自然の中で忘れていた感覚を取り戻す/文:野口健

もう10月。あっという間に夏が終わってしまった。今年の夏は「野口健 環境学校」の開催で、富士山や佐渡島でたくさんの小中学生と一緒に自然の中に飛び込み、学び、一緒にゴミを拾いました。今年は西湖を手作りのイカダで横断したり、子供たちと一緒に富士山山頂を目指したり、スタッフからは「まるで冒険学校」とまで言われてしまいました。でも、私はどうしても自然の中に飛び込む体験を増やしたかった。

いつも思っていることですが、日本人は自然の豊かなところに出かけても、車で少し移動してちょっと降りて何かを見て、また車で移動して少し歩くといったように、点から点へと動き回るだけなんじゃないかと。日本のレジャーは点で動くだけの観光になってしまっていて、自然をゆったりと楽しむ、体験するチャンスが少ない。

アウトドアにしてもそうだ。家族でキャンプに行っても、お父さんがアウトドアにセットを買ってきて、装備をちゃんと整える。そして混雑しているキャンプ地でバーベキューの定番コース。あげくに帰りは渋滞数時間……。気分をリフレッシュするのではなく、ストレスをためて帰ってくる気がする。

欧米のアウトドアはとてもシンプルだ。親子で付近の山に登るか、渓流を下るか、自然の中で遊ぶのが基本。キャンプは特別なものではなく、身近な遊びなのだ。

日本に自然を親しむ文化がなかったわけではない。昔から日本にも身近なアウトドアの楽しみ方があったはずだ。川や海、湖に釣りにいく、潮干狩りにいく、キノコ狩りにいく、ワラビ採りにいく——など、身近なアウトドアライフがあったはず。それはレジャーというよりも、暮らしの延長線上にある当たり前のできことだったと思う。

自然とのつきあい方は、遊びにいくというよりも、生活と密接したものと考えるほうがしっくりくる。現代の日本では難しいことだが、そういう感覚を取り戻すことも大事だと思う。

自然の中に入ると本来人間というのは感覚が敏感になる。神経が研ぎすまされる。忘れていた、眠っていた感覚のエンジンが動き出す。私は6000メートル級の山に登ることで普段は眠っている感覚を取り戻せる。ヒマラヤに行けば、過酷な自然の中で体ひとつだ。

だからシンプルな考え方になる。自分のやりたいこと、忘れていたこと、やるべきことなどが山にいるとはっきりわかってくる。自分の考えやスタンスにブレはないかと。そういう感覚を取り戻すため、年に1、2回は必ずそういう時間を作るようにしている。ヒマラヤという場所に里帰りすることで、私自身の原点を確認できるような気がする。

自然の中で飛び込むことで、普段は気がつかない感覚を体感できる。環境学校では子供たちにそういった感覚を体験してほしいと思っています。

a0083222_12534432.jpg


野口健環境学校の詳細は公式サイトをご覧ください
http://www.actions.jp/school/
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-31 12:59 | 野口健 | Comments(0)   

富士山ゴミ拾い大会に参加/文・ルー大柴

毎日新聞社と伊藤忠商事の富士山再生(協力・NPO法人富士山クラブ)キャンペーンの一貫でMOTTAINAIキャンペーンを賛同する「企業対抗富士山ゴミ拾い大会」に9月27日行ってきました。

大会実行委員長にはCМなどのクリエイティブディレクター、NHKトップランナーの司会等で有名な箭内道彦氏(MOTTAINAI Labでもお馴染み)、審査委員長は野口健氏(アルピニスト)と錚々たるメンバーのもと、私も審査員として参加させて頂き2時間青木が原樹海に集まった約250人(バス5台のツアー)の多くの企業の方々とゴミ拾いをしながら汗をながしました。
a0083222_12322021.jpg

開会式では「MOTTAINAI」(NHKみんなのうた)を歌い、みんなで体をほぐしてから清掃を始めました。

一見美しく見える樹海ですがシャベルや竹べラで土を掘ると出てくる出てくる昭和のゴミと平成のゴミ。缶やビン以外にもコンクリートや鉄屑、車のバンパー、薬の瓶容器、中には散弾銃の弾なども見つかり驚きました。

a0083222_12315529.jpg

野口健さんと各企業のチームを見回り、ゴミ拾いの状況を審査しましたが参加した企業の方達の一生懸命さが、伝わってきました。ゴミはトラック1台に山積みになり改めてゴミの量に心が痛み、富士山を世界自然遺産にするという目標はまだまだ難しい、と痛感しました。

しかし、ゴミ拾いを通して色々な企業の方達と触れ合うことが出来、とても意義のある1日に成りました。来年も是非参加したいです。MOTTAINAI事務局のスタッフの皆さん、富士山クラブの皆さんこの度はお疲れさまでした。
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-30 12:40 | ルー大柴 | Comments(3)   

マラ・コンサーバンシーの感謝祭/文:滝田明日香

ナミビア出張、ロンドン休暇、キャンプ生活1ヶ月出張・・・と、最近、ホント、自分の時間が全く持てておらず、8月くらいから一日くらいしか家でゆっくりしていない。家にいても誰かが「話があるんだけど」とかやってくるし、外にいても「こういう問題があるんだけど」。外にいても家にいても、ゴタゴタ問題いっぱいです。そんな中、こんな嬉しい出来事もありました。

9月上旬マラ・コンサーバンシーのパーティーに出席して来ました♪呼ばれた時は、「密猟者1000人逮捕のお祝い」(コンサーバンシーでは密猟者100人逮捕するとレンジャーのモチベーションを上げる為にパーティーが開かれる)と聞いていたのだけど、行ってみたら違った。ボスのスピーチが始まると、びっくり!なんと私と日本からレンジャー基金に寄付してくれた方たちに対する、感謝祭だったの!

a0083222_11415290.jpg
↑マラコンサーバンシーのレンジャーたち、全員集合。

a0083222_11423060.jpg
↑牛1頭分の肉料理のオンパレード。5種類あったけど、全部肉ずくし。


ボスからレンジャーたちに向けてのスピーチは、以下のような内容でした。

「選挙後の暴動のせいで、私達マラコンサーバンシーは活動資金、および、レンジャーの給料が支払えない状況に陥りました。通常ならコンサーバンシーの活動費は、すべて観光客からの公園費によって賄われていました。私達は、今まで政府のサポートやドナーのお金に頼り続けることなく、観光業からの利益だけで野生動物保護区を守っていけていたことに誇りを持っていました。でも、今年の始めからは、私達の活動はすべて世界中のいろいろな人の助けによって支えられて来たのです。ネットやメディアを通しての呼びかけに答えてくれた海外の人のサポートには、本当に感謝しています。彼らのサポートがなければ、今日まで密猟対策を続けてくることも出来なかったし、今日ここにいる全員が働き続けることも出来なかったでしょう。
観光業にたずさっている会社や団体の中で、この波乱の半年間の中で解雇や無給休暇で家に帰された人は星の数ほどいます。そんな中、レンジャー基金が始まってからは、私達は正規スタッフを一人も解雇することなく運営を続けて来る事が出来ました。君たちが今日まで仕事を続けられているのは、ここに座っている明日香と、彼女を通してサポートしてくれた日本の方たちのおかげなのを絶対に忘れてはいけません。私達が今出来ることは、マラトライアングルを密猟者から守り続けることです。2ヶ月間ほど戻って来た観光客も、残念ながら10月に入ったらまたいなくなってしまうとロッジなどのブッキングからは予想されます。今年いっぱいは、まだまだ私達にとって大変な日々が続くでしょう。でも、密猟者1100人逮捕まで、後3人。また明日から気合いを入れて、マラトライアングルを守っていきましょう!」

今日のお祝いには、レンジャーのジェーンとレシンゴも同行していたんだけど、二人ともボスの言葉にかなり感動していたようです。なんか、帰りの車の中で二人で熱く語ってました。

マラコンサーバンシーのHPにも、この日のことが載ってました!
レンジャーをサポートし続けてくれている日本の大勢の方たちへ、マサイマラのレンジャー、そして、私、滝田明日香から感謝の言葉を送りたいと思います。

アサンテ・サーナ!!

そんな中観光客がまた9月末から少なくなり、レンジャーたちの資金もまた少なくなって来てしまっています。10月からはまた観光客からの収入には見込みが出来そうもない状態。彼らの活動をサポートする為、日本から6回目の送金が出来ることを願っています。私がワクチン打ちで保護区に顔を出せない間にも、レンジャーたちが昼も夜もパトロールを続けていけるよう、より多くの人が彼らをサポートし続けてくれると、私もとっても嬉しいです!!
レンジャーたちの活動は、マラコンサーバンシーのHPに毎日アップされています。レンジャーたちによるブログ以外にも、マラトライアングルの歴史、公園の規則、公園費、キャンプサイトのブッキングなど、いろいろな情報が載っていますので、ぜひぜひHPに遊びに来てくださいね!
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-27 11:44 | 滝田明日香 | Comments(0)   

気がつかないことって「もったいない」/文:小山薫堂

僕はお風呂からあがるときに必ず水シャワーを浴びるんです。最後に水を浴びると体がシャキッとして皮膚にハリが出る。新陳代謝がよくなって僕自身、病気もせずとても健康です。これは一年を通してやっていること。

僕は水シャワーがいいと思って会社のスタッフに勧めるんですが、「根性がないです」と誰も賛同してくれない。だからスタッフと温泉に行ったとき、後ろからコッソリと水をかけると「単にイタズラしたいだけでしょ」と言われてしまう。僕はこのよさをわかってほしいだけなんですけどね。

これは僕の経験ですが、水を最後に浴びることで使っていない神経がオンになるんです。二日酔いの朝も、シャワーを浴びて最後に水を浴びる。シャキッとする。これを試してみないのは「もったいない」。

でも、僕も一度だけ水浴びをためらったことがあります。それは真冬の北海道にいったとき。友人が山小屋で即席サウナを作ってくれて、たっぷり汗が出たら、川の氷を割ってそこにみんなで飛び込むんです。さすがに一瞬ためらいましたね。だけど気合いを入れて川に入ると、体がヒリヒリしてちょっと痛い感じがするんですが、空を見上げると満天の星空が広がっている。とても気持ちがよかった。

水浴びは誰だってできることじゃないですか。僕は無駄な浪費をすることよりも、ちょっとしたことに気がつかない、思い切って試してみないことが「もったいない」と思うんです。



***************************
<Labスタッフからのお知らせ>
小山さんが脚本を手がけた映画「おくりびと」が絶賛公開中。
公開中の劇場などは公式サイトをご覧ください。

「おくりびと」公式サイト

出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努ほか
監督:滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石譲

映画の中のエピソードを基にした絵本も発売中です!
文・小山薫堂、絵・黒田征太郎「いしぶみ」(小学館)
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-20 12:50 | 小山薫堂 | Comments(1)   

もったいないばあさん日記『携帯メール』/文・絵:真珠まりこ

携帯電話でメールを打っている人、多いね。
ほんの一昔前まで、電車の中にいる人がみんな、
小さな画面を見ながら親指動かす時代がくるなんて、想像もしなかったよ。
今日、若い女の子たちの会話を聞いて、気になることがあったんじゃ。

「約束あるんだけど…、そっちの方がおもしろそう!」
と話してた子が、連れの子に「いいじゃん、メールしとけば」
と言われて、そっちに行くことにしたらしい。
親指をぴぴっと動かして、会う約束をしていた相手に、
「ごめん、行けなくなった」とメールを送り、ふたりではしゃぎながら去っていった。

メール送ったからいいじゃん、というのは、自分を正当化しているだけのことで、
相手のことを考えているわけではない。
その友だちはとっても楽しみにしていたかもしれない。
だから、すごく悲しんでいるかもしれない。
でもメールではわからないかもしれない…… 
もっと楽しいことをみつける度にころころ気が変わっていたら、
うわべだけの言葉が忙しくとびかって、うすくて軽いつきあい方しかできなくなるよ。
人と人とのつきあいはもっと大事なものなのに。

携帯電話がなかった頃は、約束をして行けなくなったら、
相手に待ちぼうけを食わせるしかなかった。
だから、約束にはもっと重みがあった。
いつでもどこでも、すぐに連絡がとれるのは便利だけど、
せっかく出会った人と人、心のこもったつきあいができないのはもったいない。

a0083222_16155141.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-14 16:23 | 真珠まりこ | Comments(1)   

マサイマラでの観光違反者ランキング/文:滝田明日香

8月になって観光業が2ヶ月ほど戻っているマサイマラですが、まだほとんどのロッジでは通常の60%から80%のブッキング状況です。そして、ブッキングは9月に入ったら、またドーンと落ちてしまう始末。観光業が戻っている8月も、道路の工事、増加したヌーを狙う密猟者の逮捕と、ワイヤー罠の回収、そして、保護区でやりたい放題にアニマルハラスメントをする観光客の取り締まり、と、レンジャーたちは目が回るほど忙しい毎日を送っているのが現状。日本のみなさんからのサポートは、彼らの毎日を支えています。本当にありがとうございます!!日本のみなさんからのサポートがなかったら、彼らもここまで頑張って来れなかったです!

a0083222_13583571.jpg
↑観光客が規則違犯しない為の「オフロード禁止」のサインを立てる。


レンジャーたちの話を聞くと、今年のハイシーズンも観光客とツアードライバーの違反のオンパレードみたい。

<今年のとんでもない違反者ランキング5>
1. ヘリコプターの低空飛行で、河を渡って来たヌーをまた反対岸に追い返す♪
2. 野生動物がいっぱいいるエリアで、お客対ガイドのラグビー・マッチ開始♪
3. 勝手にマラ河の近くに下りて、ワニに奇声を発しながら石を投げつける♪
4. チーターの横で、車から下りて記念撮影♪
5. 「下車はヤメてください」のサインの横で、ピクニックランチ♪

他にも、「レンジャーに注意をされて、逆切れして「お前の死ぬ日にちは決まったからな」や、「規則違犯のチケットを切られるなら、ゲームドライブに行くのをボイコットする」など、気分悪いことやっているドライバーたちも健在。レンジャーのキモジノは、今月から密猟対策のセクションに移動され(半年に一回全ステーションの移動がある)、ドライバーたちの嫌がらせからにかなり疲れていたようなので、仕事内容が半年変わったことに少しホッとしているよう。去年は、「スピード違反でトピのひき殺し」なんつ~のもありましたが、今年もとんでもないことやっている観光客がいっぱいのマサイマラです・・・。


a0083222_13585222.jpg
↑野生動物に近寄りすぎるのはヤメましょう・・・(注意・絶対に野生のチーターではやらないように!)


*****************************************
◎2008年2月から始めたマラコンサーバンシーのレンジャーをサポートする、「マサイマラ基金」にご協力ください!!

◆日本の寄付口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
三菱東京UFJ銀行 
大森支店 普通預金
口座番号: 1299787

◆郵便振替口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
口座番号 00100-0-667889
※必ず「Mara Conservancy」と記入して下さい。


マサイマラ国立保護区を守る為のキャンペーンや資金集めに協力してくださる団体があったら、マラコンサーバンシーまで連絡ください。
Mara Conservancy
P O Box 63457
Muthaiga 00619
Nairobi, Kenya
Tel : +254 20 3749 632/6, 3749655/1/4/6/8
Fax : +254 20 3749636/3740754/3740721
Email: mara@triad.co.ke
<http://www.maraconservancy.com/>
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-09 14:12 | 滝田明日香 | Comments(0)   

このアニメを見なきゃMOTTAINAI(2)/文:黒田昌郎

a0083222_10384728.jpg

*********************************************
このアニメを見なきゃMOTTAINAIの第二作目を紹介します。
一作目からずいぶん時間が経ってしまいましたが・・・。

琴と少年」(原題「山水情」)
中国の水墨アニメーションです。
1988年に上海美術電影映画制作所が制作したアニメーションです。
監督・盛特偉(ターウェイ)、閻善春、馬克宜。
キャラクターは現在中国美術学院で教授をやられている方です。
私は以前から水墨画が大好きでしたが、これほど美しい水墨アニメに接して大変感動しました。
10年位前に始めて観て以来、現在の私の教え子たちに毎年紹介して観せています。
ストーリーは単純です。年老いたこちの演奏家が旅の途中で倒れ、村の少年に助けられます。老人はお礼に琴を弾き、山の上へと立ち去ります。少年はその琴の音色に打たれる・・・。という話をシンプルな画調で描写します。

ついでに・・・同じ制作所の作品「おたまじゃくし、お母さんを探す」もご覧になってください。

黒田昌郎 2008.9.2
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-10-06 11:58 | 黒田昌郎 | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile