MOTTAINAIふろしき活用法 vol.1

文/山田悦子

MOTTAINAI labからお届けする、ふろしき活用法。
vol1[FUROSHIKI de OKAIMONO]を
今日はご紹介しましょう。

レジ袋の有料化にともない、
お買い物のシーンで環境を考えることも多くなりそうですね。
家庭ごみの約60%が包装紙材にともなうものだとも聞きます。
先日落語で面白いお話を聞きました。
・・・・昔は納豆も納豆屋さんが「納豆―え。納豆。」って売りに来て、
ほしい分量だけ手持ちの器に入れてもらい、
カラシが必要ならほしいだけ、へらで器のはしにつけてもらったもの。
どんなに買っても一つのゴミもでなかった!
それが今や、1人分ずつパックに入っていて、
開けるとカラシやだしがそれぞれビニール袋に入ってて、
おまけに大体3個の容器がセットになってまたまた包まれてる。
・・・・うーん!食べる納豆よりもゴミの方が多いよね。」というお話。
・・・ハハハ。と笑いつつ、これって笑えないなーってあらためて思いました。
みなさんどうですか?
ちょっと意識すると身の回りにも見えてくることがいっぱいありそうでよね。

そこで、vol1[FUROSHIKI de OKAIMONO]対策。
ふろしき一枚で出来ることから始めましょう。

ふろしきは、コンパクトにたためるのが何より便利。
BAGの底に入れておきましょう。
会社帰りや、不意なお買い物でスーパーに立ち寄ったとき、
このふろしきが大活躍!です。
(この場合、二四巾約90cmや三巾約104cmのものが適当なサイズです。)

①いつものようにお買い物・・・・レジカゴ一杯!
②さあ!レジカウンターまで来ました。そこでふろしきの出番です!
③カウンターの空のレジカゴの方に、
 「ちょっと敷かせてください!」とふろしきを広げましょう。
a0083222_2172788.jpg
















④そこに、お店の人は重いものから順に丁寧に商品をおいてくださるはず。
a0083222_2182531.jpg
















⑤代金を精算後、場所を移ったらふろしきの隣同士の端を2ケ所結ぶと
・・出来上がり!
a0083222_2191258.jpg
















⑥ビニールのレジ袋も使わず、入れ替える手間も時間も要りません。
  そのまま持ち上げるとほら!ふろしきBAGになっています。a0083222_219538.jpg






























a0083222_21101341.jpg




























中身も透けて見えないし、なによりゴミの代わりにポイント
(袋持参の)をしっかりためてください。(笑)
いかがですか?このエコ対策。気負わず出来そうでしょ! 
是非お試し下さい。ではまた。

山田悦子
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-28 21:18 | 山田悦子 | Comments(2)   

僕のMOTTAINAI自慢

文/ハセベケン

MOTTAINAI LABブログ、2度目の登場っす。
MOTTAINAI LABの研究員ということもあり、
このプロジェクトに関わるようになってから、
自分の生活や仕事の中で、
「あっ、これMOTTAINAIネタになるな。」とか考えるようになっています。
これ、結構楽しかったりします。
自分にちょっと出来ること、出来たことを発見して、悦に入っています。
簡単に言うと
自分の中で小さなMOTTAINAIキャンペーンをしている感じです。
今回は、僕のMOTTAINAIプチ自慢っす。

この春くらいから、マイバッグとマイ箸を持つようになったんですけど、
特にマイバッグはダイブ活躍しています。
今では、マイバッグを持ち忘れてコンビニに行くと、
レジ袋を貰わず、商品を裸で持って帰ってくることもしばしば。
感覚的な数値だけど、僕のレジ袋を使う数は半分以上、
7割弱減くらいな感じです。これ、なんの苦痛もなく、
大変なこともありません。世の中の人みんながやったら、
全体の5割削減もそんなに難しいことないんじゃないって思います。

とはいえ、マイバッグとマイ箸を取り出す場面では、
最初は何だかちょっと恥ずかしかったっす。
ちょっと照れくさい感じで、レジの人の目は見れずに
「袋はこの袋に入れて下さい。」とお願いしていました。
でも、今となっては、マイバックを取り出す瞬間、
もう自然に?みたいな感じで、サラリとやっています。
ささやかな自己満足感に満たされています。
慣れとは恐ろしいっす。マイバックを持ち忘れていると、
何だか悔しく、忘れ物したなぁという感じになっています。
イイ感じっす。

一方、マイ箸は、3割くらいの稼働率です。
僕、麺類が好きなんですが、
麺類は割り箸の方が食べやすいんですよね。
特にうどんは割り箸の方が食べやすい。
ついついマイ箸を使うのを躊躇ってしまいます。
でも、何だか罪悪感も少々残るんです。
今後の対応策としては、
麺類を食べやすいマイ箸を持つしかないかと思ったりもしています。
すっかりMOTTAINAIの術中にハマッテいます。
それもよしです。研究員にもなったことだしね。

最後に、最近の自慢できる大掛かりなMOTTAINAIについては、
この12月5日から表参道にて、
8年ぶりに復活する新イルミネーション、
名づけて表参道akarium(http://akarium.jp/)でも、
その考えを取り入れています。
a0083222_2482615.jpg













欅を傷つけずに、
明治神宮の参道という表参道のアイデンティティを見つめなおし、
消費電力にも気を配った街の灯りを演出できないかという課題で、
このakariumを考えてきました。コトバでの説明はなかなか難しいので、
是非、期間中に表参道に足を運んで頂ければ
(遠方の方には公式サイトでライブ映像が見られます。
また、サイト内には灯りを操作できるシカケもあったりもします。
←これ、スゴイでしょ。。)と思いますが、
欅にライトを巻きつける形は辞め、
街路灯を高さ6メートルの行灯
(これをakariと呼ぶことにしました)に改装し、
表参道をやさしい灯りで照らすものになりました。

消費電力についての考慮は、
「akari」の直方体をした光る部分はLEDが使われており、
消費電力が大幅に抑えられます。試算によると
既存の街灯1本当たりの1日の電力消費量4.875kwhに対し、
「akari」は3.023kwhで、電力消費量の削減により、
期間中60基合計で約1.4トンのCO2が削減されることになります。
普通の街路灯より、あの大きな「akari」の方が、
消費電力が少ないなんて、マジでビックリっす。
大掛かりな光のイベントをやるのに、
通常より消費電力が少ないなんてMOTTAINAI的な感じでしょ。
えっへん!

写真は、試験点灯時の模様です。
1基のみなので、ずらりと表参道に並んだ姿をご想像下さい。
今年は全部で60基の予定です。

ハセベケン
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-26 02:51 | ハセベケン | Comments(0)   

もったいないの罠がそこにある。

文/箭内道彦

3年半前、13年勤めた会社を辞めて独立した。

一生勤める気がしていた会社だった。
まるで学校を卒業するように次々と独立していく優秀な先輩達を
後悔させてやろうといつも思っていた。
「会社にいたほうがこんなに自由で面白いよ」と。
「だったら辞めなきゃよかったのに」と。

いい会社だった。
金髪頭と派手服を笑って許してくれた。
一ヶ月以上会社に行かずに外で仕事してても、
誰も何も言わなかった。
上司も部下もいないたったひとりの部署をつくってくれた。
大きな仕事もろくにしてない僕なのに、本当に可愛がってくれた。

社内報に取材されて一生辞めません宣言をした数日後、
突発的に僕は退職の決断をした。
局長と衝突したわけでも、金儲けをしてみたたくなったわけでも、
新しい環境に身を置いて自分の力を試してみたくなったわけでもない。
「自分の中に流れている時間」と
「会社の中を流れている時間」
ふたつの時間の速度差を決定的に感じてしまったのだ。
そのことだけがある日突然どうしても我慢できなくなってしまった。

その日僕は
「この会社をもっとこうしたい。こうすべきです。」と
ある重役(僕を一番応援してくれていたとてもいい人)に訴えた。
辞めた人がもっと後悔する会社にしていくために。
その重役は言った。
「うん、よくわかる。箭内、あと5年待ってみろ。会社は変わるぞ。」と。

え?

僕が5年後、生きている保証は誰もできない。
すでに60歳近くまで生きたその人に言われても
僕には何の説得力も感じれなかった。
そのたった一言だけがきっかけだった。
今すぐやりたい、
やらなきゃいけない
ことが頭の中にドボドボと溢れ出し出した。
焦った。
時間がもったいないと。
その会社の時間はとてもゆっくり流れていた。
言い返す気さえ失せる程に。

明日は無いかも知れないと思って生きることと
自分に5年後10年後20年後があると当然のように考えること
どっちが正しくて正しくないかなんてわからない。
もちろんそれはそれぞれの選択。
僕は時間がないと思った。
もったいないと思った。
ゆっくり生きるのは。

「もったいない」が僕の背中を押してくれた。
すぐに「退職金支給願」を提出した。
(その会社に「辞職願」や「退職届」~よくドラマにでてくるような
はない。それがほんのちょっとだけ屈辱的。
ちなみに退職金は13年で312万円、
事務所設立にすべて消えました。)

何の計画も
何の勝算も無かった。
ああ、辞めるってこんなあっけないんだあ
と無感情に思ったのを覚えている。

今でも好きな大好きな会社だった。
辞める時、何人かの人が心配して言ってくれた。
「せっかく入った大きな会社を辞めて不安定な世界に行くなんて
もったいない。」と。

もったいないの罠がそこにある。

箭内道彦
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-23 12:31 | 箭内道彦 | Comments(2)   

MOTTAINAIレシピ

文/島本美由紀

冷蔵庫に余った野菜でもう1品。
今回は、簡単余り野菜のピクルスを紹介します。
皮付きのまま食べられ、
彩りもキレイなのでおもてなしにも向いています。

余り野菜のピクルス
a0083222_15151446.jpg





















(材料)
きゅうり   2分の1本
にんじん   60g
赤ピーマン 4分の1
大根     60g

(液) 
白ワインビネガー  50cc
水          50cc
塩          小1
砂糖         大2
黒粒コショウ     適量
あれば赤唐辛子・ローリエ 1枚

(作り方)
①きゅうりは4cm長さほどにし、縦4等分に切る。
②にんじん・大根も皮つきのまま太めの短冊切りに。
  赤ピーマンは乱切りにする。
③液をよく混ぜ合わせておく。
④熱湯に塩少々を入れて、固めの野菜からさっと塩茹でする。
  水気をよく切って熱いうちに、液に漬け込む。

※翌日から食べられます。日持ちは1週間ほど。

島本美由紀
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-21 15:17 | 島本美由紀 | Comments(0)   

MOTTAINAIで連想すること・・・

文/野口健

まずは僕とMOTTAINAIキャンペーンとの関わりから。

今年9月に富士山、青樹ヶ原樹海で
『企業対抗!MOTTAINAI富士山ゴミ拾い大会』を開催しました。
28社127名が集まって、
どの企業が最もゴミを回収できるか競うというもの。
富士山の清掃活動は7年間やってきましたが、
競いながら清掃するというのはこれが初めて。

どうなるのか楽しみにしていたのですが、
結果は・・・・異様な盛り上がり!
普通はだいたい1時間くらい清掃していると
みなさん疲れてだらだらしてくるんですが、何しろ企業対抗。
勝負がかかっているので、
選手(?)は最後の10分まで必死になって回収していました。
樹海に座り込んでゴミを一生懸命掘りおこしている光景は、
まるで雪崩に飲まれた遭難者を探すかのような迫力!
すごかったです。
ゴミ拾いというのは一般的にとても地味ですが、
地味なことを地味にやっても面白くない。
そういう意味でもこの企業対抗ゴミ拾い大会はとてもよかったと思います。

次にやってみたいのが、樹海での早慶戦。
いま富士山の清掃活動に早稲田の学生が沢山参加してくれているので、
ぜひ慶応の学生にも参加して欲しいと思っています。
実際に声もかけているのですが。実現する日はくるかな・・・?


さて。
「もったいない」というと
「ケチくさい」「カッコ悪い」というイメージがあるかもしれない。
しかし、僕は「もったいない」は「カッコイイ」と思っています。

僕がイギリスにある高校に通っていた頃の話。
そこの校長が、確かジャガーだったと思うんですが、
古いイギリスの高級車に乗っていたんです。
若い頃にムリして買ったのか、中古で買ったのか。
とにかくその古いジャガーを大事に大事に磨きながら、
おそらく20年以上乗っていたんじゃないかな?
なにしろ古いので音がボロボロいうんだけど、
大切に磨いて乗っているその校長の姿を、
高校時代の僕は「カッコイイなーー」と思って見ていました。

イギリスはスーツやジャケットの肘の部分に革をあてている人が多い。
なぜかというと、みんなスーツを買うと長――――く使うので、
肘の部分が擦れてきてしまう。
擦れたら革をあててまた大事に使う。
靴のソウルもよく張り替えて使っています。
(そういえばチャールズ皇太子は
30年以上も履いている靴があるとか・・・・!!最近本で読んだ話)
そういう文化の中で暮らした経験からか、
いいものを買ってどれだけ長く使うか、
そこにカッコよさを感じる。
何かモノを買ってパっと捨てる。また買って捨てる。
これじゃあカッコ悪い。
“買い物をする側の責任“というものがあって、
「もったいない」を実践することもその責任のひとつだと思う。

いいものを買って大事に長――く使う。
それを実践すべく、学生の頃、
当時の全財産50万円をはたいてあるものを買ったのですが…
その話はまた次回!

野口健
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-19 11:42 | 野口健 | Comments(0)   

MOTTAINAIで連想すること・・・

文/永田哲也

1.身体の大切な部分の丸い玉。
  しっかりと掴んでおかないと両の手から滑り落ちてしまう玉。
2.手中にあるときは気にならず、手放すと無性に悔やまれる記憶。
3.子供の頃はアイスクリーム。
  大人になると絶好のチャンスなどに化ける。

他に親の愛、妻の存在など。
持体内とも書く。

永田哲也
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-15 19:09 | 永田哲也 | Comments(2)   

MOTTAINAIで連想すること・・・/文:寄藤文平

連想というのは、毎度変ってしまうので、
今の時点で連想した事を書こうと思います。

今、頭に思い浮かんでいるのは、
小学校5年生の遠足の日の朝です。
母はかなり早起きをして、遠足用のお弁当を作ってくれました。
「文平、できたよ。」と言われて見に行くと、
その弁当は、母親史上最高キレイな仕上がりで、
母の顔にもそこはかとない達成感がみなぎっていたのを覚えています。
特に銀紙の中でツヤツヤと輝くピンク色のゼリーが最高。

a0083222_902983.gif
















「うわぁ・・・」と思った次の瞬間、
僕は手を滑らせてその弁当を落としてしまった。
なんであそこで手が滑ったのか。
さっきまでツヤツヤだったゼリーはビチャビチャに飛び散って、
海老フライのソースと混ざってドス黒くなって、
キッチンの壁をナメクジみたいにずり落ちました。

あの瞬間はもったいなかった。
今思い返してももったいない。

もったいなすぎて、僕は落ちたゼリーを集めて銀紙に戻して、
元の弁当に戻そうとしけど、絶対に戻らなくって、
母に「いいよ。文平。すぐ作れるよ。」と言われて泣けた。
ホントに良く出来た弁当だったのになぁ。
あの達成感に満ちた母親の顔も、ピンクのゼリーも、
なにもかも指の先が滑っただけで全部ブチ壊しになってしまった。

「もったいない」はせつないです。

寄藤文平
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-13 09:03 | 寄藤文平 | Comments(3)   

MOTTAINAIで連想すること・・・


写真/内田将ニ

a0083222_22571774.jpg

                   MOTTAINAI
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-10 23:00 | 内田将二 | Comments(2)   

ベトナムの子供達に


文/島本美由紀

世界がもし100人の村だったら・・。
いつもその番組を見ては、胸が締め付けられる思いの私たち。
今、私たちができることはなんだろう・・・。

去年、私達は自分達にできることはなんだろうと考え、
「まずは行動すること。」という答えを出しました。
旅が好きな私たち。
訪れる国は発展途上国が多く、
ストリートチルドレンにまじかで接してきました。
親のいない子供達、家を失った子。
勉強がしたいのに、なかなかできない子。
そんな子供達に何をしてあげよう・・。
私も若いときに母を亡くしたので、
親のいない子供の気持ちはとてもよく分かるのです。

そうして私達夫婦が旅に出たのは、カンボジアでした。

日本からカンボジアの孤児院に連絡を入れ
文房具を持って行くことにしたのです。
私のブログで呼びかけて、
たくさんの人たちからも文房具をいただきました。
それを2人で運び、
自分達の手で子供達に渡してあげたかったのです。
子供達はとっても喜んでくれました。

a0083222_22555227.jpg


そして、今年も実行に移すことにしました!!
旅費はもちろん、自分達のお金です。

今回選んだ国はベトナム。出発日は11月25日です。
みなさん、枯葉剤を知っていますか?
ベトナム戦争に参加した兵士が、枯葉剤の被害を受け、
その子どもたちに知的障害や身体障害が出ています。
現在枯葉剤による被害者数はベトナム全土で子ども50万人、
大人をいれて200万人といわれています。
べトちゃん・ドクちゃんという名前を出したら、
想像がつきやすいですよね。

私達は、そんな枯葉剤の被害にあった子供達がいる養護施設に、
行くことに決めました。
そこで、今年もみなさんに文房具やタオルなどの寄付を
お願いできたらと思っています。
勉強したくてもできない子供達。体の不自由な子供達。
貧しい子供達がベトナムにはたくさんいます。
そんな子供達に文房具を寄付していただけたら。
また、この平和村には障害を持った大人の方もいます。
子供だけではなく大人が喜ぶものでもかまいません。

もしも会社のボールペンやタオルなど、
未使用のもので30個以上あったら、いただけませんか?
頂いたものは私たちが責任を持って、子供達に届けますので。
ただ、子供達へは別々のものをあげると、
けんか(差別)になってしまいます。
同じもので要らないものがあったらぜひお願いします。
また、1~2個しかないけど、使ってないから渡して欲しい!
お金を合わせてこれを買ってあげたい。
など、そんな気持ちももちろん喜んで。
30個以上のものは子供達に。数の少ないものは、
子供達のために学校や先生に渡して使ってもらおうと思います。

使ってないものって結構ありますよね。
それを必要としている人たちに渡さないのはもったいない。
そして、せっかく何かしてあげたいと思っているのに
行動に移せないのももったいない。何かをしてあげたい。
その心&気持ちを持っていけたらなと思っています。

・・参考までに、喜びそうなもの・・
文房具
(画用紙やクレヨン、エンピツ、ノート、消しゴム、色鉛筆など。)
折り紙、ポーチ、タオル、ハンカチ、風船、石鹸や日常品も喜びます。

みんなで広めるMOTTAINAI運動。
ぜひ、その第1歩をベトナムの子供達にプレゼントしていただけませんか?
お問い合わせ・ご連絡は下記まで、どうぞよろしくお願いします。
to-dear@nifty.com
私の公式ブログでも紹介してあります。
http://ameblo.jp/m-yokubari/

島本美由紀
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-09 22:58 | 島本美由紀 | Comments(5)   

MOTTAINAIで連想すること・・・

文/黒田昌郎

私は、アニメーションの監督の黒田昌郎(クロダヨシオ)といいます。
最近は、本業の作品制作を怠けて、若者の指導をしています。
MOTTAINAI Labの発足、楽しみです。

今つくりたいアニメーションがあります。
一昨年、私は「雲の学校」という一時間半の作品をつくりました。
埼玉県、東松山を舞台にした母と子の生活を描いた
打木村治氏の原作のアニメ化です。
明治後半の武蔵野の生活です。
そこには日本人の原風景があり、
日本人が育ってきた生活そのものがあります。
今世界中で環境汚染が起こっています。
環境の浄化とともに精神の浄化を考えたいと思います。
日本の風土の中で、
私たち日本人が育った精神的なもろもろを
作品に残していきたいと思っています。
四十年近く、世界名作劇場で世界を舞台の作品を作ってきました。
これからは、日本を、自分の子供時代の日本を若者へ送っていきたい、
こんなことを考えています。

黒田昌郎
[PR]
   by mottainai-lab | 2006-11-08 11:35 | 黒田昌郎 | Comments(1)   

CALENDAR

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile