ケニア・サファリ観光のルール/文:滝田明日香

マサイマラ国立保護区の510平方キロメートルを締める「マラトライアングル」を管理する施設、マラコンサーバンシーがUK Travel Foundationと一緒に、マラトライアングル内にあるロッジのサファリドライバー相手の研修クラスを開いた。
その名も、「Responsible Guiding Workshop」。
観光客がただ単に「ビッグファイブ」を見るだけではなく、マサイマラのすべての動物、鳥、昆虫、植物、気候、そして地質までちゃんと観光客に詳しく説明出来るようになる為のクラスである。

南ア、ジンバブエ、ナミビアなどの南部アフリカの国のサファリガイドの知識レベルはとても高いことで有名である。サファリ・ガイドになる勉強も大変だし、実際に試験に通っても下積み時代を何年か過ごさないといけない。
その反面、ケニアのサファリガイドの知識レベルは、驚くほど低い(と私は思う)。
ワークショップでレクチャーをしたのはザンビアのトップガイドのムヴゥラさん(ザンビアのガイドはウォーキングサファリがメインのところが多いので、知識も半端じゃない)。
彼の知識レベルと我がケニアンガイドの知識レベルは比べ物にならなかった。
「シマウマについて5分ほどおもしろい話を聞かせてくれないか?」という彼のリクエストに答えられるケニア人はほとんどいなかったのに対して、ムヴゥラさんさんはシマウマの一般的な説明以外にも、南部アフリカのシマウマにまつわる民話から、過去から現在までの動物学や行動学の興味深い研究などにいたるまで知識の深いこと!(ケニア人、唖然)。
その後に聞かれた「ソーセージツリーについて5分間ほど語ってくれ」のリクエストには、ケニア人、全滅(涙)。ケニアのサファリガイド試験のシルバーレベル持っているガイドも足下にも及ばない、ムヴゥラさんの素晴らしい動植物の知識に脱帽である。

ケニアのサファリの最中のドライバーのマナーも見ていられないほどひどい。
チーターのハンティングのライン(チーターと獲物の間の線)をカットしてしまったり、ブッシュの中にいるヒョウを見る為にブッシュに突っ込んでいく車など、多くてびっくりするよ!
そして、その原因となるのは、動物をより近くで見れることに対して、ドライバー相手にチップをはずむ観光客であることを忘れてはいけません。ドライバーたちはより多くのチップを求め、動物達に無神経に近づいていっているのだから。
ちゃんと動物の生態について説明出来ることより、より近くで動物の写真を撮るように接近することに対して払われる、間違ったチップ。
ドライバーに対する研修クラスも必要だと思うけど、ロッジ内で観光客にどのようなことをして良いか、どのようなことが動物に対するマナー違反かなどをちゃんとお客に説明しないといけないと思う。

レンジャーのキモジノのメインの仕事は、「アンチ・ハラスメント」である。
彼の仕事は密猟者を逮捕するチームとは違い、動物に対してハラスメント行為をする観光客やドライバー相手の仕事。観光客が保護区の規則を守っているか、近づき過ぎることで肉食獣のハンティングやヌーの河渡りを邪魔していないか、などを毎日チェックしている。
一日中サファリカーに追い回されているチーターやライオンたちに対して、車は5台以上は近寄らない(規則がないエリアでは20台以上接近したりすることもある)、25メートル以内に近寄らないなど、キモジノの仕事はハイシーズンになるとてんてこ舞いである。
まだまだハイシーズンではないが、先月ですでに8件の規則違反(指定範囲以外でのオフロードと動物に近寄り過ぎ)でドライバーが捕まっている。

a0083222_13225118.jpg

レンジャーのキモジノ。
彼の毎日を綴るブログは、http://maratriangle.wildlifedirect.org

*****************************************
◎2008年2月から始めたマラコンサーバンシーのレンジャーをサポートする、「マサイマラ基金」にご協力ください!!

◆日本の寄付口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
三菱東京UFJ銀行 
大森支店 普通預金
口座番号: 1299787

◆郵便振替口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
口座番号 00100-0-667889
※必ず「Mara Conservancy」と記入して下さい。


マサイマラ国立保護区を守る為のキャンペーンや資金集めに協力してくださる団体があったら、マラコンサーバンシーまで連絡ください。
Mara Conservancy
P O Box 63457
Muthaiga 00619
Nairobi, Kenya
Tel : +254 20 3749 632/6, 3749655/1/4/6/8
Fax : +254 20 3749636/3740754/3740721
Email: mara@triad.co.ke
<http://www.maraconservancy.com/>
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-06-30 13:30 | 滝田明日香 | Comments(0)   

余り野菜で郷土料理(山形県)/文・島本美由紀

みなさん、こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

先日山形に住むお友達から、「納豆昆布」というものをいただきました。
パッケージには「山形郷土料理だし作りにかかせない」という文字が。
だしとは、夏野菜を刻んで水にさらし和えるだけの、山形の簡単郷土料理。
この納豆昆布を野菜に混ぜると粘りが出るそうなんです。
さっそく冷蔵庫にあった使いかけの半端なお野菜で調理スタート。
きゅうり、茄子、みょうが、大葉。これしかないけど作っちゃおう♪

作り方は簡単。
冷蔵庫に入っている野菜をみじん切りに。
納豆昆布を混ぜて醤油で味を調える。
たったこれだけ。
冷蔵庫にある余り野菜で簡単に作れちゃうから、これってまさにもったいない料理!!

a0083222_1704560.jpg


そして山形の友人からはこんな具材のアドバイスもありました。
「ご飯(温・冷)、冷奴、そば、冷やしラーメン(山形発祥)、トマト、サラダ、何にかけてもおいしいよ。納豆昆布の代わりに、オクラなめこ、つるむらさき、もろへいや、海草を入れてもいいし、食感を楽しみたいなら極刻みの湯通しこんにゃくとか。グリルした油揚げ、テンカスもカリカリしておいしいし、パプリカ、カラーピーマンを入れれば色味もきれい。青とうがらしもいいよ。」

まさに冷蔵庫と相談して作れる料理。助かります。
暑くて食欲がない日にはご飯や豆腐にかけて食べてみるのもいいですね。
さっぱりして本当においしかったです。
ご馳走さまでした。
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-06-23 16:59 | 島本美由紀 | Comments(0)   

MOTTAINAIから連想すること/文:滝田明日香

「Mottainai」について、アフリカから書いて欲しいとの依頼。

う〜ん・・・。「もったいない」は、毎回先進国を訪れる度に感じます。一番感じるのは、自然のリソースが無駄に使われているのを見た時かな。水とか、電気とか。

特に、水。

日本人の水の使い方は、見ていて涙が出そうなほど、もったいない。

歯を磨きながら水を流しっぱなしにしたり、お風呂を何度も入れ替えたり、トイレの音を隠すために何度も水を流したり。流しっぱなしの水を見るのは、見ていて辛い。なぜなら、うちは雨水に頼った生活なので、そんなことは絶対に出来ないから。雨が来るのは、3〜4ヶ月ごと。しかも、雨期は雨期でも、ちゃんと貯水タンクに水が溜まる勢いの雨が降るとは限らない。軽い雨だと、一晩中降っても大して雨水は溜まらない。タンク二つで9000リットルの水が溜めれるが、それで、私、ワーカーさん3人、ガードマン2人、犬6匹、猫4匹、バッファロー1頭の生活を約4ヶ月支えないといけない。お風呂もバケツ行水、料理も溜め水を使用。無駄な水の使い方は、一切していない。

蛇口をひねってすぐ水が出ていると、水が「もったいない」など考えもしないと思う。でも、ヒィヒィ言いながら水を家の中に運び込んで来て、その水を使うとなると、そう簡単に無駄使いなど出来ない。水を流しっぱなしにしている人は、一度、70リットルの水タンクに何度も往復して水を運んでみるといいかもしれない。この重労働は7回ほどトイレを流すとすぐなくなってしまうのである。

電気はなけれど生活はしていけるが、水がないと生活は出来ないのである。

みんな、もっと地球の水を大切に使って欲しいと願う。

a0083222_10333786.jpg

↑雨水を溜める、我が家の雨どいと貯水タンク。

*****************************************
◎2008年2月から始めたマラコンサーバンシーのレンジャーをサポートする、「マサイマラ基金」にご協力ください!!

◆日本の寄付口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
三菱東京UFJ銀行 
大森支店 普通預金
口座番号: 1299787

◆郵便振替口座◆
「マサイマラ巡回家畜診療プロジェクト」
口座番号 00100-0-667889
※必ず「Mara Conservancy」と記入して下さい。


マサイマラ国立保護区を守る為のキャンペーンや資金集めに協力してくださる団体があったら、マラコンサーバンシーまで連絡ください。
Mara Conservancy
P O Box 63457
Muthaiga 00619
Nairobi, Kenya
Tel : +254 20 3749 632/6, 3749655/1/4/6/8
Fax : +254 20 3749636/3740754/3740721
Email: mara@triad.co.ke
<http://www.maraconservancy.com/>
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-06-18 10:34 | 滝田明日香 | Comments(1)   

使えそうな物を見直してみる/文:ルー大柴

ファックスの裏面をメモ用紙等に使っている人が増えてきていると思いますが、
私も家で使っています。そのメモ用紙に書く際に使うのは専らペンシル
つまり鉛筆と私は決めています。

エレメンタリーステューデント、
小学生の頃からポールペンやシャープペンより鉛筆が好きで、
銀色の鉛筆サック(今はレア)を使って小さくなるまで
使っていました(今でもそうです)。

また鉛筆専用のナイフ(ボンナイフ1個5円)も持っていて、
休み時間によく削ったものでした。
そうやって1本の鉛筆を、
「小さくなるまで無駄なく使いなさい」と先生に教わった記憶があり、
その時から鉛筆に愛着を抱くようになりました。

物が溢れ何でも手に入る時代になり、
まだ使えるのに途中で飽きて新しいものに変える(その分ゴミが増える)。
机や箪笥(たんす)の中にも、
昔買ったものの忘れて使っていない物が探せばよく出てくるものです。
たまに整理整頓をして、そういった使えそうな物を見直すようにするということも
インポータント(重要)なことだと思います。

それと夜景を見ていつも思うのですが、
イルミネーションやネオンに電気を使いすぎていないか? 
環境問題が問われている昨今少し自粛するべきでは……
例えば週に1日ネオンを半分にする日をつくるなど。
確かに夜景は綺麗だけど今の地球にはノーグッド、
発想をチェンジして何かを始めることが必要だと思います。

a0083222_1172090.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-06-10 01:18 | ルー大柴 | Comments(1)   

“モッタイナイ”から連想すること/トーク:KIKI

※4月30日に行われた『風とロックBAR~MOTTAINAI NIGHT第一夜~』での、箭内道彦さんとKIKIさんの対談トークから。以下、箭内道彦=(箭)KIKI=(K)で表記。

*********************************************
a0083222_1553113.jpg

箭:今日はMOTTAINAI NIGHT第一夜ですね。
これは2回ありまして、次がCharさん。1回目のKIKIさんは、MOTTAINAIがやっている
MOTTAINAI Labというラボがあって、もっとも新しい研究員がKIKIさんです。


K:そうなんです。正直、自分にどんな使命が与えられているとか、ちょっとわかっていないところがあって…。

箭:それを今日は皆さんの前で紹介できたらなと。

K:誘われ方もちょっと強引なところがあって。

箭:それはクレームですか(笑)。

K:NOとは言えない状況で誘われたんですよね(笑)。

箭:そうなんです。100%成功する人の誘い方があって、それは生放送のオンエア中に言うことなんです。KIKIさんの場合は、生放送じゃなくて収録だったんですけどね。放送中に「MOTTAINAI Labの研究員になってください」と言われたら、絶対断れないですよね。

K:「ぜひ!」と答えたんですよね。放送でもカットされずに使われていました。

箭:それは小山薫堂さんが関係しているラジオ番組なんですけど、小山さんを研究員に誘ったのも放送中だったんです。

K:それは生放送中?

箭:そう。J-WAVEの生放送中で。
薫堂さんの隣にクリス智子さんがいて、クリスさんも誘った。


K:そうやって増えていくんですね(笑)。

箭:それで少しずつ増えて行きます。

K:(笑)


箭:それで、KIKIさんが「もったいない」で連想することは何ですか?

K:うーん…普段の生活だと、使い捨てるものですよね。
最近は水筒やお箸を持ち歩くようになったけど、お店に入るとたくさんのお箸が出たりする。自分もお水の宣伝をしていますが、ペットボトルの使い捨てはどうなんだろうとか、日々思います。
あと建築が好きなので見て回っているんですが、見たかった建築がいつの間にか取り壊されていたりとか。そういう情報はアンテナを貼っているつもりでも耳に入ってこなかったりして。ものが壊されるのはいろいろな理由がありますが、壊される前にもっとなにかすべきだったんじゃないかと思います。それは「もったいない」なと。


箭:建築ね。建築って永遠のものじゃないんだ。

K:日本は無理ですね。地震があるから倒れたりとか。昔は先のことも考えて材料になる木材も育てていたと思うんです。昔は無意味な壊し方はしていなかったはずなんですね。例えば、伊勢神宮は20年に一度「遷宮(せんぐ)」するんです。

箭:遷宮って何ですか?

K:神様がいる社を隣の土地に20年に一度建て替える伊勢神宮の大祭のことなんです。

箭:20年に一度?

K:そう。建物を壊すのは「もったいない」と思うんですけど、神社の鳥居や建材になったり、修繕の材料になったりする。何回も同じ木材が使い回しされるんです。どこの木を使うかは20年以上前から考えていて、この建材がないと、ほかの神社で使える木材がないそうなんです。

箭:20年なんだ。

K:20年という期間がサイクル的にも適しているみたいですよ。

箭:ふーん。KIKIさんは建築学科を出て女優やモデルをやっているけど、建築はいつも気になってるんですね。

K:女優とモデルをやっているんですけど、モデルは仕事なんですよ。

箭:モデルという会社に勤めている感じ?

K:そうですね(笑)。楽しんでやってはいるんですが、これ以上にやりたいことたくさんあって、その中に建築がある感じで。ちょっと違うんですよ。

箭:へー。雑誌の連載でいろんなところに訪ねたりしてますよね。

K:「エココロ」でエコのワークショップや体験したり。あとはアウトドアの連載もあります。
それらも仕事なんですけど、本当に楽しいんです。


箭:すばらしいと思います。

K:楽しんで伝えないと、ちゃんと相手に聞いてもらえないんじゃないかなと。
自分で体験してろ過したものを伝えると、うまく伝わるんじゃないかと思うんです。


*********************************************

この続きはまた次回・・・。
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-06-05 15:44 | KIKI | Comments(0)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile