故郷レシピ(6)五平餅 /文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。料理研究家の島本美由紀です。
ドライブインや道の駅などでよく見かける「五平餅」。
全国的に広まっていますが、実は「五平餅」は、木曽・伊那地方、飛騨地方や三河地方などに伝わる郷土料理なのです。
今回は、この「五平餅」のお話をしたいと思います。

その形や味は地方ごとに特色がありますが、
五平餅とはご飯をつぶして味噌をつけて焼いたもの。
神前に供えた御幣(ごへい)の形をしているところからこの名がついたと言われています。
(「御幣餅」と表記して売っているところも)
また、五平さんという人が考案してこの名がついたという説もあるんだとか。

お米が庶民にとって貴重だった時代(江戸時代ごろ)、米祭礼や祝い事のときには欠かせない晴れの日の食べ物として捧げられ食べられていたそうです。
味噌には、お好みでごまやクルミなどを混ぜると風味もよく、素朴ながらも香ばしい五平餅ができあがります。
ぜひみなさんもレシピを参考にして作ってみてくださいね。

<五平餅>
a0083222_16582886.jpg

【材料】5本分
ごはん         2合分
赤味噌         100g
砂糖           100g
水            50cc
すりごま         5g

【作り方】
①赤味噌・砂糖・水・すりごまを鍋に入れて火にかけて、
 中火で練りぽってりとしてきたら火を止める。

②ごはんが炊き上がったら、熱いうちにすりこぎなどでつぶす。
 お米の粒がつぶれる程度までつぶして、5等分に分ける。

③つぶしたごはんを割り箸などの棒に、巻きつけるようにして形を整えながらつけて、
 ①の味噌を全面に塗り、魚焼グリルやトースターで表面をこんがりとするまで焼く。
[PR]
   by mottainai-lab | 2007-09-10 16:58 | 島本美由紀 | Comments(2)
Commented by 北辰 at 2007-09-12 00:55 x
岐阜の東濃地域に住んでおります。

今年の夏は、町内会&庭先BBQで五平餅作りました。もちろん炭火で^^
大人も子供も笑顔になれる食べ物ですね。

親子合わせても30人くらいしかいないのに、6升分の五平餅。。
食べきれずに、あぁモッタイナイ。。
炎天下の炭火担当。いくらビールを飲んでも、全部汗で出てっちゃう。

あぁモッタイナイ。。(笑)

Commented by しまもとみゆき at 2007-09-12 17:39 x
大人も子供も笑顔になれる食べ物だなんていいですね~。
しかも炭火だなんてますますおいしそうで顔がゆるんじゃいます。

炭火担当だなんて、ビールが全部汗になっちゃいますね。
本当にモッタイナイ(笑)

  
<< 故郷レシピ(7)冷汁 /文:島... もったいなくて捨てられないもの... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile