安藤美冬のMOTTAINAIブログ vol.11

a0083222_1619250.jpg


「アイデアは移動(距離)に比例する」とは、私が愛読しているクリエイター・高城剛さんの言葉です。「生活圏内」の外に飛び出すことによって、つまり「圏外」へテリトリーを広げることで、脳が刺激され、視点も変わり、結果これまでと異なるアイデアに恵まれたりするということです。

仕事の3割くらいは連載や書籍の執筆、ブログなどSNSでの発信に割いている私にとっても、「移動」は日常茶飯事です。どこにいても仕事ができる執筆の仕事は、今やスマホやタブレット、PCを旅行カバンに入れて、主にLINEやFacebook、メールで仕事相手とやり取りをしながらこなせるようになりました。「固定化された場所」から解放された現代の私たちは、もっと国内外問わずあちこち動き回り、自分を解放し、感性を研ぎすませ、未来へ思考を深めていくチャンスに恵まれています。

直近一ヶ月を振り返ってみても、かなりの移動距離です。京都、仙台、北海道、台湾、スリランカ……。この原稿を書いている3日後には大阪へ、1週間後は山形へ、10日後は「ピースボート」という世界一周する船に乗り込み、乗客の皆さんへ講演をさせていただくために中東、ヨーロッパへと移動します。自分としては「まだまだ移動が足りない!」という感じで、そのうち高城剛さんを後追いするかのように、賃貸マンションも解約してホテル住まいをしながら各地を旅してもいいんじゃないか……なんて考えたりもしています。

これはちょっと極端かもしれませんが、誰にとっても通勤、通学、出張、旅行など「移動」は日常の一部です。すると、移動と必ずセットになるのは、「移動手段」。主には徒歩、自転車、バイク、自家用車、タクシー、電車、新幹線、船、飛行機というところでしょうか。さらには、「移動中に何をするのか」ということも。「移動」そのものの行為はもちろん、その「移動」をどうやって、そして何をするのかが、刺激やひらめきには重要なポイントになると思います。

私は時々、ちょっと奮発して移動にお金をかけるようにしています。新幹線はグリーン車だったり、電車でアクセスしづらいところはタクシーを利用するという程度なのですが。快適な環境を意識的につくって、普段の移動ではあまりやらないこと——例えばプチ瞑想、現状の振り返りと未来への計画、感情の整理、原稿作成、新しいアイデアや企画を練る——に充てるようにしています。通常の移動は「タイムリミット」、つまり目的地までの時間も決まっていますし、さらにはちょっと奮発したとあれば、程よい緊張感も相まって作業がはかどるのが気に入っています。

せっかくの移動を何となく過ごしては「MOTTAINAI」。今一度、どんな風に過ごすかを考えてみてはいかがでしょう。
[PR]
   by mottainai-lab | 2014-08-29 16:20 | 安藤美冬 | Comments(0)
  
<< 安藤美冬のMOTTAINAIブ... MOTTAINAIをお届け/文... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile