故郷レシピ・ほうとう(山梨県) /文:島本美由紀

こんにちは。
料理研究家の島本美由紀です。

ぴゅ~と北風が吹くこの季節。だんだん寒さが厳しくなってきましたね。
この時期、食いしん坊の私が食べたくなるのが、温かいうどんや鍋。
中でも1番好きなのが、山梨県の郷土料理でもある「ほうとう」なんです。
ちょっと太めで食べ応えのあるうどんに、野菜がたっぷり入った味噌味の鍋。
想像しただけでお腹が空いてきた。(笑)

うまさの秘訣は、なんといってもかぼちゃではないでしょうか?
かぼちゃの甘味が味噌スープに溶けだし、濃厚な味わいに。
根菜にもしっかり味が加わるので、野菜がたっぷり食べられるんです。

今日は私が好きな「ほうとう」レシピを紹介します。
特にかぼちゃが入ったほうとうは栄養価が高く、寒い季節には体を温めてくれますよ。
山梨県に旅行に行ったら、ぜひ、食べてほしい郷土料理の一つです。
ぜひお家でもその味を味わってくださいね。

a0083222_11315379.jpg

<材料>
ほうとう  200g
豚バラ肉   150g
かぼちゃ   6分の1個
大根     150g
人参     2分の1本
ごぼう    2分の1本
小松菜    3分の1束
しいたけ   3枚
しめじ    2分の1房
油揚げ    1枚
だし  1.3ℓ
味噌  50g
醤油  少々
みりん 小1
酒   小1

<作り方>
(1)かぼちゃは1㎝厚さに切り小松菜は3㎝長さに切る。
(2)大根はいちょう切りに、人参は2㎝厚さに切って、型で抜く。
(3)ごぼうはささがきにして水にさらす。しいたけは千切りに。しめじは房を切ってほぐす。
(4)油揚げは油抜きをして短冊切りに。豚肉は食べやすい大きさに切る。
(5)だしに醤油、みりん、酒を入れてかぼちゃ以外の具を入れて火にかける。
(6)沸騰後5分ほど煮たら、ほうとうとかぼちゃを入れて8~10分ほど煮る。
(7)最後に味噌で味付けをして小松菜を入れていただく。
[PR]
   by mottainai-lab | 2007-11-28 11:33 | 島本美由紀 | Comments(1)
Commented by くまたん at 2007-11-29 12:56 x
いつも写真がきれいで本当においしそう。
寒い冬も、おいしい料理で体はあったまりますよね。
ぜひ作ってみたいと思います。
いつか私の故郷の味も紹介されるのかなと、楽しみにしています。
  
<< ふろしき生活V5&V6・文:山田悦子 房州団扇/文:永田哲也 >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile