失敗を許容しない社会は「もったいない」/文・野口健

登山には、登頂成功か失敗かの2つの結果しかない。
僕は、エベレストの登頂にチャレンジした最初の2回は、いずれも失敗している。

1回目はコンディションや天候がなかなか回復せず、7900メートルの第3キャンプの手前で登頂を断念した。僕は途中で下山したが、このとき一緒に登っていた登山隊に多数の死者が出ている。

僕は夢破れて日本に帰国した。そして再挑戦。

しかし、2回目も登頂に失敗したものの、それでも標高8350メートルの地点までたどりついた。そのときは、頂上まであと500メートル。突然、天候が悪化。

岩かげから吹き荒れる吹雪を見ていたら、エベレストが「もう降りろ」と言っているような気がした。目の前に確実に「死」が立ちふさがっていることがわかった。くやしかったが、下山することにした。

冒険は生きて帰らなければ意味がない。だから、これは失敗ではなく、次へのステップと前向きに考えた。僕は自分自身の判断に納得して帰国したが、その考え方は日本ではなかなか受け入れられなかった。

日本は成功と失敗の間に幅がない。
登頂すれば成功で、登頂できずに下山すれば単純に失敗と見なされるのだ。

これは、日本だけの話というわけではなく、アジア系の社会は同じような風潮があるようだ。

悪天候が続くと、日本隊や韓国隊、中国隊の眉間にはシワが寄り、どこか重苦しいムードになる。見ていてよくわかる。無理に登頂して死ぬのもアジアの登山隊が多い。

その一方で、不景気な顔をしてもしょうがないとパーティーを始めるのは欧米隊、特に陽気なスペインやイタリア隊だ。

彼らは悪天候が続くと、テントからワインのコルクを抜く音が聞こえてくる。
それでも、天候が回復しないと「またね」と言ってさっさと帰国してしまう。
命はひとつしかないが、登頂するチャンスはいくらでもあるという考え方なのだ。

日本のメディアは登頂に成功した事実だけを報道するが、世界的なアルピニストのキャリアを見ても、撤退した事例はかなりある。優れたアルピニストは天候や体調の回復が思わしくないと、頭を切り替えてすぐに下山してしまう。そして、次のチャンスを待つ。

そうした事情で登頂をあきらめても、それが失敗と見なされない社会があるのだ。
しかし、日本は違う。

僕もエレベレストの2回目の失敗のときは、登山関係者やメディアにそうとう叩かれた。
こういう社会だと次のチャンスはなくなるし、人間だって萎縮してしまうだろう。
たった1回の失敗で有望な人材の芽を摘むことは「もったいない」ことだ。

登頂に成功しても、次は失敗して死んでしまうかもしれない。
成功も失敗も紙一重だ。成功したから良く、失敗したから悪いということでは決してないのだ。

僕は、成功のベースには失敗の経験があると思っている。
失敗したからといって、あきらめるのではなく、失敗が成功へのステップと考えられるような社会になると、さまざまな分野で優れた人材が出てくると思う。さらに、人間としての幅もこれまで以上に広がるはずだ。

a0083222_14362619.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-24 14:40 | 野口健 | Comments(0)   

もったいないばあさん日記「トイレ」/絵&文:真珠まりこ

駅のトイレで、小さな女の子にお母さんが、
「きたないから、この上にのって」と話していた。
洋式便器の上に、くつをはいたまま子どもをのぼらせて、用を足そうということらしい。
いろいろな人が使うトイレだから、気持ちはわからないでもないけど、
みんなが座るところに土足でのぼるのがあたりまえと、子どもが思うようになるのではと気になった。

次の人が気持ちよく使えるようにという心配りが、みんなお互いにできたらいいね。
ほんとはそれがあたりまえのことなんだと、子どもたちにも伝えたい。

以前、外国から来た知人が、「日本に来て一番びっくりしたのは、トイレ」と話していた。
「勝手に音が出たり水が流れたり、手を洗おうとしたら、せっけんと水と風もでてくるし、
ふたが勝手に開くときもある。どこにもさわらないうちに全部すむから驚いた」と。
「便座をふく除菌スプレーまでついていて、日本人は本当にきれい好き。
でも今では、自分も座る前に便座をふくし、ふかないときたない気がして気持ちわるい」ということじゃった。

便利なのはいいけれど、何事も行きすぎては不自由なこともある。
「きたないからさわらない」のがあたりまえで、除菌スプレーがないと
座れないとかの条件にしばられては、もったいないことになるかもしれない。
どこにもさわれなくなったら困るし、こうしなきゃという条件が多いほど、
自由に生活できなくなっちゃうもんだからね。

a0083222_15595111.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-17 16:00 | 真珠まりこ | Comments(0)   

チャド湖消失の危機/文:ルー大柴

先日、NHKの「@キャンパス」と言う番組に出演させて頂きました。

この番組は大学生による大学生の為の国際情報番組で、
現在世界で起こっている様々な出来事を若者たちの目線から分かりやすく伝えます。
今回は横浜商科大学の学生とトゥギャザーしたのですが、
ワールドニュースのコーナーで取り上げられたのは「チャド湖消失の危機」と言うテーマでした。


中央アフリカの近くにあるチャド湖はカメルーンなど4つの国が共有している湖です。
昔は250万haだったものが今は25万haになってしまい、
6年後には枯れてしまうかもしれないと警告されています。

原因は気候変動の影響で周辺地域の雨が減ったこと、
人口が増えた事により生活用水として使う量が増えた事だそうです。

この問題についてどうすれば良いか?・・・
植林をする、日本の技術で井戸を掘る等、アイディアが出て、
これからの未来を担う若者からの意見を聞いて頼もしく思えました。


日本人は水に関してそれほど深刻に考えずに過ごしていますが、
砂漠化はアフリカ以外にアジアでも広がりつつあり、地球温暖化が要因の一つでもあるようです。

我々がチャド湖のために今すぐ出来る事・・・
それは少しでも良いからCO2を出さないように心がける事ではないでしょうか?
私も出来る範囲で心がけたいと思います。

a0083222_11305.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-16 11:03 | ルー大柴 | Comments(0)   

CO2をマイナス25%は無理!と思うのはMOTTAINAI! ~鳩山総理、Thank You !! /文:ペオ エクベリ

鳩山総理、Thank You!
日本は、世界の恥から世界の誇りへの道を進み始めました!

日本のCO2は増えている。一方、ヨーロッパのCO2は減っている...

ストップ温暖化の国際ランキング」があるって、知ってた?(*)
スウェーデンはナンバーワン。一方、日本は42位...

しかも、温暖化問題の解決に
ブレーキをかける国(「邪魔をする国」)への賞もあるって知ってる?

名前は「化石賞」。

去年、日本はこの恥の賞を受賞した...MOTTAINAI!
だからこそ、鳩山総理、Thank You! 
CO2を2020年までにマイナス25%という目標を世界に発信してくれて!


私は毎年、ヨーロッパへ行く。日本に住んでいると言うと、怒られる場合もある。
「私たちヨーロッパ人がCO2削減に関して頑張っているのに、
なんで日本人は頑張らないの?!(怒り)」
私はもちろん日本を守るが、日本のCO2が年々増え続ける状況の中、
「守る言葉」は最近なくなっていた...

そして、日本にとって一番もったいないのは、
「温暖化否定論者現象」。

世界中では、専門家から個人、政府、学校、企業が
せっかく温暖化問題の解決に向けて行動を始めているのに、
日本では温暖化否定論者が海外と比べたら目立つ。

日本の温暖化否定論者がテレビに出演したり、
本を出したり、雑誌にもインタビューされる。

海外でも否定者がいるが、年々少なくなっているし、
テレビ番組や雑誌、本などの仕事はなかなか得られない。
CO2を積極的に減らしている社会から見ると「日本は大丈夫?」

だからこそ、鳩山政権の「CO2マイナス25%!」の宣言は、
ヨーロッパ...いや、世界が握手した!
やっと、日本からも他の先進国と同じような数値目標が出た!
(例:ヨーロッパは-20%、スウェーデンは-30%など)。

国連が言うように、
最終的に60%~80%(2050年までに)減らさないといけないので、
今マイナス25%目指さなければ、逆にいつ目指すのか?

しかもマイナス25%は、とても達成可能な目標。
すでにCO2の25%削減を達成したところはたくさんある。
たとえば、スウェーデンの首都ストックホルムはCO2のマイナス25%を達成した!
私は東京のど真中に住んでいるが、丸ごとライフスタイルで
すでにマイナス60%削減を達成した。

スウェーデン人がCO2削減できるなら、日本人もできる。
いや、日本人だからこそできる!!

鳩山総理、Thank You!
これから日本は世界の恥から世界の誇りになるよう、一緒に努力しよう!

a0083222_14304263.jpg

     スウェーデンの首都ストックホルム

*) German Watch Climate Performance Index 2008


<Labスタッフからのお知らせ>
ストックホルム市の成功事例についてや
日本での「ストップ温暖化ライフスタイル」について
ペオさんの講演にご興味のある方お申込みはこちらまで!
www.oneworld-network.com 

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-13 14:43 | ペオ エクベリ | Comments(0)   

身の周りにある「もったいない」/文・小山薫堂

僕は、今年から東北芸術工科大学のデザイン工学部企画構想学科で先生をやっています。

これは学校での授業の話ですが、AO入試で比較的早く合格が決まる生徒がいるんですけど、
その子たちが入学するまで遊ばないように課題を出したんです。

その課題というのは、あなたの身の周りにある「もったいない」ものを探して、
どうやったらそれが解決できるかを考えなさいと。

その中からいくつか上がってきたので紹介しましょう。

ちなみに、これを書いたのは入学前の高校生たちです。

○伊藤早紀さん
おいしさ最後の一粒まで
「コーンポタージュのコーン」がもったいない

多くの人はこんな経験をしたことはないでしょうか。寒い季節、自動販売機で買ったコーンポタージュ。飲み干したけど、コーンが缶から出てこない! 缶の底を見ると十数粒のコーンがくっついている。叩いても出てこない。そして結局は捨ててしまう。せっかく買ったコーンポタージュ。コーンの最後の一粒まで味わえてこそ、コーンポタージュの味を楽しんでもらったと言えるのではないでしょうか。

改善策(1)
「飲み口を改造」
飲み口のヘリにコーンがひっかかからないように、飲み口を缶のフチのギリギリまで広げる。さらにコーンの出やすいように大きくする。

改善策(2)
「底を改造」
底をデコボコにすることでコーンと底が接する面積を小さくし、底にくっつかないようにする。

a0083222_13542211.jpg





○赤羽麻凜さん
「トイレの流す水」がもったいない

トイレでは、一度に流すのに数リットルの水を使用している。汚物を流すだけなのにきれいな水を使っている。

改善策(1)
「トイレのレバーの表示を変える」
トイレのレバーの表示(小)を普通の(普)に変えるだけで印象が違う。実際は小でも十分に流れるけど、なんとなく水量が少ない気がして(大)を選ぶ。表示を変えるだけで水の使用量は減る。

改善策(2)
「トイレのタンクを透明にする」
どれだけ水の量を使ったのかパッと見てわかるようにする。また、二重構造にして外側のガラス部分に雑貨などを入れてインテリアの一部にする。若い女性に向けにして水の量に関心を持ってもらうようにする。

改善策(3)
「排水サイクルを変える」
風呂→洗濯機→トイレといったように、排水サイクルを3段階にして利用できるように水をひく。ビデの場合だけ新しい水が出るようにする。

a0083222_13544114.jpg




東北芸術工科大学
http://www.tuad.ac.jp/

企画構想学科オフィシャルサイト
http://www.kikaku-koso.jp/


===<告知>======================
小山さんの新刊
「もったいない主義」(幻冬舎新書)が発売中!

小山さん原作の映画が12月12日に公開!
「スノープリンス 禁じられた恋のメロディ」
http://www.snowprince.jp/
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-09 13:57 | 小山薫堂 | Comments(0)   

地球/文:仁科幸子

 宇宙から地球を見た宇宙飛行士は、みんながみんな心の目を開かされたとか、
その後の人生が変わったとも言う。

 それは地球が美しいからだ。心を突き動かされるほど、美しいからだ。
真っ暗な宇宙の中で、青い地球がけなげに輝いているからだ。

 地球にはさまざまな色が溢れている。その中でも、
空や海の青~山の緑~太陽の黄色と朝日の赤~は、私たちの心の故郷のような色。

 この美しい色は、いつまでもあると思っていたら大間違い。

 この尊い自然からの恵みが、どれだけ人間の心に勇気や明日への力になることか~
そのありがたみを思う時、私たちも繊細な美しさや驚きをキャッチする心を、
たえず育てていたいと思う。

 もちろん、その自然の営みの裏で働いてくれている目に見えない、壮大な
力に対してもだ。

 小さな日々の中に毎日訪れる美しい瞬間や、愛らしい生き物、そして自然が
もたらしてくれる夢のような瞬間に気づくとき、私たちはきっと今よりもっと、
いきいきと心が喜ぶ瞬間に出会えるだろう。

a0083222_1143471.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-04 11:43 | 仁科幸子 | Comments(10)   

親父とのもったいない体験/文:野口健

僕は世界の七大陸にある最高峰の山々を登頂してきたが、実は初登頂と言えるものは山ではなかった。

小学生のころ、父の仕事の関係でエジプトに住んでいた。ある日、父と2人でピラミッドを観光がてら見に行った。ニュースや写真ではピラミッドを何度も見ていたが、実際にピラミッドの前にくると計り知れなく巨大だ。

ピラミッドは、過去にもよじ登ろうとした外国人が誤って陥落死したこともあり、登ることは固く禁じられていた。観光客がピラミッドを登れるのは、所定のルートにそったごく一部だ。

しかし、石を積み重ねただけで簡単そうに見えるのか、記念にピラミッドを登ってみようと考える観光客は多いようだ。そのため、警備もしっかりしている。

そのことを知っていたから、逆に軽い気持ちで「親父、あそこに登ってみようよ」と挑発した。すると親父は「いいね」とやる気まんまんだった。

「見つかるんじゃないの?」と慌てて返事をしたら「なに、裏から登れば見つからないよ」と目をキラキラさせながら言う。「でも……」と自分で誘っておきながら返事に困ってしまった。

それでも、すっかりその気になった父の勢いに押され、警備がいない裏手にこっそり回ってピラミッドにアタックを始めた。

遠くからだとピラミッドの石はひとつひとつが小さく見えるが、実はとても大きい。小学生だった自分の背丈と変わらないレベルだ。石に手をかけてゆっくりと昇り始める。全行程の半分くらいで高さに怯え、手足が震えた。しかも、折からの強風で体が何度も吹き飛ばされそうになる。

「親父、ヤバいんじゃないか」と背後から声をかけたが、「言い出したのはお前だろう」「自分の言ったことに責任を持て」と先にどんどん行ってしまう。

何のことはない。父のほうがピラミッドに登りたかったのだ。僕ひとりで引き返すわけにはいかず、半べそをかきながら必死についていった。

そして、なんとか父と2人で登頂に成功した。ピラミッドの頂上から眺める景色は半分が砂漠。もう半分はナイル川が生み出した緑地とカイロ市街、そこを行き交う人々の姿。しばしその光景に見とれた。今から思うと僕の初登頂と言えるものだ。

案の定、下山したら警察官が待ち構えていた。親父は「何とかなるよ」とまるで他人事のように応える。駆け寄ってきた警察官にアラビア語で「この子の母はエジプト人だから、あなた方もどこかで友達じゃない?」とわけのわからない言い訳を始めた。アラビア語を話す日本人がおかしかったのか、警察官たちはゲラゲラ笑い始めた。気がつくと親父と握手をし、笑顔で「気をつけるように」と去っていった。

親父は「ほらみろ」と勝ち誇ったような顔で「ケン、また登ろうな」と言った。親父はただ者じゃないと、その日は本当に思った。このあたりの親父の行動力は尊敬するところだ。この出来事は、私にとって幼少時代のもったいない体験のひとつだ。

a0083222_15244443.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-11-02 15:25 | 野口健 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile