パップンピットの種10 「感動領収書」/ 文・仁科幸子

震災から半年が過ぎようとしている。
 子ども時代を東北で育った私には、どの場所も
大切な思い出に繋がる場所だ。
 今ネット社会に広がる言葉の洪水を眺めながら、一番
怖いのは、恨み、憎しみ、といった、人間の心を
闇の世界に引きずり込んでいってしまう、負から生まれた言葉、
そしてその言葉を吐かせる心じゃないかと思う。
 この心のほうが、放射能よりなにより怖いのではないかと思うほどだ。
 事実を把握することは、本当に大事だ。隠されていることを
暴いて真実を知ることはとても大事だと思う。
 けれど、それ以上に大切なのは、子どもたちの瞳に宿る
光を取り戻すことじゃないか?
 それは、どんな境遇にあっても、心の持ち方次第で
手に入れれるものだと思う。
 その積み重ねが、未来の喜びに繋がるのだ。文句ばかりを
並べていないで、新しい発見やアイデアを駆使し、今の現状を
少しでも良くすることを考えることは出来ないものか!
 鎌田耕輔さんは、現在、郡山に住まれて、東京と福島を行き来
しながら、人々の中に宿る可能性を引きだし、未来に向けての
可能性の実現をアドバイスされている、ビジネスコーディネーターだ。
「創意工夫して、上機嫌に生きよう」と、鎌田さんのブログには
書かれている。「上機嫌に生きよう!だ!」。
 企業の社長さん方をアドバイスされるうちに、人間の心の探求にインドに
しばらく行かれていたこともある。青少年のための「未来塾」
なども開かれてきた。
 その鎌田さんに、初めてお会いした時に渡されたのが、
この「感動領収書」だ。

a0083222_14595195.jpg


 その時に、ご一緒できて話したことの感謝を、手短に書き込んで、
渡されたのだ。
 もし今、一人一人がこの感動領収書を心に持って、どんな
局面でも話し合うのなら、なにかが変わってくると思う。
 人間の心の中には必ず、善の心が存在し、感謝の心は限りない
可能性を産む。そんな感謝の心を見つけないのは、もったいない。
ほんとうにモッタイナイと思う。
[PR]
   by mottainai-lab | 2011-09-08 14:57 | 仁科幸子 | Comments(10)
Commented by ユミ at 2011-09-15 07:50 x
「感動領収書」・・・なんてステキな領収書でしょう!!
常々「感じた気持ち(感動や感心)を素直に相手に伝えたい」と思うのですが、こんな些細な事で手紙を出すほどじゃないし・・・とか、大人なのにいちいちそんなことを伝えるって子供じみてるかな?!・・・なんて考え、結局そのままにしてしまうことがあります。
でも、この「感動領収書」を、誰もが何気なく使いこなして(子供の頃から使う習慣を持って)いたら、きっと皆心が元気でキラキラ生きられるんじゃないかな~なんて思ったりして☆
言葉の持つ良いパワーを、大切にしていきたいですね!
どんな些細な事にしても、その感動を伝えられないままいるのは、自分も、相手にもモッタイナイ事ですもんね。
Commented by きょん at 2011-09-15 17:02 x
感動領収書=感謝 
私も感動領収書をもって、日々上機嫌に過ごそう♪
大人がそうであれば、子供たちもきっとそうなるはずですね。
Commented by きょん at 2011-09-15 17:07 x
感動領収書=感謝
私も感動領収書をもって、日々上機嫌に過ごそう♪
大人がそうであれば、子供たちもきっとそうなるはず☆
Commented by みーぽん at 2011-09-16 10:31 x
これ、すごくいいですね~!!
相手がどんな風に思ってくれているかを知れるチャンスはなかなかないし、その場でもらえるとすごく通じ合える感じがして、ずきゅんと心に響きそうです☆
またお会いして領収書をもらいたい!ってなりますよね(笑)
トリちゃんの絵もかわいいですね(^0^)
Commented by DECO at 2011-09-16 11:37 x
我が家には3人の子供がいます。兄弟ですから似ているところもありますが、基本的には三者三様、やはり違います。

「感動領収書」を言葉にして伝えてくれる子、実際の手紙にしてくれる子、心の中のメモ帳に記す子(そうしていると思いたい…笑)。本当に様々です。

実際の紙に書く書かないにかかわらず、受け取る側のアンテナも受信感度を上げておかなければと思うこのごろです。

感動領収書をもらうと本当に幸せな気分になります。
翻って、私自身は思いを伝えられているのだろうか…
今まで心のなかで書いて溜め込んだままになっている分も含めて、感動領収書をいっぱい発行してみようかな。
Commented by chess at 2011-09-16 19:40 x
形にならないものの価値を感じ、とらえることが誰にでもできたら、どんなにか良いでしょうね。そのことを子どもたちに伝えていくのが、きっと大人の役割のひとつですね。そのために何ができるのか……考えなくていかなくては。
Commented by toki at 2011-09-17 22:34 x
「負から生まれた言葉を吐かせる心の方が、放射能よりなにより怖いのではないか。」というところにとてもドキンとしました。便利で物があふれ、満たされた生活をしてきたつもりが、心は満たされずに、恨みや憎しみでいっぱいになってしまって、悲惨な事件も増えていると思います。                             心が満たされていたら、生かされていることに感謝する心がもてるし、まわりの人にも思いやりの気持ちが持てると思います。 
  「上機嫌に生きよう!」ですね。そして、これからの未来を明るいものに変えていきたいです。
 感謝する心が持てたら、この地球を守る方向に進んで行くと思います。
Commented by ビッグ・ムーン at 2011-09-19 21:12 x
負の言葉の洪水、本当に怖いと思います。
今、世の中は、テレビもネットも、人や社会を批判する言葉で溢れていて、ちょっとしたミスや失言もすぐ、批判、あるいはバッシングの対象となってしまう。
批判する人は、自分を正義の使徒だとでも思っているのだろうか?本当に、批判ばかりしてないで、少しでもよくなる方向に目を向けていってほしい。

感動領収書・・・すてきですね。
相手が与えてくれる優しさ、心地よさ、楽しさ、明るさ、誠実さ
どんな些細なことでも、どんなにちっちゃなことでも
それに目をとめて、感謝の言葉にできるなら
それは、本当にすてきなことだと思います。

レオ・レオニさんも言ってますものね。
「言葉は魔法さ。」って。
言葉をよい魔法に使わないのは、本当にもったいないと思います。
Commented by 南家 at 2011-09-21 17:38 x
大きな悲しみと恐怖を体験した子供たちがそれぞれの困難を乗り越えられる世の中を私たち大人が作っていかなくてはならないですね。
ホント、文句ばかり並べてないで状況を良くする事を考えるべきですよね。
「創意工夫して、上機嫌に生きよう!」だ!です。
Commented by みっちー at 2011-10-02 11:42 x
今、呼吸をして生きていること自体、本当にありがたいことだと思います。

空気

酸素を全身に運んでくれる血液
血液を全身へ行き渡らせる心臓
血管
身体そのもの
空気を育む木々
地球
宇宙
 ・
 ・

たくさんのものやことにこの領収書を渡せそうです。

ご紹介ありがとうございます。
(仁科先生へも心の感動領収書を1枚!(^^))
  
<< マータイさん、ありがとうござい... 夏の思い出/文:ルー大柴 >>

CALENDAR

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile