故郷レシピ4) いかにんじん /文:島本美由紀

みなさん、こんにちは。料理研究家の島本美由紀です。
前回に引き続き、福島県の郷土料理をご紹介します。

今回は、「いかにんじん」
聞きなれない名前ですが、地元では有名なお料理だそうです。
友人のお家では、昆布などのダシは使わずに、スルメイカの風味だけで味わうんだとか。
具材はスルメイカとにんじんだけで意外とシンプル。
細切りのスルメイカが売ってなければ、はさみでスルメイカを切って作るそうです。
彼女は、「子供のころよくお母さんに手伝わされて切ったよ~。」と話してくれました。

そういえば、私もよく子供のころ台所でお母さんやおばあちゃんのお手伝いをしたな~。
お母さんのお手伝いと言えば、土手に行ってヨモギやつくしなどを一緒に取りに行ったこと。
「小さめの葉を取ってね。」と言われても、ついつい大きいものの方がえらい感じがしちゃって、小さめの葉なんて摘まなかったんだよね・・。
大人になって、小さい葉のほうが柔らかくておいしいと知りました。(笑)

韓国のおばあちゃんのお手伝いは、チヂミやジョンを焼くこと。
これ、韓国では子どもたちのお仕事なんです。
お正月にはたくさんの親戚や知人が集まるので、12月31日は朝から晩までホットプレートの前でひたすら焼く。おこずかいもらえるから必死になって焼いてましたよ。
楽しい我が家の食の思い出です。
みなさんにも、お手伝いした食の思い出があるのではないでしょうか?

話しがそれてしまいましたが、福島の郷土料理楽しんで作ってみてね~。

a0083222_14184455.jpg


いかにんじん
【材料】
人参           1本
スルメイカ        1/2枚
だし汁          150cc
醤油           大さじ3
みりん          大さじ2
酒            大さじ1

【作り方】
①人参はやや太めの千切りにして、熱湯をくぐらせてから冷水で冷やししっかりと水気を切る。
②スルメイカははさみで細切りにする。
③人参とスルメイカを厚手のポリ袋に入れて、だし汁・醤油・みりん・酒を加えて閉じ、
 袋のままもんで冷蔵庫で半日~1日おく。
[PR]
   by mottainai-lab | 2007-07-23 14:19 | 島本美由紀 | Comments(1)
Commented by はるちゃん at 2008-01-05 21:13 x
はじめまして。
いかにんじん を検索してこちらにたどり着きました。

いかにんじん は、わたしは、にんじんを熱湯にくぐらせず、だし汁も使わないのですが、わたしの友人は、にんじんをサッと茹でるそうで、そういう作り方もあるのだな と勉強になりました^^
  
<< ヤオンのモッタイナイ /文:char MOTTAINAIエコ偏見 -... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile