もったいないばあさん日記『パセリ』/絵&文:真珠まりこ

a0083222_12232478.jpg


訪ねてきた友人が、「パセリ残すのってもったいないと思わない?」と聞いてきた。
孫といっしょにレストランで食事した時のこと。
パセリを残していたので、「からだにいいのにもったいないよ」って食べようとしたら、「だめっ!」って怒られたんじゃって。
「お母さんが、お店のパセリは食べちゃだめって言ってたもん。おばあちゃん知らないの?」と言われて、びっくりしたらしい。
お嫁さん、その子のお母さんにも、「農薬がたくさんかかってるんじゃ……って気になるし、何度も使い回しされてるかもしれませんから……」と言われ、それから会う人ごとに、パセリを食べるかどうか聞いてまわっているそうじゃ。

自分は子どもの頃から、からだにもいいし頭が良くなるから食べなさいと親に言われて、苦いパセリをぱくぱく食べてほめられてきたのに、孫にそんなこと言われるなんて、ショックだったらしい。その後も、ほとんどの人が「食べない」と言うし、「飾りのパセリは、しおれないように薬品につけてあるって言うから、食べたら毒なんじゃない」と言う人までいて、もったいないばあさんなら……と、私のところに来たんじゃと。

だいじな食べものに、わざわざ身体の毒になるものをふりかけて、食べられなくしているのだとしたら、そりゃもったいない話じゃよ。

パセリはりっぱな緑黄色野菜。なのに、食べなくてあたりまえと不思議に思わないなんて……毒の心配なんかせずに食べたいもんじゃね。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-30 12:24 | 真珠まりこ | Comments(0)   

獣の女医 サバンナを行く/文:滝田明日香

私の3冊目の本が3月26日に産経出版社さんから出ます♪

a0083222_1644312.jpg


ケニアの野生動物を守る獣医・滝田明日香のエッセイ3作目!!
獣医の卵から獣医になり、アフリカ・ケニア・マサイマラを守るために今日も爆走!
素直な視線で、野生の勘でつづるエッセイです。

誰もまだ手をつけていない山積みのケニアの問題。
例えば、野生動物に家畜が襲われる問題、エイズ、結核、マラリアの陰に隠れた狂犬病の恐ろしさを知らない問題などを著者が自分の力で解決するために奮闘します。
そのような問題だけでなく、常識(?)では測れないマサイとの交流。
楽しく、明るく、時には超ムカつく、でもやっぱりケニアが大好き!

獣医の卵~新米獣医~現在の活動を伝えます。
獣医になるためのエピソード、ナイロビで暮らした時のエピソードを日本の常識研修医時代のエピソードとして、ホームページでの毎日の日記、メーリングリストで配信している現在のケニアの現状などを、面白い部分だけを抜粋してまとめました。


■タイトル:「獣の女医 サバンナを行く」(単行本)
■値段:1,575円
■出版社:産経新聞出版社


ぜひ、読んでみてくださいねっ♪
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-24 16:48 | 滝田明日香 | Comments(0)   

ワイヤー罠にかかった子ゾウ/文:滝田明日香

先日、政府の野生動物獣医さんに同行して、ワイヤー罠がかかった子ゾウの治療に参加してきました。
ワイヤー罠が首にかかり、耳が切り刻まれていた子ゾウ。ワイヤー罠をはずし、耳の治療をするために、まずは子ゾウに麻酔銃を撃ちます。だけど、その子供を守る為に母親がレンジャーたちに威嚇して攻撃したりしてたので、ずいぶん時間がかかってしまいました。それにしても、ゾウの攻撃は恐ろしい。パォーーーーーッ!!と叫び声を上げながら木をバキバキバキ!!と破壊しながら突進して来た瞬間、大の男が10人ぐらいが血相変えて、車の荷台に飛び込んでいましたよ。

a0083222_10365566.jpg
↑やっと麻酔銃で眠らされた子ゾウと母親。

耳の治療をし、ワイヤー罠が外されると、なんと喉のところでざっくり気管が切れて、喉から息をしている状態だった子ゾウ。無惨に開いて炎症した傷口から、ブォーブォーと呼吸が聞こえます。

a0083222_10371766.jpg

最初、安楽死させるかべきか話し合った後、「とりあえず、今日は治療し、もし後日病状が改善に向わなかったら安楽死させる」ということに決まりました。子ゾウってストレスですぐ死んでしまうんです。肺炎になって。こないだレスキューされた子ゾウも、1週間後にナイロビで死んだらしいし、先週レスキューされた子ゾウも(もっと小さかった)死んでしまったらしい。どちらも、移動からくる極度のストレスによって起こった肺炎。こないだの足が折れた子ゾウも入れると1ヶ月で死んだ子ゾウは、3頭。

a0083222_10373182.jpg

この子は、これから助かるのだろうか?自然の治癒力に頼るしかないです。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-18 10:36 | 滝田明日香 | Comments(0)   

もったいないばあさん日記『感謝の気持ち』/文&絵:真珠まりこ


「今年のお正月に主人が、『いつもありがとう』って言ってくれたんです」と涙ながらに話してくれた人がいた。そのご主人は亭主関白でえらそうにしている人だったが、病気をして命を失うかもしれないことになって初めて、自分を支えてくれる人たちへの感謝のきもちでいっぱいになったらしい。よく聞く話じゃが、そんなあたりまえのことを死ぬかもしれないとなるまで、なぜわからない人が多いんじゃろう。もったいないねえ。

感謝の気持ちは、言って言い過ぎることはない。「今日のごはんおいしかったよ、ありがとう」って言ってもらえたら誰だってうれしいじゃろ。またおいしいものありがとうって言ってほしくてがんばるから、ずっとおいしいものが食べられることにもなる。

「今更ありがとうなんて…」とか、「言わなくてもわかっているはず」なんて思っていることがあれば、ちゃんと言うべし。

感謝の気持ちは伝えたほうも幸せ、伝えられたほうも幸せ。伝えないのはもったいない。
誰もひとりでは生きていけないからね。みんな助けたり助けられたり、支えあって暮らしているから、感謝するのはあたりまえのことじゃよ。

「もったいない」という言葉には、ものを大切に思う心、自然の恵みや作ってくれた人への感謝の気持ちがこめられている。今年はますます忘れないようにね。

a0083222_12314767.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-16 12:32 | 真珠まりこ | Comments(0)   

和菓紙「春昼」/永田哲也

福岡市では桜が開花したそうですね。

1953年の観測開始以降最も早いとか。

春ですね・・・・!

そんな、春風にのって、永田さんからお知らせをいただきました☆


-------------------------------


a0083222_18515138.jpg




和菓紙三昧は、和紙という素材・和菓子というモチーフ、

その制作の工程に至るまで全て自然美との融合が基となっております。

自然の中に美しく佇む強羅花壇にて展覧会を開催致します。

春分の日の日差しの下、白く軽く麗らかな作品をご堪能ください。


■ 永田 哲也展 和菓紙「春昼(しゅんちゅう)」
■ 日時 / 2009年3月21日(土)~29日(日)9時~18時
■ 場所 / 強羅花壇
 
※3月22日(日)のみ大広間「富士」での展示あります。
別途強羅花壇主催の昼食会の申込が必要となります。
 くわしくは、コチラまで。


----------------------------------------
 

永田さんの作品をMOTTAINAI SHOPで見ることができます!
是非見てみてください☆⇒コチラから!

*MOTTAINAI Labスタッフ*

[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-13 18:52 | 永田哲也 | Comments(0)   

もう掃除機を使うのやだ!というあなたへ。/ 文・セキユリヲ

a0083222_1556851.jpg


a0083222_15564412.jpg



みなさんまたまたこんな形でこんにちは。

もう掃除機使うのやだ!というあなたのために、かわいいほうきをご用意しました。


a0083222_1614220.jpg


みづゑ手芸部で5月と7月にワークショップやるので、ぜひー!!ユリヲ

------------------------------
みづゑ手芸部 vol.1 おそうじ隊

絵とものづくりの本『みづゑ』から生まれた部活動、
それが「みづゑ手芸部」です。

岩切恵美(ファッションデザイナー)とセキユリヲ(グラフィックデザイナー)、
そしてみづゑ編集部が、四季折々の暮らしの楽しみかたを提案します。

会期:2009年3月6日~12日(木) 午前11時~午後8時(最終日は午後7時閉場)
会場:恵比寿三越1階「クロスイー」(恵比寿ガーデンプレイス内)
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-10 16:09 | セキユリヲ | Comments(0)   

Climate Smart? 気候カシコイ決断?「日本全国の学校をソーラー学校に切り替える」  文・ペオ エクベリ

総理の「2兆円プレゼント」は温暖化防止のため使えば…

…日本から世界中にこんな素晴らしいニュースが流れるかもしれない:


------------------------------------------------
NEWS: 世界初!日本全国の学校が100%ソーラーになる!! 
------------------------------------------------
”日本政府が提出した予算案で、日本全国の学校を100%
ソーラーエネルギーにするため、2兆円が割当てられました。

2兆円で何枚のソーラーパネルが手に入るかというと、
全国の学校で100%ソーラーを設置するには十分の枚数です!

政府担当者:
「ソーラー学校”は子どもにとって、素晴らしい“教科書”になります。
より明るい将来のための希望を与えます。次世代への投資でしょう。」

ソーラー学校の環境で育つ子どもたちが社会人になったら、
次の世代は自動的にグリーンエネルギーのプチ専門家になる、
再生可能エネルギーに関する新しい仕事も生まれるはず!

しかも京都議定書も達成しやすくなる。

------------------------------------------------

…現実に戻りましょう。総理が“ソーラー学校”を考えたら、

国民への“2兆円プレゼント”はより役に立つのではないでしょうか?

日本のイメージもUp!

総理の電話番号、どなたか知りませんか?



※計算:Japan Timesによる全国の学校の数(高校まで)/横浜市の小中学校の年間電力使用量/

京セラのソーラーパネルの値段/行政が得る割引...に基づく計算です。


a0083222_17114798.jpg

あなたは不可能型or可能型or未来型?
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-05 17:15 | ペオ エクベリ | Comments(2)   

もったいないばあさんと考えよう世界のこと/文・真珠まりこ

「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」という特別番組が3月20日(金・祝)に放送されます。
今地球で起きているさまざまな問題が私たちの暮らしとどのようにつながっているのかをお伝えする展示会、【もったいないばあさんのワールドレポート展】でお伝えしている内容をベースに、今回の番組では、子どもたちが働く問題に焦点をあてて、私が実際に“見たこと”“感じたこと”をリポートいたします。

***********************
「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」
2009年3月20日(金/春分の日)朝10:00~10:55 
TVh発テレビ東京系列6局ネットで放送。
(TVh、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、ティー・ヴィー・キュー九州放送)

***********************


a0083222_16353759.jpg


2月はじめ、この番組の取材の為にインドへ行ってまいりました。
取材中 たくさんの子どもたちに会いました。
インドで働く子どもたちの数は、1000万人とも5000万人以上とも言われています。
14歳以下の子どもを働かせていることがわかると、雇い主は処罰を受けることになるため、子どもを隠したり、年齢をごまかしたり、うそをついたりします。だから 実際に何人が働いているのか、正確な数字はわからないのです。
出会った子どもたちの中には、朝から夜まで休みなく働き、学校には一度も行ったことがない子もいました。

a0083222_1636928.jpg


子どもたちが働く理由もケースもいろいろ。
貧しくても働いていても、大好きな家族と仲良く暮らす子どもたちは明るく笑っているけど、未来への希望も楽しみもない、あきらめている子どもの顔は、疲れて悲しい…

働いている子どもたちは今もたくさんいるけれど、だからしかたがない、どうしようもないじゃなくて、たくさんいるからこそキリをつけていかなきゃいけないし、
1日も早く、1人でも多くの子どもたちに明るい顔が戻りますように
すべての子どもたちが笑顔で暮らせる日がきますように
私も自分にできることをやっていきます。

a0083222_16362868.jpg


「できることをやらないなんて、もったいない!」
もったいないばあさんからのメッセージです。
観てくださいね。

***********************
「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」
2009年3月20日(金/春分の日)朝10:00~10:55 
TVh発テレビ東京系列6局ネットで放送。
(TVh、テレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、ティー・ヴィー・キュー九州放送)

***********************


★同タイトルの書籍「もったいないばあさんと考えよう世界のこと」講談社より発売中。
ワールドレポート展の会場で行っている子ども向けのレクチャー、ギャラリートークの本です。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-04 16:39 | 真珠まりこ | Comments(0)   

阿蘇の魅力再発見!!/ルー大柴

先日熊本放送の番組で阿蘇山に行き、自然とエコライフについて取材しました。熊本には高校時代の親友がいるので、個人的に年に2回位遊びに行っていましたが、阿蘇の魅力を再発見しました。

世界一のカルデラを持つ阿蘇は九州を代表する観光スポット。阿蘇山周辺には自然が作りだした景色や湧き出す温泉など火山の恩恵を受けた場所が沢山ありました。そして近年は自然との関係を大切にしながら「環境」を意識したエコロジーな取り組みが行われているそうです。それをいくつかご紹介します。

まず訪れたのは「うぶやま牧場」、あか牛の焼肉を頂いたのですが味はあっさり、香りも良くデリシャスでした。飼育には純国産の餌を使い、食の安全にこだわっているそうです。

a0083222_1648254.jpg


次は小国町の岳の湯。ここは地中から湧き出す自然のエネルギー、地熱や温泉蒸気を生活に利用しているエコライフ集落で、民家にお邪魔してみるとキッチンには湧き出す温泉を利用する窯や温泉蒸気を使った「乾燥室」があり、暖房やこたつにも温泉蒸気を利用していました。

南阿蘇には私が度々訪れている場所があります。「葉祥明高原絵本美術館」、実は一昨年、NHKのみんなのうたで「МOTTAINAI」を歌う際にTシャツを作ったのですが、そこに葉先生の世界的なオリジナルキャラクター「JAkE」を入れさせて頂いたのです。この美術館は絵本を通してエコや環境保護を大切にしていて、阿蘇の自然を守りたいというメッセージを伝え続けています。

今回のこの番組を通して、阿蘇の人達に学ぶ事がメニーありました。また是非お邪魔したいと思います。
[PR]
   by mottainai-lab | 2009-03-02 16:49 | ルー大柴 | Comments(1)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile