海のゴミ/文&絵:真珠まりこ

a0083222_13373190.jpg


海辺のゴミ拾いに参加した。

砂浜の上には、あき缶やペットボトル、お菓子の袋やレジャーシートなど、さまざまなものが落ちていた。
海に遊びにきた人たちに置き去りにされたものもあれば、遠くから流れてきて浜辺に打ち上げられたものもある。

波にもまれているうちに流木や海草や泥が入りこんだり、ごみ同士がからまりあってしまったものは、分別するのが難しいし、くぎや針などの危ないものもたくさんある。
粉々になったプラスチックなんかは拾いにくいうえに、自然に返らないから厄介じゃ。
ちゃんと分けて捨てさえすれば再利用できるものが、ただゴミとして迷惑がられてしまうなんてもったいない。

波打ち際には、たばこのフィルターがたくさん集まっていた。
海で一服した人のだけでなく、街でポイ捨てされたたばこも、排水溝から川を通って運ばれてくるそうじゃ。
捨てた人は、それがどうなるかなんて考えもしないのだろうけど、その行き先は海。
海がゴミのふきだまりになるなんて、あまりにももったいない。
自分のゴミはちゃんと自分で片付けよう。
海でも街でも、どこでもね。

おそうじボランティアの人に、「皆さん大変ですね」と言うと、
「いやあ、この後のビールは最高ですよ。それに、そうじしながらこういうの集めてるんで」と、
ちょっと恥ずかそうに、小さな貝殻を見せてくれた。
きれいでかわいかったよ。

a0083222_1332778.jpg

[PR]
   by mottainai-lab | 2010-08-03 13:38 | 真珠まりこ | Comments(0)
  
<< パップンピットの種(7) 真夏... 【マイボトル★ドリンクレシピ】... >>

CALENDAR

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ABOUT MOTTAINAI Lab

ちょっとしたモッタイナイをみんなで集めて考える、ありそうでなかった研究所。

ABOUT 研究員Blog.

ものの価値をとことん生かす方法を考えるためのキーワード、MOTTAINAI。さまざまなジャンルのエキスパートの日常に、MOTTAINAI目線を持ち込んでいただきました。「もったいない」からビックなアイディアが生まれる日がくるかも!?


ラボスタッフブログ

MOTTAINAI Home

MOTTAINAI Shop

安藤美冬 安藤美冬
Profile
黒田昌郎 黒田昌郎
Profile
島本美由紀 島本美由紀
Profile
真珠まりこ 真珠まりこ
Profile
セキユリヲ セキユリヲ
Profile
滝田明日香 滝田明日香
Profile
Char Char
Profile
永田哲也 永田哲也
Profile
長野麻子 長野麻子
Profile
仁科幸子 仁科幸子
Profile
ハセベ ケン ハセベ ケン
Profile
守時タツミ 守時タツミ
Profile
山田悦子 山田悦子
Profile
寄藤文平 寄藤文平
Profile
ルー大柴 ルー大柴
Profile