もったいないお守り/文・野口健

毎年、富士山以外で必ずいく山が白山だ。

ヒマラヤでの活動中、私の襟には、いつもお守りがついている。1997〜98年と続けてエベレスト登頂を果たせず、帰国したら世間の風は冷たかった。そんなときに母校の先輩と出会った。石川県白山市にある白山比咩神社の神職を務める寺本義弘さんだ。

背水の陣で挑んだ三度目のエベレスト。日本をたつ直前に寺本さんから同神社のお守りをいただき、精神的な支えとして身につけてきた。その支えもあり、何とかエベレストに登頂できたのだ。僕にとっては「もったいない」お守りなのだ。

帰国後、お礼参りとして同神社を訪れ、神社と白山のかかわりを知った。白山は富士山などと並ぶ三大霊峰のひとつであり、日本で最初に清掃登山を始めたのがこの神社だ。

同神社の山崎宗弘宮司とも会い、宮司が話された「自然を敬う心」とは何かを知りたくて、2006年9月に白山を登った。

寺本さんに案内してもらいながら山頂を目指した。すれ違う登山者の大半が地元の方々だった。驚いたのが「ようこそ白山へ」「よく来てくださいました」と声をかけてくれたことだ。

「ようこそ白山へ」

とても素敵な表現じゃないかと思った。見ず知らぬ人に挨拶されるとどこか気持ちがいい。心が晴れ晴れする感じだ。これは山だけではなく、町でも同じことだ。僕が思うに、挨拶が多い山はゴミが少ない。こんな故郷に愛されている山は初めてだ。

そして白山がほかの山と異なることが、ゴミの持ち帰り運動が徹底されていた。これは僕も驚いた。通常は自分たちが持ち込んだゴミに対しての持ち帰り運動だが、白山は山小屋で買ったものも含めた持ち帰り運動なのである。ここがほかの清掃運動と大きく違うところだ。

山小屋のご主人は「県外から来る登山客がゴミを捨てる。でも、それを地元の登山者がすぐに拾うから、捨てる人も捨てられなくなる」と語っていた。簡単に口で説明していたが、これを徹底して続けることはなかなか難しいことだ。

白山最高峰の御前峰(2702メートル)に登り、雲海のかなたのご来光を拝んだ。雲が黄金に染まり神秘的だった。
日の出とともに「バンザイ!」と三唱した。気持ちが晴れ晴れするような気がした。

日本人は古来、山の神や海の神を敬い自然と共生してきた。自然の恵みに感謝し、あるときは自然の猛威に畏怖してきた。自然には崇拝や感謝の気持ちを持って接することが大切だと思う。白山で霊峰の姿に触れ、日本人のあるべき姿をそこに見た。

a0083222_1774312.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-25 17:09 | 野口健 | Comments(0)   

生ごみのお話し/文:島本美由紀

こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。
大掃除などでなにかと忙しい12月。
冷蔵庫のお片付けなどで、冷蔵庫のすみでしなびた食材を発見したり、
賞味期限が切れた瓶を発見したり・・。
食べられずに捨ててしまう食品も多いのではないでしょうか?

さて、みなさんは日々の食事作りで出たくず野菜などを、水にぬらして捨てていませんか?生ゴミは、水を含むと重くなります。そして、生ゴミの水分は焼却時のエネルギーを増加させる原因にもなっているんですよ。

食べきれずしなびてしまった野菜のほか、調理時に出てくるくず野菜など、
家庭から出るごみの3分の1が、実は生ゴミが占めています。
生ゴミは濡れると重くなるだけでなく、ビニールからポタポタと水分が垂れたり、においの原因にも。
で、私が実践しているのがこちら。

a0083222_15545120.jpg


野菜の皮むきや魚介の皮むきなどは、三角コーナーを使わずに、
使いやすく切った新聞紙の上で下ごしらえし、そのまま丸めてゴミ箱に捨てる。
また、チラシを折って作った箱に直接入れるのも便利です。
三角コーナーに野菜の皮を入れて、その上から汁物料理の残り汁を流してしまうなど、
何げなくやってしまいがちですが、もともと乾いているごみをぬらすことになるので注意してくださいね。
この水分を減らす工夫をすることで、家庭ごみも減らせるしエコにもつながります。
捨て方のポイントのほか、繰り返し使えるものを選ぶなど、
家庭ごみを減らすことで家事もラクになりますよ。



そして、ちょっと宣伝を。(笑)
12月15日に講談社より、「お金と時間が10倍になる!冷蔵庫お片づけ」という本を出版しました!

a0083222_15552597.jpg


効率的な家事のポイントは冷蔵庫にありました。目からうろこの意識改革で、
日々のお買い物からお料理の仕方までが劇的にラクになり、エコにもつながります。
まさに冷蔵庫から始まるキッチン革命!家事ストレスがなくなるキッチンの極意、たっぷりご紹介します!
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-24 15:57 | 島本美由紀 | Comments(1)   

パップンピットの種(2)病気の種 / 文:仁科幸子

私は、年回10回以上、小学校に呼ばれて好きなワークショップをさせてもらっている。
先日も、全校生徒21人という上野原の西原小学校に行ってきた。
山深い自然の中でクラス子どもたちの感性はとても豊かで、来る度にこちらが刺激を受ける。

今回は、病気の種ってどんな種だろう?、っと子どもたちに考えてもらって、
じゃあ、その病気の種を、自分がパップンピットだったらどんな風にして直すかな?、
っていう具合に、子どもたちに病気の種を絵に描いてもらい、その病気の直し方も考えてもらった。

パップンピットは、私の絵本の中の主人公で、
病気や心の淋しい種を直すお医者さんのような仕事もしている、森の精霊だ。

子どもたちが考えた病気の種の病名をみると、
「ふてくされ病、はずかしがりや病、めんどくさがりや病、食べ物食べない病、
夜おそい病、冷たい病、にらみつけ病、われわれ病、ぐれちゃった病・・・」
など、子ども達の心をそのまま伝えているような、病気の種が現れた。

その治し方も、
「側でじっと見守っていてあげる。声をかけてあげる。
種と相談してどうしたいか聞く。笑わせてあげる。
歌や踊りを踊って楽しい気持ちにさせる・・・」
など、その子どもが心に抱えている病を、自分が大人にあるいは友人に、
どうしてほしいのかを、あまりに素直に描いていて、ハットさせられた。

子どもたちも、自分も友だちにとっての、動物や植物にとっての、
パップンピットになりたい、先生の一人も、自分も子どもたちにとっての
パップンピットになりたいと言ってくれた。

子ども達の心の中の、いい気持ちの種の部分を、見つけないのはモッタイナイな! 
それを引き出してあげたいと思った。

a0083222_15391853.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-21 15:39 | 仁科幸子 | Comments(7)   

温暖化により多く影響するのはどっち? 女性?それとも男性?/文・ペオ・エクベリ

a0083222_16583320.jpg


MOTTAINAIケンカ?
温暖化により多く影響するのはどっち?女性?それとも男性?




■男女間に面白い温暖化論議!


男女平等社会を目指すスウェーデンで、
「温暖化により影響を及ぼすのは女性? それとも男性?」
という面白い研究が行われました。

この結果をめぐっては、男女間に大きな「温暖化論議」が起きそうです。



・男性の言い分:

化粧品やファッションなど、生産段階でエネルギーや
CO2負担が大きいモノのショッピングが大好きな女性の方に違いない!



・女性の言い分:
車やオートバイなど、使用時にも多くのエネルギーが必要なモノが大好きな
男性の方に違いない!


どちらが、正しいと思いますか?


スウェーデン防衛研究庁(Swedish Defense Research Agency)の研究結果によると、スウェーデンの独身男性は、スウェーデン独身女性より20%多くエネルギーを使っているそうです!ドライブは女性より男性の方が多く、シャワーの時間は男性より女性の方が長い。女性は男性よりも「モノ」を買うことが好きだが、男性は女性より外へ飲みに行くことが多い。



この研究結果は、面白いだけではなく、これからの温暖化防止に向けての対象別の効果的な取り組みにも役立てられます。

女性の買い物での対策として、CO2がより少ない商品を選ぶために、CO2ラベル(CO2排出量が表示される環境ラベル)を導入することや、男性のドライブをより少なくするため、インセンティブ(例えばガソリンを高くして、バイオ燃料を安くする)、などが考えられます。



---

皆さん、よいCO2削減の1日を!



「人類の歴史でもっとも大事な会議」とも呼ばれている国際会議のCOP15
(コップフィフティーン)が行われている期間中、
ペオが「温暖化ブログ」を書いているのでよかったら読んでください!

■内容の一部
・学生から大人への厳しいメッセージ
・60才のオバマ
・ベジタリアンの人は宇宙人?
・CO2マイナス25%達成した街
・エコカシコイ政治家
・バナナとコーヒーで走るバス
・CO2「ゼロkg」を目指す企業

温暖化ブログ http://www4.famille.ne.jp/~oneworld/COP15blog.html
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-17 17:06 | ペオ エクベリ | Comments(0)   

鉛筆とトゥギャザー/文:ルー大柴

私は日本が高度経済成長期に差し掛かった時に小学校に入学しました。
その当時小学校にはまだ鉛筆削りが無く、教室でのティーチャー(先生)の
最初の指導は鉛筆の削り方だったと記憶しています。

それがキッカケとなり鉛筆に愛着が湧き、
今でもシャープペンシルやボールペンより鉛筆を使用する機会が多いです。
手紙を書く時やブログの下書きをする時など、オールモスト(ほとんど)毎日利用しています。

鉛筆は感触がソフトで木の温もりを感じます。
そして何より最後まで使い切る事に喜びを覚えるので、
短くなった鉛筆はサックに入れて使い切るようにしています
子供の頃は文房具屋さんに行くとダース(12本)で買って貰ったものですが、
今では片隅に追いやられていて悲しい気持ちになる今日この頃です。

a0083222_10314988.jpg


ちなみに鉛筆の歴史を調べてみると、今から450年前にイギリスで誕生したそうで、
日本では徳川家康や伊達政宗も愛用していたそうです。

貴方は最近、鉛筆とトゥギャザーしていますか?

a0083222_1032848.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-17 10:30 | ルー大柴 | Comments(2)   

旬の大根でもう1品/文:島本美由紀

こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。
みなさん、風邪などひいていませんか?

この時期の旬野菜といえば、大根。
我が家の畑でも大根を作っています。
今年も、こんなに立派な大根になりました。

a0083222_1138142.jpg


大根は、お肉などと一緒に食べると消化を助けてくれる働きもあり、
体を温めてくれる野菜としても知られています。
大根の酵素は熱に弱いので、生で食べるのがおススメ。
生の大根って、みずみずしくて、本当においしいんですよ~。

さて、我が家おススメの大根料理といえば、大根の水キムチ風。
手軽に作れるのでレシピをご紹介します。


a0083222_11382062.jpg


<大根の水キムチ風>

(材料)
◎大根  200g
◎りんご  1/4個
◎にんにく 1/2片
◎A(水100ml、塩小1、はちみつ小2、酢大2)


(作り方)
(1)大根は皮をむいて、4cm長さ、1cm角の拍子木切りにして、
  りんごは皮つきのまま0.5mm幅の薄切りにする。にんにくは薄切りにする。

(2)ビニール袋に(1)を入れ、Aを加え手でもむ。


※冷蔵庫で冷やして翌日から1週間程度おいしくいただけます。


みなさんもぜひ作ってみてくださいね。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-15 11:40 | 島本美由紀 | Comments(1)   

アピールを恥ずかしがるのは「もったいない」/文・野口健

日本人は、アピールがあまり上手ではないと言われる。

アピールという言葉を「自己主張」と言い替えると堅い印象があるが、アピールには「自己表現」という意味も含まれているのではないだろうか。

僕が山に登り始めたのは、もともと自分をアピールしたいと思ったからだ。

もちろん、登山を始めた高校時代とはやり方が異なるが、基本的に変わらないのは、七大陸最高峰登頂にしても、清掃登山やシェルパ基金にしても、絶えずどこか出てくるのは、前例がないことに対する挑戦だったような気がする。

七大陸の挑戦中には「おまえには10年早い」と言われた。清掃登山やシェルパ基金も「目立とうと思って」「隠そうとしたことを発表しやがって」と、さんざん批判されたこともある。しかし清掃登山などは、最初は微力だったが、いまではさまざまな人が参加してくれるようになった。

意識はしたことがなかったが、僕のアピールの仕方には、子どものころから共通する部分があるようだ。その根底には、規則や体制、あるいはタブーに対する反発などがあったように思える。

僕は中学、高校時代はいわゆる落ちこぼれだった。進級も「仮」扱いだったほどだ。しかし、僕が単なる落ちこぼれのままでいたくなかったのは、荒れていた中学から高校時代のころ、外交官だった父が言っていた言葉が心の中に響いていたからだろう。

「大使なんて肩書きは退職したら何にもならない。だから、おまえは肩書きにこだわるんじゃなくて、野口健が肩書きになるような生き方をしろ」

いわゆる落ちこぼれで、どこかクサっていた僕が劣等感を持たないようにと、父はこう言って励ましてくれた。高校生の僕にとって肩書きという意味はよく理解できなかったが、大人になってこの意味がよくわかった。

中学、高校時代に突っ張ったのも、ケンカをしたのも僕の自己主張のひとつだ。山をやると決めたのも、僕を落ちこぼれ扱いする学校や級友を見返してやりたいという、僕なりのアピールだったのだ。

アピールは、人によっていろいろなスタイルがあると思う。自分の地域のゴミを拾う。地域の人たちとすれ違うときに軽く挨拶をしてみるなど何でもいい。

少しのアクションでも、ちょっとしたさざ波が起こる。1人から2人、3人と、小さな波が大きな波へと変化する。それがいち地域から日本全国、さらには世界へと広がっていくと、僕はうれしい。アピールを恥ずかしがるのは「もったいない」のだ。

a0083222_11193260.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-11 11:19 | 野口健 | Comments(0)   

photo theater ~海中散歩~/文:守時タツミ

最近、こんなアプリを作りました。
海中カメラマンで、環境問題も言及することも多い写真家とセッションしました。


a0083222_1525473.jpg


photo theater」シリーズはiPhone/iPod touchを通じて日本のクリエイターの作品を世界中に届けたい、そんな想いから生まれました。

寝る前の5分間、仕事の合間の5分間、ちょっとした空き時間に訪れることができる「世界で一番身近な劇場」をコンセプトに、音楽家・守時タツミがプロデューサーを務め、自らが作曲した音楽と、各方面で活躍する写真家の写真をアプリケーション内で楽しめる内容となっています。

今回リリースとなる『photo theater ~海中散歩~』は「photo theater」シリーズの第一弾作品という位置づけであり、今後定期的に写真家が入れ替わる形で第二弾・第三弾作品をリリース予定です。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-07 15:26 | 守時タツミ | Comments(0)   

スウェーデンのスーパーから学ぶこと。  文/ペオ・エクベリ

エコツアーinスウェーデンPart II
エコ言いわけはMottainai!
日本でもできるスウェーデンのスーパーから学ぶこと。



スウェーデンスーパーへ行きましょう!
スウェーデン全国のスーパーの大半は


★ 商品・食品=多くとも1枚の包装のみ
  (しかもその包装のほとんど(90%以上)は
   街中回収して、リサイクルしています)。*)
★ 「CO2ゼロ」のグリーンエネルギー(風力、バイオマスなど)で動いています
★ 省エネ、省騒音、省負担も実行しています。


 びっくりするのは「省騒音、省負担」の考え方ですね。
 例えば、スウェーデンのスーパーではBGMはほとんどない。
 消費者や社員の健康を守るため(ストレス予防)。
 
 レジの人は背中や首・腕を壊さないように、
 お客さんの商品を「持ち上げること」は「禁止」
 (自動ベルトで負担のない「値段チェック」をしている。)

★レジ袋は当然無料ではない。他の先進国と同じように有料!
 (レジ袋をまったく禁止をすることは検討中です)。




では、温暖化を防ぐため、CO2もゴミも少ない
スウェーデンのスーパーへ行ってみませんか?


a0083222_11593616.jpg




★ほとんどのペットボトルは冷蔵庫の外で置いておく(省エネ)。

a0083222_12151123.jpg

とにかく自分の家での冷蔵庫へ入れるので、
わざわざ冷やさなくともいい飲み物が多いと思いませんか?


以下の★をクリックすると、スーパーに入ります。いらっしゃい!
(写真:Peo Ekberg, Satoko Ekberg)

★エコカシコイ包装 <クリック!>
a0083222_18162755.jpg



★エコラベル<クリック!>
a0083222_18463564.jpg


★エコフィッシュ<クリック!>
a0083222_18465443.jpg


★ゴミゼロ<クリック!>
a0083222_18471384.jpg



★フェアトレード<クリック!>
a0083222_1847509.jpg



*)リサイクルは無駄?と思うのはMottainai!そのエコ偏見を「殺しましょう!」
スウェーデンのリサイクルシステムのおかげで、たくさんのエネルギーは節約して、
結果として、600万トンのCO2節約しています(ゴミ分別のおかげで、京都議定書は達成!!)
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-03 13:58 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

パップンピットの種(1)台風の落としもの/文:仁科幸子

 台風が去った後、驚くほど真っ青に澄みわたった青空がやってくる。
そしてまだ、いくつか残された真っ黒な雨雲が、大忙しで空を流れて行く。

 台風の後の、美しい不思議な景色だ。私は台風が去った次の日に、
台風の残した落としものを見つけに出るのが大好きだ。

 以前は自転車に乗って、道になぎ倒された木々を見つけて横にどかしたり、
林の近くには小鳥が落ちていたりするので、助けたこともあった。

先日も、台風の次の朝に外に出て歩いてみた。

すると、風に吹き飛ばされた木々の細枝や葉っぱが、
道路に絵を描いたように散乱している。

そして少し歩くと、苔にびっちり覆われた岩肌がむき出しに続く道に出た。
山の水が、岩肌の上にちょろちょろとわき出ているのを見つけた。

道の脇に、岩の壁が15メートルくらいむき出しに続いている。
いつもは上に続く妙見山と呼ばれる小さな山に繋がり、
なんとなく岩肌がぬるっと湿った程度だ。

ところが今日は、元気にわき出した水がぽたぽたと
山から伝って落ちているのだ。

思わず岩肌に触ると、いつもよりぬるっとした水の冷たさが指を伝う。
「そうだ!」その時、昔この場所のことを、祖母から聴いたことがあるのを思い出した。
「イボやおできが出来たときには、ここの水をつければ直るんだよ」

昔の子どもは栄養不足だったからか、
手や足にイボや、うおのめや、タコなど出来た子どもがいっぱいいた。

そんな時に、この岩にしみ出ている水を薬代わりに塗ると直ると言って、
活用していたというのだ。きっと、この岩にはなんらかの薬効があるんだろう。

私もぺしゃぺしゃと手に塗ってみた。

自然は、人間に役立ついろんな薬を用意してくれているんだなぁ。
昔の人の知恵は、自然と密接に繋がっているね。

台風は、普段と違った景色や発見を置いていってくれた。
その落としもの・・・見つけないのは、モッタイナイ!

a0083222_13115656.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-12-01 13:11 | 仁科幸子 | Comments(12)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile