、さまざまな料理が簡単に食べられるようになった。コンビニの弁当も種類は豊富だし、電子レンジでチンすれば家でも暖かい弁当が食べられる。

昔と比べてライフスタイルや食生活も変化し、家庭や母親の味というものが希薄になった思う。幼少のころの記憶というのは、年をとるごとに徐々に忘れてしまう。しかし、両親が作ってくれた料理の味や匂いはなかなか忘れないものだ。

母は、アラブ料理を作って自分の故郷を思い出しながら僕に食べさせていたのだろう。

母が作る弁当はシンプルだったけど、料理は本当に一生懸命作っていた。僕にとっての「もったいない」味のひとつだ。

いまでも、モロヘイヤなどのアラブ料理の食材の匂いをかぐと、幼少のころ母が作ってくれた料理を思い出す。

a0083222_1231322.jpg
↑高校2年の夏休みにモンブランに初登頂
[PR]
   by mottainai-lab | 2010-01-19 12:31 | 野口健 | Comments(0)   

2010年の宣言/文:ルー大柴

2007年にNHK「みんなのうた」で「 MOTTAINAI」と言うエコソングを歌わせて頂くにあたり、自分自身も出来る事からコツコツとエコ活動に取り組むようになりました。

ちょうどその年、MOTTAINAIを提唱しノーベル平和賞を受賞されたワンガリ・マータイさんが来日・・・お会いする機会を作って頂きマータイさんの前でシングソング、MOTTAINAIが私の中でより大事なものになりました。


2010年私の宣言、アゲイン(もう一度)新たな気持ちで「МOTTAINAI」という素晴らしい曲をМOTTAINAIキャンペーンやボランティア活動、イベント、講演会などで出来る限り歌い、これからの時代を担う子供達を中心にメニー(たくさん)な方々に「МOTTAINAI」に賛同して頂けるよう、身をパウダー()にして活動したいと思います。


a0083222_16462647.jpg


2月にはワンガリ・マータイさんも再度来日予定だそうです。
是非トゥギャザーしてMOTTAINAIキャンペーンを共に盛り上げたいです。


5周年を迎えるМOTTAINAIキャンペーン、スタッフの皆さんと共にMOTTAINAI Lab研究員としても頑張りますのでどうぞよろしくお願いします。


a0083222_16464412.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2010-01-12 16:47 | ルー大柴 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile