風とロックBAR【MOTTAINAI NIGHT】にKIKIとcharが登場!!

a0083222_1233078.jpg

クリエイティブディレクター箭内道彦さんの 『風とロックBAR』が期間限定オープン!!

渋谷パルコにオープンするバー『風とロックBAR』 の営業は、ゴールデンウィーク(前後)のたったの17日間!!
以前の店舗の内装をそのままに、工事前の仮囲いの中で“占拠営業(!?)”をしているそうです。

ドリンクは“ロック”のみ!フードは出前!!

そしてそして!!!!
MOTTAINAI NIGHTと題して期間中の二日間、箭内道彦さんとLab研究員の対談を行います!!


4月30日19時~はMOTTAINAI NIGHT第一夜!!
ゲストはMOTTAINAI Lab.新研究員になってくれた
モデルのKIKIさん!!!!

5月3日21時30分~はMOTTAINAI NIGHT第二夜!!
ゲストには、アーティストのcharさんが登場~♪♪♪

みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね~☆

a0083222_1263857.jpg


風とロックBAR
場所:渋谷PARCOパート1 / 7F レストランフロア内
営業時間:18:00 〜 24:00(予定)

*Lab.スタッフ*
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-29 12:37 | 箭内道彦 | Comments(1)   

アクションを起こさないのはもったいない/文:野口健

現在、ネパール・カトマンズに来ています。
清掃登山や年末年始も行った氷河湖の調査のためです。

いま僕が取り組んでいるのが、気候変動によるヒマラヤの氷河の融解にともなう氷河湖決壊の対策。昨年の「第1回アジア・太平洋水サミット」に引き続きこの問題を「2008北海道洞爺湖サミット」でも訴えていきたい。

洞爺湖サミットは、環境の変化で生命や生活の危機に直面している人たちの現状にスポットを当て、そこから具体的なアクションにつながるような、地球規模での取り組みにしなければいけない。当然ながら「環境問題に国境はない」ということをあらためて認識する必要がある。そのための第一歩のサミットといえる。単なる環境会議で終わらすことはもったいないことだ。

5月は「エベレストからベンガル湾」をテーマに現地を調査する予定となっている。環境の変化で急激に溶け出しているヒマラヤの氷河。その水がネパールからインド、バングラデシュ、最後はベンガル湾まで、どのような被害を起こしているかをこの目で確かめたい。

現時点では洞爺湖サミットでこのヒマラヤの氷河湖融解の問題が取り上げられるがどうかわかりませんが、最後までさまざまなアクションを起こしていこうと思っています。

a0083222_14172340.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-23 14:25 | 野口健 | Comments(0)   

温暖化:日本の可能性が見えないのはもったいない!/文:ペオ・エクペリ

エコに関する次の英語を聞いたことがありますか?
If you are not a part of the Solution, then you are a part of the Problem.
“あなたが 解決の一部 でなければ、あなたが 問題の一部 になる”

中立はない、という意味です。温暖化の場合、あなたはどちら側ですか?

「問題側」については、皆さんもうすでにいっぱい知っていると思います(ホッキョクグマの問題、日本での車のアイドリングの問題、南米やアフリカでの森林伐採・干ばつの問題)。

でも今回は、温暖化に関する「解決側」に立ちましょう! 
今月(4月)から温暖化を防ぐための約束「京都議定書」が始まっている。温暖化の問題になっているCO2を6%減らさないといけない。無理? いや、絶対可能!!

私とワイフは日本に住んでいる。
しかし、いまのライフスタイル(家庭+仕事+遊び)の中で、私たちはすでにCO2を60%減らすことを成功した! しかも、日本でのエコライフスタイルのお陰で24万円/年、節約できました。「日本では無理」というよりも、「日本、だからこそできる!」という「解決側」の話をぜひ皆さんに紹介したいです。

背景
私たちの一般的な「1日」を紹介します(例えば金曜日)。
苦しみながらCO2を削減するよりも、楽しみながら減らすこと。

しかも、京都議定書は大幅に達成!! 思うより簡単。

目標は「CO2を約1300kg削減/1人」=京都議定書(環境省/2004年)です。
各行動の数字は1年間の合計です。出典は国内や国外の政府・NGO・カーボンオフセット会社・消費者協会・大学です。

どう思いますか? 
私たちはCO2を約2000kg減らすために、苦しまなければいけないのでしょうか?
いいえ、苦しむ必要はありません。


おはよう! 約10kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:オーガニックベッド
a0083222_2294151.jpg


朝食!
約70kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:国産の朝食
a0083222_2302249.jpg


着替える
約25kgのCO2カット!
答え:オールオーガニック服
a0083222_233229.jpg


仕事
仕事へ
約266kgのCO2カット!
答え:車の代わりに、自転車通勤(週に3回)
a0083222_234594.jpg


好きなコーヒーを飲みながら、働く
約813kgのCO2カット! 
でも、どうやって?
答え:風力パソコン、ソーラーケータイ、リユースカップ(コーヒー)
a0083222_2345261.jpg


ランチタイム!
約413kgのCO2カット!
答え:オーガニックランチ
a0083222_237897.jpg


遊び
ワイフへの花!!
約164kgのCO2削減。
でも、どうやって?
答え:プレゼントやモノ、食品を買う時、
包装や箱を少なくする+No Bag!
a0083222_2393238.jpg


ワイフと一緒に映画へ行って、
その後、素敵なディナーやワインを!
約191kgのCO2カット!
答え:近くの映画館へ、
オーガニックワイン(月に1回)とベジタリアンフード
a0083222_2403589.jpg
a0083222_2414555.jpg


おやすみ!(ハイブリッドのタクシーで帰りながら約5kgのCO2カット!)


a0083222_2422748.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-21 02:51 | ペオ エクベリ | Comments(2)   

「メゾン・エ・オブジェ2008」のエコ情報(パリ編part4)/文:山田悦子

パリで年に2回開催される「メゾン・エ・オブジェ」。
ライフスタイル全般の見本市です。

その規模は、年々拡大し、
世界各国からライフスタイルに関わる
多種多様なメーカーが出展しています。
世界中から集まるバイヤーと熱い商談が
繰り広げられていました。

a0083222_2144955.jpg


今年のテーマカラーは、
「アクアブルー」(澄んだ海の中を思わせるような色)。

看板・ポスター・バッグ・パンフレット・スタッフの
ユニフォームにいたるまで……。
このカラーに込められた今回のメーッセージは「進化するエコ」。

a0083222_2133494.jpg

a0083222_214960.jpg


前回9月に開催されたときは、
全体に実はもっと「エコ」に偏ったものだったらしい。
が、そのときの反響は……
環境を考えること、取り組むくことはとても大切。
ただ、美しくなかったり楽しくない生活は持続しないし、魅力がない!
……という声が多かったのだとか。それが今回のテーマに影響を与えたという。

環境問題を意識しながらも、文化や美意識、伝統への敬意を持つ。
手仕事を感じさせつつ洗練されたデザイン。
暮らしに精神的な豊かさをもたらすスタイルの追求が今求められてる。

「エコ」……それは、いま全世界的テーマ。
国によって生活様式の違いはあっても
人が、心地よい感覚。反対に居心地の悪い感覚は、あまり差がないのかもしれない。
生活に密着した問題だからこそ、当たり前に取り組めることが望ましい。

誰もが大切だと認める「エコ」への取り組みも
できる限りたくさんの人達が気持ちよく、前向きに取り組める工夫が必要。
“環境重視”と“デザイン”のバランスがこれからのテーマのようです。

今回のPARIS「ふろしき大冒険の旅」。
たくさんの刺激とさまざまな気付きがありました。
「もったいない」を切り口に見つけたパリの横顔は、
新たな好奇心に火をつけ、またいつか……と秘かに夢見ています。

次回は「ふろしき講習会 in PARIS」
テーマはもちろん“もったいない!”を、実現したいものです。

a0083222_2152221.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-18 02:17 | 山田悦子 | Comments(0)   

Do you believe in Pink Bicycles? ピンク自転車を信じていますか?/文・ペオ・エクベリ

スウェーデンではエコ教育の中「何のためエコをやらないといけないの?」をよく聞かれます。
今回のコラムには答えは現れる...かもしれません。
以前の「オーガニックコーヒー」のつづき、

今回は「オーガニックジーンズ」と"ピンク自転車"についてです。


あなたの服と世界のつながりって考えたことがありますか?

例えば:
オーガニックでないモノを選ぶことは、
--->殺虫剤を使う農家が病気になる 
--->給料が減る  
--->子どもを学校へ行かせることができない  
--->教育を受けることができない  
--->貧しさから乗り越えられない...

...という結果になることも珍しくありません。
これは本当の意味で MOTTAINAI と思いませんか?


でも、この「悪MOTTAINAI循環」から逃げ出す方法は実際に思うより簡単:
私たちがオーガニックなものを選ぶ!
そして、もしエコな選択肢がなければ消費者として声を出すによってオーガニックなどの選択肢が増える可能性がビックリするほど高い!!

これは「ピンク自転車現象」と呼ばれています。
えっ?ピンク...何?
ピンク自転車現象!スウェーデンで習った「エコマジック」です。

例えば、あなたが好きになった人が、ピンク自転車に乗っているとします。
あれ?急に、あなたにとって街中あちこちにピンク自転車が現れてきませんか!
これはもちろん、ピンク自転車は急に増えたわけではないが、
ただ、今まであなたはピンク自転車を意識していなかっただけです。
でも、好きな人がピンク自転車に乗っているという理由であなたの頭の中の新しい「窓」が開いたのです。
これが「ピンク自転車現象」です。


エコもまったく同じ。
オーガニックな商品が見つからないとき、店の人に一言(声を出すこと):
「オーガニックのモノがありますか」と聞くだけで、店員さんの頭に新しい「窓」を作ります!
その店ではすぐにオーガニックのモノを導入しないかもしれないが...
いつか、新しい商品を仕入れるとき、「オーガニック」という言葉に気づく(あなたのおかげ)。
このきっかけでいつか店の人はオーガニックなものを導入するかもしれません。


数ヶ月前の話ですが、私とワイフはオーガニックジーンズを渋谷へ探しに行った。
海外のLEVI'sの場合(スウェーデン、イギリス、アメリカなど)では5種類ほどの女性用や男性用のオーガニックジーンズがあるって知ってる?すごいでしょう!
でも最近まで、日本のLEVI'sでは1種類もなかった。
そこで、いろんな人がLEVI's に「オーガニックジーンズを日本でも入れてほしい!」と伝え、今はオーガニックジーンズがある!
やった!!

でも...店に行ったら...何と、男性用のオーガニックジーンズしかない!ビックリ。何で?
僕はうれしかった(買った/写真)けど、ワイフはがっかり。
店の人に「女性もオーガニックの服への関心が高まっているからぜひ仕入れてください」という提案をしてきました。


私は実際は店向けにもエコに関する講演をします。
店のオーナーからよく言われることの一つ:
「ペオさん、私たちは新しいことをやりたいけど、お客さんは声を出さないので、何を望んでいるか分からない...」


Hmmm。
「ピンク自転車現象」って、思うより大事ね。
皆さんもぜひ日本を変えるため -いや、世界を変えるため- 
「ピンク自転車現象」を起こしませんか?

エコって、世界の人々の生活や命も助けるし、新しいエコビジネスにもなる、ゴミや温暖化に影響するCO2も少なくなる。しかも、ファッションの場合、自分の肌にも優しい。


a0083222_11353866.jpg

今年の秋頃、オーガニックジーンズも提供しているスウェーデン生まれの
ファッションショップが東京にオープンしますよ!H&Mという店です。
ピンク自転車は街中に増えるかもしれない!

a0083222_1136630.jpg

私たちのエコファッション:
party? オーガニック麻・ヘンプ(聡子)
casual オーガニックLEVI'sジーンズ(ペオ)、
business 麻、ヘンプ、コットン(シャーツはハイブリッドです:オーガニックコットン+ヘンプ)

a0083222_11372538.jpg

今月号のソトコトで僕は着ている服から靴まではすべて 「エコの基準」で選ばれた。
(写真:YUSUKE ABE/ソトコト4月号)
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-15 11:40 | ペオ エクベリ | Comments(1)   

豊かさ /文:守時タツミ

a0083222_134533.jpg

先月、仕事でロンドンに行った帰り、2,3日余裕ができたので、スロベニアに行ってきました。
イタリアの東隣で、首都リュブリャーナには日本人が20人ほどしか住んでいないような国です。
そんな国に妹が仕事で行って早12,3年。
子供も大きくなったようなので、たまには、行ってやろうと思い、ロンドンから飛行機で2時間。
英語もほとんど通じない国に行ってきました。
だんなさんは舞台役者で、ホントに太陽のように明るい人。そんなだんなさんと2人のわんぱくなちびっ子と楽しく暮らしてました。

リュブリャーナの街は、半日プラプラすれば一通り見れる、そんな大きさですが、車で1,2時間走れば、絵に書いたような地中海の海岸や、鳥の音しか聞こえないような静かな湖に行くこともできます。
アルプス山脈も目の前にで~んと横たわってます。
プラズマテレビやiPODや携帯が普及してるわけでもなく、子供たちがテレビゲームで遊んでるわけでもありません。
でも、この国のこどもたちの笑顔が素敵だったのがとても印象に残ってます。
日本は世界でも有数の豊かな国。
でも何が本当に必要で、何が不必要なのか、ときどき考えてみるのもいいかもですね。

a0083222_134345.jpg


******************************************
<Labスタッフからのお知らせ>
守時タツミさんがスロベニアで出会った子どもたちの声や、街の写真が『MOTTAINAI SOUND』で、見ること&聴く事が出来ます。
ぜひ一度ご覧になってみてください♪

******************************************
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-09 13:07 | 守時タツミ | Comments(4)   

パリで見かけたエコ今昔(パリ編part3)/文:山田悦子

もともと、パリのスーパーマーケットのレジ袋は薄手のものが主流。

紙袋(しかも半端じゃないほど大きく、持ち手のないタイプ)も
抱えるように持つスタイルのものなどを多く見かけたのですが、
今は街中のショップのディスプレーにも軽量型ショッピングカートや
エコバッグなどが見られたり、百貨店の老舗モンマルシェでも、
エコバッグがレジ横で売られていたりと、エコムードは高まっている気がしました。

a0083222_510030.jpg
a0083222_5103917.jpg


さて……もうひとつ。
今に始まったことではないと思いますが
おもしろいエコ?として見つけた、
パリジャンのもったいない精神の素敵なアイディア!

行列ができるほど人気のビストロ
100年以上の歴史があるとか。
古きよき時代のパリを思わせるこの店の
もったいないスタイルは、これ!

a0083222_5112325.jpg


「ボンソワー、マダム! ご注文は……」と来て
オーダーをしたメニューを、
髭の紳士は、ペンを出してペーパークロスに書いたのです!
わーびっくり!

a0083222_511427.jpg
a0083222_5122081.jpg


チェックのテーブルクロスの上に敷かれたの紙のクロスは
“クロス”兼、“オーダーシート”……。

運ばれて来るたびに、チェックされ
最後のお会計ももちろん 
「これは●●ユーロ。これは●●ユーロ。トータル●●! 
メルシームッシュ+サイン入り」でした(笑)

もうその頃には、パンくずやスープのしみが付いたペーパークロスも
お役目ご苦労様……の状態でしたが、
下のチェックのクロスは大丈夫! きれいなままでした。

私たちが席を立つと、そのペーパークロスはサッと丸められ
次のまっさらなペーパークロスが敷かれました。
なるほどね……。

日本では思いも付かない“もったいない”のアイディア。
ライフスタイルが違うといろんな発見があっておもしろいですね。
“テーブルクロスを敷くのが日常の国”ならではの発想。

やっぱり昔からのスタイル、長く続いているスタイルには知恵があるんですねー。
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-07 05:19 | 山田悦子 | Comments(1)   

私たちにもできるエコの取り組み方/文:ルー大柴

先日、福井テレビの「い~ざぁええDay」というプログラムで、
ある一流企業のファクトリー(工場)を訪ねサプライズしました。

そのファクトリーはエコ対策に取り組み、資源分別ステーションなるものを設けて、
従業員に産業廃棄物を含めた全てのゴミを100%リサイクル、
ゴミの細分化が不可欠と呼びかけ実行しています。

そのときに素晴らしいなとフィールした、
私たちにもできる取り組みをいくつかイントロデュースします。

1.文房具を複数の従業員共用でユーズ(余分な文具が出ないように)
2.ゴミ箱は一人一人に1つでなく、部に1つ(余計なゴミを出さないように)
3.蛍光灯を間引く(省エネ)
4.家庭での電気使用表を会社に持って行き、前月よりも使用料が減っていると会社からその分お金をもらえる

など……。

職場でエコを楽しみながら覚えて、家に帰ったら家族でやって、
それが地域に広がってもらいたいとの事でした。
このファクトリーのエコに対しての取り組みに頭が下がりました。

会社が率先して環境問題に取り組み、従業員とその家族にもそれを伝える。
ワンダフル&ビューティフルなことですね!!

a0083222_13133897.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-03 17:22 | ルー大柴 | Comments(0)   

もったいないレシピ『余ったカレーで何を作る?』/文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。
エコ料理研究家の島本美由紀です。
あ、今月からエコという言葉をつけてみました。(笑)

先日撮影で言われた言葉。
ロングの髪をバッサリショートにした私に、
「先生髪を切ったんですね~。エコですね~!」だって。
「髪を切るとエコなの~!?」と、何も考えていなかったのでその言葉にびっくり。
髪を切れば、髪を洗う時の水も少なくてすむし、シャンプーの量も少なくてOK!
すぐに乾くからドライヤーの時間も短くていいの。
本当に髪が短いことで、知らずにエコなことをしていたのだと感動!
みなさんも夏に向けてばっさり切ってみてはいかがでしょうか?

さて、以前ブログの書き込みに、余ったカレーで何を作ったらいいでしょうか?というお便りが。
なのでカンタンにできる提案をしたいと思います。

余ったカレーをドリア風にしてみてはいかがでしょうか?
写真は、カレーとご飯を混ぜて器に。飾りでマヨネーズと茹で卵を乗せただけ。
子供が喜びそうなメニューに!
a0083222_11394155.jpg


上記アレンジとして、アスパラやトマトなどを乗っけてチーズと卵を乗っけると
半熟卵がおいしいカレーチーズグラタンになります。

そのほか、
・ご飯と混ぜたものを小さく丸めて、ライスコロッケに!
・オムレツにかけてソース替わりに。
・お豆腐にかけてチーズを乗せてカレーの豆腐グラタンに。
・カップ麺に入れればカレー味に!
・マカロニとマヨネーズを加えてサラダに。
・カレーにヨーグルトを混ぜてチキンを漬けこみオーブンで焼けば手軽タンドリーチキン風に。

多分カレーの余りレシピなら、100~200個はアイデアが出る私です。
みなさんで、かわいい、おいしいもったいないレシピでブームを起こしましょう!
まずはカレーから始めてみませんか?
[PR]
   by mottainai-lab | 2008-04-01 11:40 | 島本美由紀 | Comments(2)   

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile